鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
×
【経過】 楡木の測定法
経験(詳細)
● 山形大学-学術認証フェデレーション
● 国立情報学研究所-学術認証フェデレーション
平成20年度シングルサインオン実証実験報告書
シボレス-トップメニュー

項目
ID⇒#4@経過;
要約楡木の測定法⇒#4@経過;
経験者楡木 崇仁
講義ノート交流インピーダンス法(測定をメインに)
数値

(ID=12)

,セル:P3HT-DME溶解2293,楡木の測定法,時間,0 s

活物質分散2293

,活物質分散2293,楡木の測定法,時間,0 s
説明
EHCのガラスセルに固体サンプル分散させた液晶材料入れて交流インピーダンスCV行う方法です

液晶材料サンプル1)

楡木 崇仁は2010年にそれまでの研究液晶場でのリーク電流解析リチウム電池材料評価への応用というテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した2)