鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

調整から数日後 1mM 硫酸マンガン(Ⅱ)五水和物水溶液 Mnマーカー無し 80℃、4mW、ヘマトクリット管で測定 一覧戻る進む
図. 調整から数日後 1mM 硫酸マンガン(Ⅱ)五水和物水溶液 Mnマーカー無し 80℃、4mW、ヘマトクリット管で測定

項目
ID⇒#529@グラフ;
要約【グラフ】図に調整から数日後 1mM 硫酸マンガン(Ⅱ)五水和物水溶液 Mnマーカー無し 80℃、4mW、ヘマトクリット管で測定のESRチャート⇒#18@プロット;を示す。ここで、横軸は磁束密度⇒#40@物理量;であり、縦軸は吸収率⇒#238@物理量;である。この図より ○○ 測定条件 ○○ 試料名: 硫酸マンガン(Ⅱ)五水和物⇒#10331@試料; 実験装置: 電子スピン共鳴装置⇒#341@測定装置; 測定日時: 2008/09/13 19:4…であることがわかる⇒#529@グラフ;。
名前調整から数日後 1mM 硫酸マンガン(Ⅱ)五水和物水溶液 Mnマーカー無し 80℃、4mW、ヘマトクリット管で測定
試料(サンプル)硫酸マンガン(Ⅱ)五水和物
研究対象硫酸マンガン(Ⅱ)五水和物水溶液のESRパラメータ
プロットタイプESRチャート
X軸磁束密度/ミリテスラ(280 ~ 380)100
Y軸強度/(無次元)(-1547.3 ~ 1505.53)3052.83
 
 
説明
○○ 測定条件 ○○

試料名: 硫酸マンガン水和物1)
実験装置: 電子スピン共鳴装置2)
測定日時: 2008/09/13 19:49:15
共鳴周波数3); 9.136074GHz4)
温度5): 80 6)
照射電力7): 4 mW8)
中心磁場9): 330 mT10)
磁場掃引幅11): 50 mT12)
磁場掃引時間13): 600 s14)
磁場変調強度15): 0.4 mT16)
時定数17): 0.1 s18)
増幅ゲイン19): 100 -
Mnマーカーダイヤル20)21): 200 -
g値22): 2.01056
g値23): -
超微細結合定数24): 9.47mT25)
測定者: 柿崎


(1硫酸マンガン(Ⅱ)五水和物試料.
(2電子スピン共鳴装置測定装置.
(3ν共鳴周波数Resonant Frequencyヘルツ, (物理量).
(4ギガヘルツGHz周波数, (単位).
(5T温度tempretureケルビン, (物理量).
(6セルシウス度温度, (単位).
(7P照射電力Powerワット, (物理量).
(8ミリワットmW電力, (単位).
(9Ce中心磁場Center Fieldテスラ, (物理量).
(10ミリテスラmT磁束密度, (単位).
(11磁場掃引幅ミリテスラ, (物理量).
(12ミリテスラmT磁束密度, (単位).
(13Fi磁場掃引時間Field Sweep time, (物理量).
(14s時間, (単位).
(15磁場変調強度ミリテスラ, (物理量).
(16ミリテスラmT磁束密度, (単位).
(17tc時定数Time Constant, (物理量).
(18s時間, (単位).
(19増幅率分率, (物理量).
(20マンガンマーカー (Mn2+/MgO)Mn2+ Marker, (材料).
(21Mn マーカー バックグラウンド 2007/05/31調整 ESRスペクトル (2回目)グラフ.
(22g値, (計算).
(23マンガンマーカーからg値を求める計算式, (計算).
(24A超微細結合定数hyperfine coupling constant テスラ, (物理量).
(25ミリテスラmT磁束密度, (単位).
数値
(ID=317) ( g=2.01056 ・ ) 硫酸マンガン(Ⅱ)五水和物水溶液のESRパラメータ … とりあえず解析する (近傍値検索)
(ID=318) ( A=9.47 mT ) 硫酸マンガン(Ⅱ)五水和物水溶液のESRパラメータ … とりあえず解析する (近傍値検索)
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