鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【元素】 塩素


シボレス認証によって、このページの感想やコメント、質問などを記入できます。学術認証フェデレーション(学認)参加機関から利用できます。
→ シボレスログイン
→ RSS
シボレス-トップメニュー
学認参加機関/一覧
ページレビュー説明書
山形大学 学術認証-fed
ID17
要約塩素⇒#17@元素;
元素名塩素
よみエンソ
英語名Chlorine
英語発音クろーリーン
表示記号Cl
原子量 = 35.453 g/mol
単体【化学種】 塩素
イオンCl1-Cl5+Cl7+Cl7+
同位体35Cl, 37Cl
鷹山OID1.3.6.1.4.1.22689.2.1.25.17
化学種記号
次亜塩素酸カルシウムCa(ClO)2
塩化カリウムKCl
塩化鉄(Ⅲ)FeCl3
塩化アルミニウムAlCl3
塩化物イオンCl-
塩化ナトリウムNaCl
塩化アンモニウムNH4Cl
亜塩素酸イオンClO2-
塩素酸イオンClO3-
塩化銀AgCl
1,2-ジクロロプロパンClCH2CHCH3Cl
ジクロロメタンCH2Cl2
塩化水銀Hg2Cl2
塩化水銀HgCl2
塩化セシウムCsCl
過塩素酸ナトリウムNaClO4
過塩素酸HClO4
塩化鉄6水和物FeCl3・6H2O
塩酸HCl
メチレンブルーC16H18N3SCl
ローズベンガルC20H2Cl4I4Na2O5
塩化カルシウムCaCl2
ジ亜塩素酸ナトリウムClNaO
ビス(クロロメチル)エーテル(ClCH2)2O
L‐システイン塩酸塩(1水和物)C3H10O3SNCl
塩化第二鉄FeCl3
1,2-ジクロロエタン(CH2Cl)2
塩化ビニルCH2CHCl
ポリ塩化ビニル[-CH2-CHCl- ]n
トリクロロメタンCHCl3
トリクロロエチレンCCl2CHCl
塩化アルミニムナトリウムNaAlCl4
1,1,2-トリクロロエタンCHCl2CH2Cl
1,1-ジクロロ-1-フルオロエタンCH3CCl2F
1M LiClO4/PC+DME(1:1vol%)
1,1-ジクロロエチレンCH2CCl2
塩化チオニルSOCl2
過塩素酸リチウムLiClO4
六塩化白金酸イオン[PtCl6]2-
パラコートジクロリドC12H14Cl2N2
塩素原子Cl
塩化銅(Ⅰ)CuCl
塩化タリウム(Ⅰ)TlCl(s)
塩化水素HCl
次亜塩素酸ナトリウムNaClO
塩化ニオブNbCl3
4-クロロベンジルC14H9ClO2
塩化ビスマスBiCl3
クロロメタンCH3Cl
テトラクロロメタンCCl4
亜塩素酸HClO2
テトラクロロコバルト(Ⅱ)酸イオン[CoCl4]2-
1,1,1-トリクロロエタンCCl3CH3
クロロベンゼンC6H11Cl
塩化白金酸カリウムCl4K2Pt
ホスゲンCOCl2
エクロメゾールC2N2SCCl4OCH2CH3
エピクロロヒドリンC2H3OCH2Cl
クロロアセチル=クロリドClCH2COCl
オルト-クロロアニリンC6H4ClNH2
パラ-クロロアニリンC6H4ClNH2
メタ-クロロアニリンC6H4ClNH2
クロロエタンCH3CH2Cl
アトラジンC3N3Cl(NHCH(CH3)2)2
メトラクロールC6H3CH3CH2CH3NCOCH2ClCH(CH3)CH2OCH3
2,2-ジクロロ-1,1,1-テトラフルオロエタンCHCl2CF3
フルスルファミドC6H3CF3ClSO2NHC6H3ClNO2
ベンゾフェナップC22H20Cl2N2O3
1,2-ジクロロ-3-ニトロベンゼンC6H3Cl2NO2
1,4-ジクロロ-2-ニトロベンゼンC6H3Cl2NO2
ジウロンC6H3Cl2NHCON(CH3)2
