鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【プロジェクト】 アルミニウムのアノード酸化皮膜に関する研究
 

プロジェクト
● 学内情報
研究者
研究室
研究プロジェクト/一覧
■ 共同研究申込
■ 産学官連携
■ 技術相談
■ 共同研究
■ 受託研究
■ 奨学寄附金
● GakuNin mAP
● 山形大財務
● 山形大情報
● J-GLOBAL


シボレス認証によって、このページの感想やコメント、質問などを記入できます。学術認証フェデレーション(学認)参加機関から利用できます。
→ シボレスログイン
→ RSS
シボレス-トップメニュー
学認参加機関/一覧
ページレビュー説明書
山形大学 学術認証-fed

項目
ID⇒#55@プロジェクト;
要約【プロジェクト】アルミニウムのアノード酸化皮膜に関する研究⇒#55@プロジェクト;
メソッド一覧戻る進む·J-GLOBAL
開始日2010/10/29
終了日2014/10/29
シラバス卒業研究(C1-電気化学2004~)
管理者立花 和宏
山大 J-GLOBAL SPYSEE 機関 個人
グループ尾形・仁科研究室(旧応用化学C1講座)
外部リンク
検索J-GLOBAL 講義 研究 発表 業績 テーマ 製品 計算式
財源
財源…
プロジェクトメンバー

55

/アルミニウムのアノード酸化皮膜に関する研究/宮~夫

55

/アルミニウムのアノード酸化皮膜に関する研究/坂~郎

アルミニウムのアノード酸化皮膜に関する研究

/アルミニウムのアノード酸化皮膜に関する研究/立花 和宏

アルミニウムのアノード酸化皮膜に関する研究

/アルミニウムのアノード酸化皮膜に関する研究/小~巨

アルミニウムのアノード酸化皮膜に関する研究

/アルミニウムのアノード酸化皮膜に関する研究/川田聖人

アルミニウムのアノード酸化皮膜に関する研究

/アルミニウムのアノード酸化皮膜に関する研究/@武~

アルミニウムのアノード酸化皮膜に関する研究

/アルミニウムのアノード酸化皮膜に関する研究/@森~

アルミニウムのアノード酸化皮膜に関する研究

/アルミニウムのアノード酸化皮膜に関する研究/@小~
研究者グループ…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧
説明
電解液について1)

○小林卓巨,…らは2012年にで開催された平成24年度 化学系学協会東北大会においてAlF4-含む電解液使用したAlのアノード酸化と腐食機構について報告している2)

川田聖人,立…らは2011年に名古屋大学愛知県名古屋種区不老町開催された表面技術協会第124回講演大会において非水溶液中でのアルミニウムアノード酸化おけるアニオン種類高電場パラメータ関係ついて報告している3)

サンプル
コンデンサ電解液サンプル4)
コンデンサ電解液サンプル5)
コンデンサ電解液サンプル6)

物理量ブレークダウン電圧7)電位上昇速度8)

関連講義
卒業研究-電気化学2004,電解液アノード酸化9)
卒業研究-電気化学2004,研究201110)
リチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウム不働態化11)
仁科先生の工場見学ルポ,ケミコン宮城12)
エネルギー変換化学特論,リチウム次電池のアルミニウム集電体ついて13)


アノード酸化の電解液について
川田聖人, 研究ノート, (2010).

AlF4-を含む電解液を使用したAlのアノード酸化と腐食機構
○小林卓巨, 大瀬公正, 加藤直貴, 本田千秋, 立花和宏, 仁科辰夫,平成24年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2012).

非水溶液中でのアルミニウムのアノード酸化におけるアニオンの種類と高電場パラメータの関係
○川田聖人,柳沼雅章,遠藤淳一,立花和宏,仁科辰夫,表面技術協会第124回講演大会講演要旨集, 89 (2011).

結果と考 > 卒業論文 > リチウム > 固体表面 > 電解液とアノード酸化,固体表面双極子モーメントの抑制によるリチウム電池集電体と炭素材料界面の接触抵抗の低減
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2012).

緒言(C > C1履歴 > 【201 > 研究2011@C1,【2011年度(平成23)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).

電気・電 > ケミコン宮城,電気・電子(コンデンサ)
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2010).

エネルギ > 【201 > 金属材料 > リチウム二次電池のアルミニウム集電体について,金属材料~負極活物質と集電体の働き~(2011_H23)
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).

(1アノード酸化の電解液について
川田聖人, 研究ノート, (2010).
(2AlF4-を含む電解液を使用したAlのアノード酸化と腐食機構
○小林卓巨, 大瀬公正, 加藤直貴, 本田千秋, 立花和宏, 仁科辰夫,平成24年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2012).
(3非水溶液中でのアルミニウムのアノード酸化におけるアニオンの種類と高電場パラメータの関係
○川田聖人,柳沼雅章,遠藤淳一,立花和宏,仁科辰夫,表面技術協会第124回講演大会講演要旨集, 89 (2011).
(4コンデンサ電解液サンプル, 9号館:仁科辰夫研究室, 立花 和宏, (2012).
(5コンデンサ電解液サンプル, 9号館:仁科辰夫研究室, 立花 和宏, (2010).
(6コンデンサ電解液サンプル, 9号館:仁科辰夫研究室, 立花 和宏, (2010).
(7ブレークダウン電圧 VB / V.
(8電位上昇速度 v / V/s.
(9結果と考 > 卒業論文 > リチウム > 固体表面 > 電解液とアノード酸化,固体表面双極子モーメントの抑制によるリチウム電池集電体と炭素材料界面の接触抵抗の低減
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2012).
(10緒言(C > C1履歴 > 【201 > 研究2011@C1,【2011年度(平成23)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).
(11リチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウムの不働態化
立花和宏、佐藤幸裕、仁科辰夫、遠藤孝志、松木健三、小野幸子, Electrochemistry, Vol. 69, No.9, pp.670-680, (2001).
(12電気・電 > ケミコン宮城,電気・電子(コンデンサ)
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2010).
(13エネルギ > 【201 > 金属材料 > リチウム二次電池のアルミニウム集電体について,金属材料~負極活物質と集電体の働き~(2011_H23)
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).