鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
波長…
「波長」の検索結果です。
 

学術情報光コアネットワークにおける波長群スイッチングとリンク通過パス数均一化の効果

学術情報光コアネットワークを構築する上で,波長群パススイッチングでは入力ポート数を低減できるが,リンク通過パス数均一化はその効果を劣化させることがないことを明らかにした.


高野勝美, 軽部良, 齋藤慶太, 武田利浩, 伊藤 智博 ,学術情報処理研究,16,131-137(2012).

波長群グループ化方法の光クロスコネクト規模への影響

波長群のグループ化方法として,具体的に3つの方法を取り上げ,それぞれのOXC規模削減の効果を調査し,それぞれのグループ化方法でOXC規模低減に有効な条件を示した.


軽部良,高野勝美,伊藤智博,中川清司 ,電子情報通信学会技術研究報告, 111, 65-70(2011).

波長ルーティング・フォトニックネットワークのための周波数シフタを用いたホップ数計数法


新井菜穂子,中川清司,高野勝美,平中幸雄 ,情報処理学会論文誌,Vol. 44, No. 3, pp. 527-534(2003).

波長ルーティング・フォトニックネットワークのための周波数シフタを用いたホップ数計数法


新井菜穂子,中川清司,高野勝美,平中幸雄 ,情報処理学会論文誌(2003).

非線形光学効果を用いた広帯域波長可変コヒーレントTHz波発生, 電子情報通信学会論文誌, vol.J81-C-I, no.2, pp.66-73


川瀬晃道,四方潤一,佐藤学,谷内哲夫,伊藤弘昌 , (1998).

疑似位相整合を用いた波長変換デバイス, 応用物理, vol.62, no.9, pp.1046-1050


谷内哲夫,佐藤学,伊藤弘昌 , (1998).

光信号処理型ヒルベルト変換器を適用した光SSB変調波長多重系のアイ開口解析


田中 喜久治、高野勝美、近藤 和弘、中川 清司 ,電子情報通信学会論文誌J-85-B(2002).

電気段低域減衰等化器を適用した有限次数ヒルベルト変換型光SSB変調波長多重系のアイ開口解析


田中 喜久治、高野勝美、近藤 和弘、中川 清司 ,電子情報通信学会論文誌 J-85-B(2002).

スペクトル線幅の広がりを投影とする高散乱媒質の波長依存光CT


渡部裕輝, 湯浅哲也, B. Devaraj, 赤塚孝雄, 稲場文男 ,電子情報通信学会論文誌, J83-D-II(2000).

電気段低域減衰等化器を適用した有限次数ヒルベルト変換型光SSB変調波長多重系のアイ開口解析


田中喜久治,高野勝美,近藤和弘,中川清司 ,電子情報通信学会論文誌(2002).

光信号処理型ヒルベルト変換器を適用した光SSB変調波長多重系のアイ開口解析


田中喜久治,高野勝美,近藤和弘,中川清司 ,電子情報通信学会論文誌(2002).

光信号処理型ヒルベルト変換器を適用した光SSB変調波長多重系のアイ開口解析


田中喜久治,高野勝美,近藤和弘,中川清司 ,電子情報通信学会論文誌Vol. J85-B, No. 8, pp. 1371-1381 (2002).

電気段低域減衰等化器を適用した有限次数ヒルベルト変換型光SSB変調波長多重系のアイ開口解析


田中喜久治,高野勝美,近藤和弘,中川清司 ,電子情報通信学会論文誌Vol. J85-B, No. 2, pp. 159-168 (2002).

スペクトル線幅の広がりを投影とする高散乱媒質の波長依存光CT


渡部裕輝,湯浅哲也,B Devaraj,赤塚孝雄,稲場文男 ,電子情報通信学会論文誌D-II,Vol.J83-D-II,No.1, pp.74-82 (2000).
業績…