(C)1996- 2020   Copyright  データベースアメニティ研究所
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

Architectures of Positive Electrodes for Rapid Charging/Discharging Performance of Lithium Ion Secondary Batteries



リチウムイオン次電池の高速充電放電性能に向けた正極構造

リチウムイオン次電池の高速充放電のための正極構造電極複合体中におけ

Architectures of Positive Electrodes for Rapid Charging/Discharging Performance of Lithium Ion Secondary Batteries

From these results, we derived the simple equation that determines the maximum amount of active material in the electrode composite as follows.
(1)
where m [g/cm2] is the amount of active material, η [V] the allowable potential difference between the thermodynamic equilibrium potential of charging/discharging reaction and the decomposition of the electrolyte solution, σ [Ωcm2] the total internal resistance of the composite electrode, C [h-1] the C-rate, and Q [Ah/g] the theoretical capacity of active material. The meaning of this equation is that the maximum overvoltage is limited by the decomposition of the electrolyte solution and the iR drop of the composite electrode should not exceed this maximum overvoltage. This equation can be applied for not only the batteries but also the super capacitors.

関連

論文たちばな電池の高速充放電に関する論文1)

2)

関連講義卒業研究-電気化学2004,打ち込み電極3)

○立花和宏,…らは2003年に大阪府堺市で開催された第44回電池討論会において高速充放電のためのリチウムイオン次電池の正極アーキテクチャについて報告している4)



【論文】たちばな;電池の高速充放電に関する論文
立花和宏, 研究ノート, (2003).

実験方法 > 電極 > 打ち込み電極,電極
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

高速充放電のためのリチウムイオン二次電池の正極アーキテクチャ
○立花和宏,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明,第44回電池討論会講演要旨集, pp.400-401 (2003).

(1【論文】たちばな;電池の高速充放電に関する論文
立花和宏, 研究ノート, (2003).
(2特許特願2002-123153 非水電解質リチウム二次電池及びその製造方法
立花和宏、尾形健明、仁科辰夫、遠藤孝志, 特許特願2002-123153, (2002).
(3実験方法 > 電極 > 打ち込み電極,電極
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(4高速充放電のためのリチウムイオン二次電池の正極アーキテクチャ
○立花和宏,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明,第44回電池討論会講演要旨集, pp.400-401 (2003).