鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
×
【対象】 DMFに溶かしたとき,光増感剤にエオシンYを使用した条件で,一重項酸素を検出できるか? 
一覧戻る進む·鷹山·アメニティ研
*
対象
試料
物理量
材料物性
化学特性
研究対象
試薬使用履歴
数値測定履歴
鷹山
アメニティ研

ID⇒#131@対象;
要約【研究対象】DMFに溶かしたとき,光増感剤にエオシンYを使用した条件で,一重項酸素を検出できるか? ⇒#131@対象;
所有者小~衣
講義ノート材料&試料(消耗品)
試料(サンプル)DRD156
構成試料(サンプル) 
関連対象 
物理量ESR信号強度モル濃度
数値
?

3.84

,DMFに溶かしたとき,光増感剤にエオシンYを使用した条件で,一重項酸素を検出できるか? ,一重項酸素の研究(非水溶媒),ESR信号強度,3.84 ・

4.63

,DMFに溶かしたとき,光増感剤にエオシンYを使用した条件で,一重項酸素を検出できるか? ,一重項酸素の研究(非水溶媒),ESR信号強度,4.63 ・

2.03

,DMFに溶かしたとき,光増感剤にエオシンYを使用した条件で,一重項酸素を検出できるか? ,一重項酸素の研究(非水溶媒),ESR信号強度,2.03 ・

4.26

,DMFに溶かしたとき,光増感剤にエオシンYを使用した条件で,一重項酸素を検出できるか? ,一重項酸素の研究(非水溶媒),ESR信号強度,4.26 ・

3.3

,DMFに溶かしたとき,光増感剤にエオシンYを使用した条件で,一重項酸素を検出できるか? ,一重項酸素の研究(非水溶媒),ESR信号強度,3.3 ・

4.04

,DMFに溶かしたとき,光増感剤にエオシンYを使用した条件で,一重項酸素を検出できるか? ,一重項酸素の研究(非水溶媒),ESR信号強度,4.04 ・

1.5

,DMFに溶かしたとき,光増感剤にエオシンYを使用した条件で,一重項酸素を検出できるか? ,一重項酸素の研究(非水溶媒),ESR信号強度,1.5 ・

8.98

,DMFに溶かしたとき,光増感剤にエオシンYを使用した条件で,一重項酸素を検出できるか? ,一重項酸素の研究(非水溶媒),ESR信号強度,8.98 ・

2.9

,DMFに溶かしたとき,光増感剤にエオシンYを使用した条件で,一重項酸素を検出できるか? ,一重項酸素の研究(非水溶媒),ESR信号強度,2.9 ・

0.42

,DMFに溶かしたとき,光増感剤にエオシンYを使用した条件で,一重項酸素を検出できるか? ,一重項酸素の研究(非水溶媒),ESR信号強度,0.42 ・

0.37

,DMFに溶かしたとき,光増感剤にエオシンYを使用した条件で,一重項酸素を検出できるか? ,一重項酸素の研究(非水溶媒),ESR信号強度,0.37 ・

2.94

,DMFに溶かしたとき,光増感剤にエオシンYを使用した条件で,一重項酸素を検出できるか? ,一重項酸素の研究(非水溶媒),ESR信号強度,2.94 ・

2.94

,DMFに溶かしたとき,光増感剤にエオシンYを使用した条件で,一重項酸素を検出できるか? ,一重項酸素の研究(非水溶媒),ESR信号強度,2.94 ・

3.65

,DMFに溶かしたとき,光増感剤にエオシンYを使用した条件で,一重項酸素を検出できるか? ,一重項酸素の研究(非水溶媒),ESR信号強度,3.65 ・

1.71

,DMFに溶かしたとき,光増感剤にエオシンYを使用した条件で,一重項酸素を検出できるか? ,一重項酸素の研究(非水溶媒),ESR信号強度,1.71 ・

3.1

,DMFに溶かしたとき,光増感剤にエオシンYを使用した条件で,一重項酸素を検出できるか? ,一重項酸素の研究(非水溶媒),ESR信号強度,3.1 ・

2.63

,DMFに溶かしたとき,光増感剤にエオシンYを使用した条件で,一重項酸素を検出できるか? ,一重項酸素の研究(非水溶媒),ESR信号強度,2.63 ・
説明


関連
重項酸素発生系(DRD156とEosinYの関係)1)