鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

×
【人名】 小野寺 伸也
一覧戻る進む·スパイシー·J-GLOBAL·CiNii/検索·MS Academic·プロジェクト·研究助成·口頭発表·研究ノート
研究者
● スパイシー
個人情報保護
山大図書
山大雑誌
研究者
■ 山形大学研究者情報
山大スタッフ
● 研究者人材
● 研究開発支援
プロジェクト
● Webレター
● スパイシー
● J-GLOBAL
● CiNii/検索
● MS Academic
プロジェクト
研究助成
口頭発表
研究ノート
ID⇒#1366@人名;
要約【人名】小野寺 伸也⇒#1366@人名;
ハンドル小~也
氏名小野寺 伸也
教職員
研究活動電気化学会第81回大会(2014/3/29)表面技術協会第129回講演大会(2014/3/13)第30回ARS弘前コンファレンス(2013/11/7)電気化学会第80回大会(2013/3/29)第29回ARS伊豆長岡コンファレンス(2012/11/1)平成24年度 化学系学協会東北大会(2012/9/15)
文献カーンボンブラックの表面官能基の研究導電性ネットワークを形成したリチウムイオン電池用のリン酸マンガンリチウム正極活物質の電気化学特性
研究ノート 
個人情報ソース
プロフィールJ-GLOBAL Read CiNii MS_Academic SPYSEE
関連外部URL/amenity/Laborat…
研究ノート
研究ノートにはいろいろなコンテンツがあります。研究テーマや学会発表タイトルとリンクさせることもできます。研究ノートを追加するには…詳細…
プロジェクトメンバー

炭素材料に関する研究

/炭素材料に関する研究/小~也
研究者グループ…
経過
経過…
対象
Au|LiMn2O4|1M LiPF6/EC+DEC
Au|NMC|1M LiPF6/EC+DEC
Al|KB600,PVdF|LiCoO2,AB, PVdF|TEMABF4
対象…
説明
業績本田,小…らは2013年にリチウムイオン次電池合材スラリーバインダーとして使われるPVDFの溶液の電気化学的挙動について報告しPVDFの溶液のインピーダンス挙動 コンダクトメトリーよる有機化合物の簡便迅速な半導体物性評価1) 卒論ちあきは2014年にそれまでの研究アルミニウム…と述べている2)

卒論しんやは2015年にそれまでの研究正極内部抵抗から見るリチウムイオン次電池正極材料の最適な組み合わせというテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した3)

/amenity/Laboratory/C1/C1.aspx?year=2012

(1コンダクトメトリーによる有機化合物の簡便迅速な半導体物性評価
伊藤知之、加藤直貴、深瀬薫子、佐々木優、本田千秋、立花和宏、仁科辰夫、大場好弘, 科学・技術研究会, (2012).
(2リチウムイオン二次電池合材スラリーにバインダーとして使われるPVDFの溶液の電気化学的挙動
本田千秋,小野寺伸也,伊藤知之,小林卓巨,伊藤智博,立花和宏,仁科辰夫,亀田恭男, 科学・技術研究会, (2013).
(3正極内部抵抗から見るリチウムイオン二次電池正極材料の最適な組み合わせ
小野寺 伸也, 山形大学 工学部 物質化学工学科, 修士論文 (2015).