リニュロンC6H3Cl2NHCON(CH3)OCH3
2,4-ジクロロフェノキシ酢酸C6H3OCH2COOH
1,3-ジクロロ-2-プロパノールC(CH2Cl)2OH
プロパニルC6H3Cl2NHCOCH2CH3
1,3-ジクロロプロペンClCHCHCH2Cl
3,3-ジクロロベンジジン(C6H3ClNH2)2
オルト-ジクロロベンゼンC6H4Cl2
パラ-ジクロロベンゼンC6H4Cl2
ピラゾキシフェンC20H16Cl2N2O3
ジクロベニルC6H3Cl2CCN
ジクロロペンタフルオロプロパンC3HF5Cl2
ピラクロホスC6H4ClC3H2N2OP=CH2(OCH2CH3)SCH2CH2CH3
クロルピリホスC5HCl3OP=S(OCH2CH3)2
ジクロフェンチオンC6H3Cl2OP=S(OCH2CH3)2
プレチラクロールC6H3(CH2CH3)2NCH2CH2OCH2CH3COCH2Cl
アラクロールC6H3NCH2CH2OCH3COCH2Cl
1-クロロ-1,1-ジフルオロエタンCH3CClF2
クロロジフルオロメタンCHClF2
2-クロロ-1,1,1,2-テトラフルオロエタンCF3CHClF
クロロトリフルオロエタンC2H3ClF3
クロロトリフルオロメタンCClF3
オルト-クロロトルエンC6H4CH3Cl
シマジンC3N3(NHCH2CH3)2Cl
3-クロロプロペン
イミベンコナゾールC17H13Cl3N4S
クロルベンゼンC6H5Cl
クロロペンタフルオロエタンCF3CF2Cl
(4-クロロ-2-メチルフェノキシ)酢酸C6H3CH3ClOCH2COOH
テニルクロールC6H3CH3CH3NCH2C4H2SOCH3COCH2Cl
ホサロンC12H15ClNO4PS2
プロチオホスCH3CH2CH2SP=S(OCH2CH3)OC6H3Cl2
トリクロルホン(CH3O)2P=OCHOHCCl3
クロルピリホスメチルC5HNCl3OP=S(OCH3)2
プロフェノホスC6H3ClBrOP=O(OCH2CH3)SCH2CH2CH3
テトラクロロエチレンCClCCl
テトラクロロジフルオロエタンC2F2Cl4
トリクロロアセトアルデヒドCH3CHO
トリクロロニトロメタンCNO2Cl3
ケルセンC(C6H4Cl)2CCl3OH
トリクロピルC5HNCl3OCH2COOH
パラ-ニトロクロロベンゼンC6H4NO2Cl
クロフェンチジンC2N4(C6H4Cl)2
ペルメトリンCCl2CHC3H2(CH3)2COOCH2C6H4OC6H5
六塩化タングステンWCl6
o-トルエンスルホニルクロライドC7H7ClO2S
ピリダベンC(CH3)3C4HN2=OClSCH2C6H4C(CH3)3
ブロモクロロジフルオロメタンCBrClF2
クロレンド酸C9H4Cl6O4
エンドスルフェンC9H6Cl6O3S
ベンジリジン=トリクロリドC6H5CCl3
ベンジリデン=ジクロリドC6H5CHCl2
ペンタクロロフェノールC6Cl5OH
ハロスルフロンメチル(CH3O)2C4HN2NHCONHSO2C3N2CH3ClCOOCH3
クロルフェンビンホスC6H3Cl2C(OPO(OCH2CH3)2)CHCl
ジメチルビンホスC6H3Cl2C(OPO(OCH3)2)CHCl
ナレドCBrCl2CHBrOPO(OCH3)2
ジクロルボスCClCHOPO(OCH3)2
リン酸トリス(2-クロロエチル)PO(OCH2CH2Cl)3
ポリ塩化ビフェニルC12HnCl(10-n)
塩化メタリルC4H7Cl
1,1'-ジメチル-4,4'-ビピリジニウム塩C12H14Cl2N2
ジフェニレンヨードニウムクロリドC12H18ClI
塩化ルテニウム(Ⅲ)RuCl3
ベンゾトリクロリドC6H5CCl3
