鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【表】 一重項酸素発生系(DRD156とEosinYの関係)


DRD156EosinY重クロロホルムDMF酸素ESR信号強度
DRD156+EosynY+DMF+CDCl3+O2 (1回目)
(DRD156)
3.3mM;60uL60uL20uL60uL×2.63
DRD156+EosynY+DMF+CDCl3+O2+hv (1回目)
(DRD156)
3.3mM;60uL60uL20uL60uL3.1
DRD156+EosynY+DMF+CDCl3+O2 (2回目)
(DRD156)
3.3mM;60uL60uL20uL60uL×1.71
DRD156+EosynY+DMF+CDCl3+O2+hv (2回目)
(DRD156)
3.3mM;60uL60uL20uL60uL3.65
DRD156+EosynY+DMF+CDCl3+O2 (3回目)
(DRD156)
3.3mM;60uL60uL20uL60uL×2.94
DRD156+EosynY+DMF+CDCl3+O2+hv (3回目)
(DRD156)
3.3mM;60uL60uL20uL60uL2.94
DRD156+DMF
(DRD156)
----××0.37
DRD156+DMF+hv
(DRD156)
----×0.42
DRD156+DMF+EosinY
(DRD156)
----××2.9
DRD156+DMF+EosinY+hv
(DRD156)
----×8.98
DRD156+DMF+Ar(1分)
(DRD156)
3.3mM;60uL--60uL××1.5
DRD156+EosinY/DMF+Ar(1分)+hv (1回目)
(DRD156)
3.3mM;60uL60uL--×4.04
DRD156+EosinY/DMF+Ar(1分)+hv (2回目)
(DRD156)
3.3mM;60uL60uL--×3.3
DRD156+EosinY/DMF+Ar(1分) +hv(3回目)
(DRD156)
3.3mM;60uL60uL--×4.26
DRD156+DMF+Ar(5分)
(DRD156)
3.3mM;60uL--60uL××2.03
DRD156+EosinY/DMF+Ar(5分)+hv (1回目)
(DRD156)
3.3mM;60uL60uL--×4.63
DRD156+EosinY/DMF+Ar(5分)+hv (2回目)
(DRD156)
3.3mM;60uL60uL--×3.84
ID⇒#12@表;
要約【表】一重項酸素発生系(DRD156とEosinYの関係)⇒#12@表;
研究テーマ非水溶液中における一重項酸素の発生系と捕捉剤の検討
内容光増感剤エオシンY(Eosin Y)
関連物質 一重項酸素1)

使った試薬のIDがわからないなぁ酸素流量や光の強度波長光源わからないなぁ

酸素飽和にしないほうがDRD156ラジカル2)信号強度高いぞ


グラフ
エンドペルオキシド+DRD156+PBS3)