鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
1862/01/01
小白川キャンパス(2)消費電力 P = 373.5 kW 1862年01月01日(水)-M-5 米沢キャンパス(1)消費電力 P = 743.64 kW

(asp)
●外部リンク
● >歴史データベース
スケジュール
時間
物理
地学
講義ノート
シラバス
…過去から
1854-M-13
1855-M-12
1856-M-11
1857-M-10
1858-M-9
1859-M-8
1860-M-7
1861-M-6

12月1862年1月2月
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
2345678
  (0 ,4.90699140006291 rad)

(asp)
●外部リンク
● >歴史データベース
スケジュール
時間
物理
地学
講義ノート
シラバス
1863-M-4
1864-M-3
1865-M-2
1866-M-1
1867-M0
1868-M1
1869-M2
1870-M3
未来へ…
項目
ID⇒#11@星座;
要約山羊⇒#11@星座;
題名【星座】山羊⇒#11@星座;
項目
ID⇒#1@恒星;
要約【恒星】アナルケナル⇒#1@恒星;
メソッド一覧戻る進む·鷹山·アメニティ研
恒星
恒星…

予定表
演習開始
電気化学会
わくわくサイエンス
化学系親睦会
学生実験室掃除
工場見学引率
工場見学引率
科研費講演会
スケジュール…
講義ノート
電気化学の庵

ブラッグ(ウィリアム・ブラッグ)

電気化学の庵

ネルンスト(ヴァルター・ネルンスト)

電気化学の庵

明治時代

電気化学の庵

クーロンの法則

電気化学の庵

野口英世(のぐちひでよ)

電気化学の庵

ラウエ(M. von Laue)

電気化学の庵

アインシュタイン

電気化学の庵

世紀末~第1次大戦(1883~1918)ごろの音楽

講義ノート…

研究ノート
◆1981(昭和56年)年度ノート
◆1982(昭和57年)年度ノート
◆1983年(昭和58)年度ノート
●光の反射と屈折を調べてみよう
◆1984(昭和59年)年度ノート
◆1985年(昭和60)研究ノート
◆1986年(昭和61)研究ノート
【学歴】山形大学大学院工学研究科 修士課程 応用化学専攻修了
研究ノート…
学会発表

セミカンファレンス(若手の会)

立花和宏 ,第25回セミカンファレンス(若手の会) (1992).

有機電解液中でのアルミニウムの電気化学的挙動

民間会社から、大学に戻ってきてアルミニウムの研究をはじめた頃の学会発表。ほんとに研究?ってかんじで発表しました。でも結局、このテーマを発展させて学位をとりました。 【学歴】博士(工学) (東北大学 工第2060号)⇒#1006@ノート; 【関連講義】卒業研究(C1-電気化学2004~),【1992年度(平成4)卒業研究】⇒#993@講義;

○立花和宏,菅原陸郎,松木健三 ,表面技術協会 第86回講演大会 (1992).

セミカンファレンス(若手の会)

立花和宏 ,第26回セミカンファレンス(若手の会) (1993).

アルミニウム陽極酸化時の高電位領域における電気化学的挙動

【関連講義】卒業研究(C1-電気化学2004~),アルミニウム|酸化皮膜|水溶液界面⇒#2641@講義;

立花和宏,○手塚剛典,松木健三 ,平成5年度化学系7学協連合東北地方大会 (1993).

アルミニウム交流エッチングに及ぼす局部電位勾配の影響

アルミニウム交流エッチングに及ぼす局部電位勾配の影響

立花和宏,○越沼実,松木健三 ,平成5年度化学系7学協連合東北地方大会 (1993).

単一正弦波相関法によるリチウム二次電池の充放電時のインピーダンス挙動

単一正弦波相関法によるリチウム二次電池の充放電時のインピーダンス挙動 岩手県 立花和宏,○山口晃,菅原陸郎,松木健三 平成5年度化学系7学協連合東北地方大会 ⇒4046@講義;

立花 和宏山口 晃菅原 陸郎松木 健三 ,平成5年度化学系7学協連合東北地方大会 (1993).

単一正弦波相関法によるリチウム二次電池の性能評価

単一正弦波相関法によるリチウム二次電池の性能評価 1993/11/01 広島県⇒#981@講義; 定電流モードのFRA。充放電試験を行いながら電流規制でインピーダンスを測定し、サイクルを経て劣化が激しくなるほどインピーダンスが大きくなることを見出した⇒#30@卒論;。 ◆1993(平成5)年度ノート⇒#422@ノート; 【関連講義】卒業研究(C1-電気化学2004~),【1993年度(平成5)卒業研究】⇒#980@講義; 【学会】第34回電池討論会⇒#835@ノート; 交流インピーダンス法⇒#1589@講義; Shishi…らは、2008年にヒルトン・ハワイアンヴィレッジ(米国ハワイ州ホノルル市) で開催された214th Meeting of ECS においてStudy on longevity assessment of LiI batteries for cardiac pacemakers using the impedance measurement techniqueについて報告している⇒#228@学会;。 http://ww

立花 和宏,  ○山口晃, 松木 健三 ,第34回電池討論会 (1993).

単一正弦波相関法による二次電池の充放電時におけるインピーダンス挙動

立花和宏 ,電気化学協会第61回大会 (1994).

学会…
2017/09/22 15:14:25