(C)1996- 2019   Copyright  データベースアメニティ研究所
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

Ni<->Ni(2+)




-0.257

イオン化傾向

K<->K(+)1)
Ca<->Ca(2+)2)
Na<->Na(+)3)
Mg<->Mg(2+)4)
Al<->Al(3+)5)

Zn<->Zn(2+)6)
Fe<->Fe(2+)7)
Ni<->Ni(2+)8)


(1)   K+ + e- =   K, E = -2.925 V, (反応-181).
(2)   Ca2+ + 2e- =   Ca, E = -2.84 V, (反応-76).
(3)   Na+ + e- =   Na, E = -2.714 V, (反応-222).
(4)   Mg2+ + 2e- =   Mg, E = -2.356 V, (反応-189).
(5)   Al3+ + 3e- =   Al, E = -1.676 V, (反応-31).
(6)   Zn2+ + 2e- =   Zn, E = -0.7626 V, (反応-3).
(7)   Fe2+ + 2e- =   Fe, E = -0.44 V, (反応-139).
(8)   Ni(2+) + 2e- =   Ni, E = -0.257 V, (反応-228).

この反応の更新