トリエタノールアミン塩酸塩C6H15NO3.HCl
トリクロル酢酸C2HCl3O2
クロル酢酸メチルC3H5ClO2
ジクロロフルオロメタンCHCl2F
過塩素酸イオンClO4-
塩化ニッケルNiCl2
過塩素酸アンモニウムNH4ClO4
N-(6-アミノヘキシル)-5-クロロ-1-ナフタレンスルホンアミド塩酸塩C16H21ClO2N2S・HCl
ペンタクロロニトロベンゼンC6Cl5NO2
2,4,6-トリクロロ-1,3,5-トリアジンC3N3Cl3
フルオロトリクロロメタンCFCl3
塩化ルテニウムRuCl3
塩化第一鉄FeCl2
ピラゾレートC19H16Cl2N2O4S
p-クロロフェノールC6H5ClO
フルバリネートC26H22ClF3N2O3
フェンバレレートC25H22ClNO3
シペルメトリンC22H19Cl2NO3
フルアジナムC5H2NCF3ClNHC6HCF3Cl(NO2)2
クロロ酢酸ClCH2COOH
塩素酸カリウムKClO3
チオベンカルブC6H4ClCH2SCON(CH2CH3)2
四塩化炭素CCl4
シス-1,2-ジクロロエチレンCHClCHCl
トランス-1,2-ジクロロエチレンCHClCHCl
3,3’-ジクロロ-4,4’-ジアミノジフェニルメタン(MOCA)CH2(C6H3NH2Cl)2
プロピザミドC6H3Cl2CONHC(CH3)2CCH
ジクロロテトラフルオロエタンClF2CCClF2
1-クロロ-2,4-ジニトロベンゼンC6H3(NO2)2Cl
フィプロニルC6H2Cl2CF3C3N2NH2C≡NSOCF3
キザルホップエチルC8H4N2ClOC6H4OCH(CH3)COOCH2CH3
フェノチオールCH3CH2SCOCH2OCH3CH3Cl
[I2Cl](-)[I2Cl](-)
[ICl2](-)[ICl2](-)
ICl(aq)ICl(aq)
三塩化ヨウ素ICl3(s)
ヘキサクロロイリジウム(Ⅲ)酸イオンIrCl6
ヘキサクロロイリジウム(Ⅳ)酸イオンIrCl6
塩化コバルトCoCl2
[OsCl6](3-)[OsCl6](3-)
[OsCl6](2-)[OsCl6](2-)
塩化鉛(Ⅱ)PbCl2
四塩化白金酸イオン[PtCl4]2-
ベンジル=クロリドC6H5CH2Cl
塩素Cl2
[AuCl4](-)[AuCl4](-)
[AuCl2](-)[AuCl2](-)
次亜塩素酸イオンClO-
二酸化塩素ClO2
Cl2(aq)Cl2(aq)
Cl3(-)Cl3(-)
次亜塩素酸HClO(aq)
塩化亜鉛ZnCl2
四塩化チタンTiCl4
三塩化チタンTiCl3
四塩化白金酸H2PtCl4
六塩化白金酸H2PtCl6
塩化コバルト(水和物)CoCl2H12O6
1,1,1-トリクロロトリフルオロエタンC2F3Cl3
2,3,7,8-テトラクロロジベンゾパラジオキシンC12H4Cl4O2
塩化ニトロシルNOCl
塩化ニオブNbCl5
フロン11CCl3F
フロン12CCl2F2
塩化ニオブNbCl4
過塩素酸カリウムKClO4
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧
説明引用
 
食塩アニオンして知られる代表的なハロゲンです単体黄緑色の気体毒性強く呼吸困難起こしますドラフト内で取り扱いましょう水道殺菌使われます塩化物イオン塩酸などに含まれる金属腐食する作用が強いです食品包装ラップフィルム使われる塩化ビニルなど塩素含む樹脂焼却するとダイオキシン発生する可能性があります塩化ナトリウム水溶液電気分解するイオン交換膜法で製造されます塩素水酸化ナトリウム水溶液通じると漂白剤して知られる次亜塩素酸ナトリウム1)生じます

ナレッジ
17
Cl
塩素