鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
小沢昭弥…

廃棄された自動車用鉛電池の再生とそのテスト方法

廃棄された自動車用鉛電池の再生とそのテスト方法について検討した。 第44回電池討論会@大阪府堺市⇒#68@ノート;

○阿曽大輔,立花和宏,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明,菅原陸郎,小沢昭弥 ,第44回電池討論会 (2003).

リチウムイオン二次電池正極集電体アルミニウム上の不働態皮膜が内部抵抗に及ぼす影響

●2004年度(平成16)卒業研究⇒#475@講義;電池討論会⇒#80@ノート; 3D27 発表者氏名 ○佐藤和美(山形大学工学部) 立花和宏(山形大学工学部) 仁科辰夫(山形大学工学部) 遠藤孝志(山形大学工学部) 木俣光正(山形大学工学部) 樋口健志(山形大学工学部) 小沢昭弥(国際技術交流協会(ITE)電池研究所) 尾形健明(山形大学工学部) 申し込み者氏名・連絡先 山形大学工学部 佐藤和美 〒992-8510 山形県米沢市城南4-3-16 要旨  リチウムイオン二次電池の正極にはアルミニウムが用いられている。このアルミニウム集電体表面上に生成する不働態皮膜は、電解液の分解や集電体自身の腐食などの副反応を抑制していることから、電池性能に密接な関係があると考えられる。そこで、アルミニウムの表面処理を変えることで、電池性能の内部抵抗(接触抵抗+反応抵抗)に及ぼす影響を調べた。 アルカリ脱脂後のアルミニウム箔(多結晶性、 純度99.99%、厚み0.1mm、電解コンデンサー用)に皮膜をつけた後、UFC(超微粒炭素分散液,水にアセチレンブラッ

佐藤和美,仁科辰夫,遠藤孝志,木俣光正,樋口健志,小沢昭弥,尾形健明 ,第45回電池討論会 ,pp.558-559 (2004).

電池負極活物質表面モルフォロジーに及ぼす有機ポリマー添加剤の効果

たく⇒#433@卒論; 鉛蓄電池では、充放電のサイクル数を重ねることによって電極をPbSO4の結晶が覆ってしまい電極が不働態化される。放電状態で放置されたり深く放電されると、硫酸鉛は充電しても元の金属鉛に戻らなくなることをサルフェーションと呼ぶ1)。小沢らは、有機ポリマー添加剤を加えると、負極の硫酸鉛の結晶を微細化すると述べている2)。しかし、硫酸鉛の結晶が微細化された表面写真は確認されていない。そこで、本研究では、表面モルフォロジーに及ぼす有機ポリマー添加剤の影響を検討した。 ○玉野佑季,…らは、2008年に八戸工業大学(青森県八戸市大字妙字大開88-1)で開催された平成20年度 化学系学協会東北大会において電解液に有機ゲルマニウムを添加した鉛蓄電池の酸素過電圧の濃度依存性について報告している⇒#231@学会;。 ○加藤正悟,…らは、2004年に岩手県盛岡市で開催された化学系9学協会連合東北地方大会において鉛蓄電池の充放電に伴う負極劣化のその場観察法による可視化について報告している⇒#166@学会;。 鉛電池…は、鉛電池(鉛蓄電池) プランテが19世紀、185

○菅野拓,仁科辰夫,立花和宏,小沢昭弥 ,平成21年度 化学系学協会東北大会 (2009).

鉛蓄電池の充放電に伴う負極劣化のその場観察法による可視化

鉛蓄電池の充放電に伴う負極劣化のその場観察法による可視化です。 平成16年度化学系9学協会連合東北地方大会@岩手県盛岡市⇒#156@ノート;

○加藤正悟,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,菅原陸郎,小沢昭弥 ,化学系9学協会連合東北地方大会 (2004).