材料@山形大学アメニティ研 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/Specimen.asp 2019-04-19 材料@山形大学アメニティ研 水酸化ナトリウム(苛性ソーダ) https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=541 2019-04-03 濃度計算は、復習しましょう⇒#551@レビュー;。 ⇒4404@講義; イオン交換膜法 ⇒3783@材料;+⇒224@物理量;→⇒#150@材料;+⇒#541@材料;+⇒#26@材料; 【関連書籍】酸・塩基⇒#1294@レビュー; ⇒#4484@講義; ⇒#4315@講義; ⇒#1026@講義; ⇒#4049@講義; ⇒#336@製品;を作るときに使います。 建材 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3835 2019-04-02 建築材料。 ⇒#3773@材料; 木材 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3773 2019-04-02 灰汁の製法 ⇒#3773@材料;+⇒#2607@材料;=⇒#123@材料;+⇒#3784@材料;+⇒#29@材料;+⇒#222@物理量; ⇒#3773@材料;+⇒#541@材料;+⇒#222@物理量;→⇒3786@材料;⇒230@製品;→⇒3787@材料;→⇒#3649@材料; 【講義ノート】ホームセンター⇒#1166@講義ノート; ⇒#1548@レビュー; ⇒#3835@材料; https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3578 2019-04-02 ⇒#3580@材料; ⇒#3773@材料;⇒#3815@材料; 【材料】 料⇒#3579@材料;材⇒#3578@材料;剤⇒#3574@材料; https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3579 2019-04-02 ⇒#3834@材料;⇒#3504@材料; 【材料】 料⇒#3579@材料;材⇒#3578@材料;剤⇒#3574@材料; 顔料 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3834 2019-04-02 固体の色材。 ⇒#3579@材料; 酸化亜鉛・亜鉛華・亜鉛白 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=604 2019-04-02 植物繊維 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3763 2019-03-29 亜麻、綿(コットン)など。セルロース系。 ⇒#3773@材料;→⇒3786@材料;→⇒#3649@材料; ⇒4234@講義; https://www.boken.or.jp/knowledge/fiber/linen_ramie_hemp/ 衣料品に主に使われている麻の繊維と言えば、亜麻(リネン)、苧麻(ラミー)、大麻(ヘンプ)の三つです。麻は植物の茎のじん皮部から採取される植物繊維で、主成分はセルロースです。麻は吸湿性が高く、肌に触れたときに涼しく感じるので、春夏物衣料に多く使用されています。 http://basaranihonshi.la.coocan.jp/basara6karamushi.html 高校の日本史教科書には、室町時代の農業の発達のあたりで、手工業の原料として桑・楮・漆・藍・茶などとともに、この「からむし」の栽培が盛んになった、などと書いてあります。16世紀以降国内で木綿栽培が盛んになり、広く木綿が着られるようになる以前は、「布」と言えば麻(大麻・からむしなどをはじめとする麻の仲間の総称)のことを指し、庶民には一般的な衣服の材料でした。律令 麻(リネン) https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3807 2019-03-29 ⇒#4627@講義; 陶石 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3833 2019-03-29 ⇒#75@図; 粘土 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3803 2019-03-29 ⇒#75@図; ⇒#3146@材料; ⇒#4531@講義; アルミノケイ酸塩の層状化合物です。 ⇒#311@製品; ⇒#312@製品; ガラス https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=2602 2019-03-08 コンクリートなどとともに建物をつくるのに大切な材料。石英ガラス、ソーダガラスなどの種類があります。実験室でつかわれる⇒#35@製品;のガラスには石英ガラス、軟質ガラス、硬質ガラス、寒暖計ガラス、パイレックスガラスなどがあります。プラスチックや金属と同様に形状を自由に変えられます。 透明電極の基板として使われLCDなどのディスプレイに使われます。 ⇒#3782@材料;+⇒#591@材料;+石灰石(⇒3198@材料;)+⇒#222@物理量;=⇒#2602@材料; http://www.agc.com/kingdom/manu_process/history/ ⇒#616@講義; ⇒#89@物理量;=⇒#102@物理量;×√(⇒#66@物理量;×⇒#85@物理量;) ⇒#247@製品;は⇒2602@材料;で容器を作り⇒471@材料;でフィラメントを作ります。⇒526@材料;を封入して密閉します。 ⇒#290@製品;・⇒#35@製品; 【性状】 光物性⇒#13@性状;⇒#40@性状;は良好です。 【物理量】 屈折率⇒#89@物理量; 【書 セラミックス https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3143 2019-03-08 セラミックス シリカ⇒#381@化学;、アルミナ⇒#494@化学種;、チタニア⇒#546@化学種;、ジルコニア⇒#460@化学種;、フェライト⇒#637@化学種; 関連講義】無機工業化学,窯業・珪酸塩化学工業@無機工業化学⇒#2803@講義ノート; ⇒3425@材料; ⇒4117@講義; ⇒#75@図; ⇒#41@表; ⇒#2602@材料; フェロシアン化カリウム https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=616 2019-03-07 ⇒#4405@講義; DRD156 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3589 2019-03-04 エンドペルオキシド+DRD156+PBSのESRチャート⇒#18@プロット;を示す。ここで、横軸は磁束密度⇒#40@物理量;であり、縦軸は吸収率⇒#238@物理量;である。⇒#298@グラフ;⇒#511@卒論; 【関連グラフ】 DRD156ラジカルの経過時間とESR信号強度の関係⇒#1124@グラフ; DRD156+エンドペルオキシドのESRスペクトルのESRチャート⇒#18@プロット;⇒#54@グラフ;⇒#298@グラフ; エンドペルオキシド+DRD156+Trolox⇒#299@グラフ; 分子軌道計算によるDRD156のUV Vis ⇒#1059@グラフ; 【関連テーマ】 一重項酸素(仮)⇒#515@卒論;⇒#516@卒論; 【学会】 人工知能を使ったESRスペクトルの識別技術⇒#414@学会; 【関連ノート】 DRD156の分子軌道計算⇒#1907@ノート; 【関連表】 一重項酸素発生系(DRD156とEosinYの関係)⇒#12@表; 【文献】 Kashi Igarasらは1999年にNew sensitive agents