講義ノート@山形大学アメニティ研 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Syllabus/LectureIndex.aspx 2019-04-19 講義ノート@山形大学アメニティ研 レポート 通信機器のスケッチとその用途の調査 https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4928 2019-04-18 問1.学術情報基盤センター アクティブーラーニング室 展示スペースに展示されている情報機器の1台について、ノートにスケッチしてください。スケッチをしたら、スケッチに右下に日付とサインをしてください。スケッチの写真をウェブクラスに提出してください。 問2.スケッチをした情報機器の用途について、調査をして、その調査内容をウェブクラスに記述してください。 問3.情報機器の用途を調査したときの参考文献(出展)をSISTの記述方法に従って、ウェブクラスに記述してください。 問4.問1~3の課題を公開用ウェブシステムを使って、公開し、そのURLをウェブクラスに記述してください。 ⇒#116@図; ⇒#117@図; ⇒#122@図; 学術情報基盤センター展示スペース https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4858 2019-04-18 学術情報基盤センター展示スペースでは、学術情報基盤センターがスタートしたころからの情報端末やその周辺機器、さらには、インターネットを支えた通信機器が展示されております。 セラミックス材料~正極活物質と導電助材の働き~ https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4117 2019-04-14 【関連講義】卒業研究(C1-電気化学2004~),正極活物質⇒#837@講義; コバルト酸リチウム⇒#465@化学種;、マンガン酸リチウム⇒#464@化学種;、リン鉄酸リチウム⇒#2886@化学種;、EMD⇒#1267@材料;、ニッケル酸リチウム⇒#496@材料;、酸化銀、酸化銅など。 ⇒#421@物理量; 電流効率⇒#475@物理量;電圧効率⇒#476@物理量;カットオフ電圧⇒#367@物理量;DOD⇒#521@物理量;体積エネルギー密度⇒#421@物理量;重量エネルギー密度⇒#559@物理量;理論容量⇒#413@物理量; ⇒#191@物理量;⇒#366@物理量; ⇒#4045@講義; ⇒#75@図; 【関連講義】無機工業化学,窯業・珪酸塩化学工業@無機工業化学⇒#2803@講義ノート; アルミニウム~軽金属~ https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4384 2019-04-13 アルミニウムは電解還元で作られる。多量の電気エネルギーを消費する。昭和になって水力発電の電気がアルミニウムの還元に作られた。水源地帯に多い。2013年、日本のアルミニウム製造が幕を閉じた。 ⇒#25@材料; チタン、マグネシウム ⇒#54@図; ◆溶融塩電解(バイヤー法+ホール=エルー法) ⇒3071@材料;+⇒#541@材料;+⇒222@物理量;=⇒516@材料; ⇒516@材料;+⇒#3073@材料;+⇒#3777@材料;+⇒224@物理量;+⇒#222@物理量;=⇒#25@材料; アルミニウム⇒#25@材料;+深絞り成型=⇒261@製品; ⇒2827@講義; ⇒2830@講義; ⇒#561@物理量; ⇒#54@URL; ⇒#2040@文献; ケディカ https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2832 2019-04-12 めっき工場 2009年6月⇒#1098@ノート; 電極の構造とその構成要素 https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4921 2019-04-09 ⇒#15@図;  2.1 電池の容量と導電経路  2.2 活物質と物質輸送  2.3 導電助材とバインダ  2.4 集電体と接触抵抗  2.5 電解液と導電率  2.6 セパレータと絶縁破壊  2.7 混合状態と乾燥状態 ⇒#62@図; 活物質・集電体・電解液-ダングリングボンド- https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4866 2019-04-09 ファンクションジェネレータとポテンショスタット https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4879 2019-04-09 ⇒#51@製品; 電池の起電力と分解電圧 https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4236 2019-04-08 http://fnorio.com/0149electrochemical_potential/electrochemical_potential.html 量と単位-自然界を測るものさし- https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4885 2019-04-05 ⇒#324@製品; ⇒#1@物理量; ⇒#1058@レビュー; ⇒#330@製品; ⇒#2@物理量; ⇒#1350@レビュー; ⇒#1020@講義; ⇒#99@製品; ⇒#3@物理量; ⇒#1019@講義; ⇒#4@物理量; ⇒#125@図; 電池とエネルギー https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4903 2019-04-04 電池とエネルギー ⇒#508@レビュー; ⇒#224@物理量; ⇒#1565@レビュー; ⇒#31@製品; ⇒#32@材料;|⇒#540@材料;|⇒#509@材料;|⇒#3138@材料; アルマイトと不動態 https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4894 2019-04-04 ⇒#999@レビュー; ⇒#4718@講義; ⇒#1343@レビュー; ⇒#77@図; アルミニウムのアノード酸化(アルマイト加工) https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4718 2019-04-04 試料極にアルミニウムワイヤを用いる。アルミニウムは測定直前に研磨後、0.1M NaOHでアルカリ前処理を行い、水で十分に洗浄する。電解液に0.1M H2SO4を用い、対極にアルミニウムワイヤを用いて一定電流10mA/cm2を通電し、電位時間曲線(クロノポテンショグラム)を測定する。電流値を監視し、常に一定になるように抵抗尺を操作する。カレントフォロアと電流分割器を使うか、後述設問のガルバノスタットを使うことを推奨する。そのときの電位をエレクトロメータで読み取る。アノード酸化が終ったら、加温したコンゴーレッド(50mg/10mL)、アニリンブルー溶液(50mg/10mL)に浸漬し、酸化していないアルミニウムワイヤと着色状態を比較する。またAl-PETフィルムを紙やすりで磨き清浄な面を露出させ、同様に染色加工し、メタリックピンクおよびメタリックブルーのフィルムを作成する。 ⇒#3826@材料; ⇒#3825@材料; ⇒#36@製品; ⇒#295@製品; ⇒#1295@講義; ⇒#4894@講義; ⇒#999@レビュー; 長さ・質量・時間・温度からエネルギーの概念へ-量の歴史- https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4607 2019-04-04 物理とは自然を数値に変える手段です。⇒#1@物理量;を測るというのは、物理のもっとも基本的な事柄です。 ⇒#1058@レビュー; ⇒#324@製品;を使って⇒#1@物理量;が測れると、⇒#10@物理量;や⇒#11@物理量;が測れます。 ⇒#1350@レビュー; 天秤を使うと、⇒#2@物理量;を⇒#1@物理量;に変換できます。 メスシリンダーなどを使うと、⇒#588@物理量;を⇒#1@物理量;に変換できます。 ⇒#1037@講義; 振り子を使うと、その⇒#640@物理量;から⇒#3@物理量;を⇒#1@物理量;に変換できます。これで力学ができます。 ⇒#1020@講義; 物質は⇒#5@物理量;によって⇒#11@物理量;が変わるので、⇒#5@物理量;を⇒#1@物理量;に変換できます。これで熱力学ができます。 あとは電気を待つのみ! ⇒#29@表; ⇒#125@図; 分解電圧(速度論)-過電圧の測定- https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4404 2019-04-04 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/53204/53204_02_02.asp ⇒493@材料; ⇒#388@物理量;⇒#300@物理量;⇒#4@物理量; 【関連講義】無機・分析化学応用実験,金属の種類による過電圧の違い⇒#1449@講義ノート;