卒論@山形大学アメニティ研 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Thesis/ThesisIndex.aspx 2019-04-22 卒論@山形大学アメニティ研 耐電圧 https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=642 2019-04-19 <p>HN,&nbsp;山形大学&nbsp;卒業論文(仁科・立花・伊藤研究室),&nbsp;(2020).</p> 導電性高分子コンデンサ(仮) https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=633 2019-04-19 <p>大沼 宏臣,&nbsp;山形大学&nbsp;卒業論文(仁科・立花・伊藤研究室),&nbsp;(2020).</p> テーマ名 https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=639 2019-04-13 <p>HN,&nbsp;山形大学&nbsp;卒業論文(仁科・立花・伊藤研究室),&nbsp;(2020).</p> 粘土、電解液、 https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=641 2019-04-13 <p>たなべ,&nbsp;山形大学&nbsp;卒業論文(仁科・立花・伊藤研究室),&nbsp;(2020).</p> 低温電解液? https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=636 2019-04-13 ⇒#71@プロジェクト; ⇒#38@図; ⇒#33@図;<p>HN,&nbsp;山形大学&nbsp;卒業論文(仁科・立花・伊藤研究室),&nbsp;(2020).</p> ディスポカップセル? https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=635 2019-04-13 ディスポカップセル?<p>くすだ,&nbsp;山形大学&nbsp;卒業論文(仁科・立花・伊藤研究室),&nbsp;(2020).</p> PEDOTの漏れ?配向? https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=640 2019-04-13 ⇒#67@プロジェクト; 4年計画で。<p>HN,&nbsp;山形大学&nbsp;卒業論文(仁科・立花・伊藤研究室),&nbsp;(2020).</p> テーマ名 https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=634 2019-04-12 <p>HN,&nbsp;山形大学&nbsp;卒業論文(仁科・立花・伊藤研究室),&nbsp;(2020).</p> 本間の卒研輪講成果 https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=638 2019-04-12 <p>HN,&nbsp;山形大学&nbsp;卒業論文(仁科・立花・伊藤研究室),&nbsp;(2020).</p> セロハンテープを使った迅速簡便活物質評価用電極の開発 https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=630 2019-03-25 「握手してください」と微笑み、そして深々とお辞儀をして、卒業してゆきました。ありがとう。<p>村形 祥太郎,&nbsp;山形大学&nbsp;卒業論文(仁科・立花・伊藤研),&nbsp;(2019).</p> 導電性高分子固体電解コンデンサ https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=607 2019-02-18 導電性高分子固体電解コンデンサ 電解コンデンサの絶縁性とは? ⇒1974@講義; ⇒4015@講義; ⇒#73@図; https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/54299/c1/Extra_Syllabus/2017_H29/20170306.asp ⇒#92@物理量; ⇒#380@学会; ⇒#4643@講義; ⇒#255@卒論; <p>関口 理希,&nbsp;山形大学&nbsp;修士論文(仁科・立花・伊藤研),&nbsp;(2018).</p> ニオブアノード酸化皮膜の漏れ電流に及ぼす導電性高分子の接触効果 https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=255 2019-02-18 ニオブアノード酸化皮膜の漏れ電流に及ぼす導電性高分子の接触効果 電解コンデンサのカソード材料として、二酸化マンガン、ポリアニリン、ポリピロール、ポリチオフェンを塗布して評価しました。 現在は、R組み込みのコンデンサについて検討中#12。 ニオブでは花弁状の形状欠陥がある(文献:長原ら⇒#93@ノート;) 水分が多いに影響する(発表:田中ら) ニオブアノード酸化皮膜の表面に生じる花弁状の形状欠陥は、温度が高いときに多発することを確認。 親水性ポリマーを使ってもれ電流を低減? アルミニウム|酸化皮膜|導電性高…は、あかみねは、2005年に、それまでの研究をニオブアノード酸化皮膜の漏れ電流に及ぼす導電性高分子の接触効果というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#255@卒論;。 川久保…ことが知られている⇒#2884@講義;。 立花和宏,○…らは、2005年に石川県地場産業振興センターで開催された表面技術協会第112回講演大会において定電位アノード酸化の温度条件とバルブメタルアノード酸化皮膜の構造変化について報告している⇒#188@学会;。 赤<p>あかみね,&nbsp;山形大学&nbsp;卒業論文(仁科・立花研),&nbsp;(2005).</p> アルミニウム電解コンデンサの耐圧向上剤がアルミニウム純度に及ぼす影響 https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=622 2019-02-15 ⇒#33@図; ⇒#38@図; ⇒#75@プロジェクト; <p>小森 至,&nbsp;山形大学&nbsp;卒業論文(仁科・立花・伊藤研),&nbsp;(2019).</p> 洗濯ばさみ画鋲セルを用いたエネルギーデバイス材料の評価 https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=624 2019-02-15 当研究室の固固接触実現の歴史は4年前に遡る。4年前は正極と負極が接触する短絡を防止するためにパンチラベルを使用したセルが作成された。だが問題点があった。誰でも作れるわけではなかった。工業とは誰でも同じようにできることが大前提であるため、自然と廃れていった。そして誰でも作れるセルを目指して2年前に洗濯ばさみと画鋲を使用したセルが作られた。洗濯ばさみは圧力がほどよいため奇跡的に短絡を回避することができた。パンチラベルを使ったセルに比べて誰でも作りやすく、挟む物質の自由度も高い。本研究では様々な材料を洗濯ばさみ画鋲セルに挟み、実験・観察をおこなった。 ⇒#65@図; 活物質のインピーダンスによる評価。 AI・粘土のXRD・導電性高分子・世間を知る キャッシュレス決済 ロボティック・プロセス・オートメーション ⇒#629@卒論; ⇒#412@学会; <p>今井 直人,&nbsp;山形大学&nbsp;卒業論文(仁科・立花・伊藤研),&nbsp;(2019).</p> 電気化学における3DCADならびにプリンターの利用の検討 https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=625 2019-02-15 3Dプリンター CNT|LMO|CNT ⇒#14191@試料; ⇒#14174@試料; ⇒#13535@試料; ⇒#65@図; ⇒#104@図; PLA樹脂 で作成したセルを 15h以上放置の結果セル本体:柔らかくなる、水が漏れる等の問題はないが果実のようなにおいを確認したため蓋の密閉性に不安がある。電極(Cu):変色や銅の脱落は見られなかった。電解液:六フッ化リン酸リチウムEC+DEC(1:1) PLA樹脂は有機電解液によって侵されない <p>大前 国生,&nbsp;山形大学&nbsp;卒業論文(仁科・立花・伊藤研),&nbsp;(2019).</p>