* (C)1996- 2017   Copyright  データベースアメニティ研究所
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

  DRD156ラジカル



DRD1561)重項酸素捕捉するとDRD156ラジカルが生成される2)

文献Kashi Igarasらは1999年にNew sensitive agents for detecting singlet oxygen by electron spin resonance spectroscopyについてDRD156g値2.0046.であると述べている3)

グラフ
エンドペルオキシド+DRD156+PBS4)
DRD156ラジカルの経過時間とESR信号強度の関係水系5)

重項酸素発生系(DRD156とEosinYの関係)6)

卒論荒~宙は2013年にそれまでの研究水溶液中における重項酸素の発生系と捕捉剤の検討というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した7)

卒論非水溶液中における重項酸素の発生系と捕捉剤の検討8)



エンドペルオキシド+DRD156+PBSグラフ.

DRD156ラジカルの経過時間とESR信号強度の関係グラフ.

(1DRD1564.4'-bis(1-p-carboxyphenyl-3-methyl-5-hydroxyl)-pyrazolC22H18N4O6 , = 434.40812 g/mol, (化学種).
(2New sensitive agents for detecting singlet oxygen by electron spin resonance spectroscopy
Kashi Igarashi, Kazuhisa Sakurai, Tetsuo Oi, Heitaro Obara, Hiroaki Ohya, Hitoshi Kamada, free radical biology and medicine,26,1339(1999).
(3New sensitive agents for detecting singlet oxygen by electron spin resonance spectroscopy
Kashi Igarashi, Kazuhisa Sakurai, Tetsuo Oi, Heitaro Obara, Hiroaki Ohya, Hitoshi Kamada, free radical biology and medicine,26,1339(1999).
(4エンドペルオキシド+DRD156+PBSグラフ.
(5DRD156ラジカルの経過時間とESR信号強度の関係グラフ.
(6一重項酸素発生系(DRD156とEosinYの関係).
(7水溶液中における一重項酸素の発生系と捕捉剤の検討
荒川 直宙, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (1).
(8非水溶液中における一重項酸素の発生系と捕捉剤の検討
小川 祐美衣, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (1).

化学種 に含まれる 元素 化学種 物理量 化学種 を含む 材料

化学種 が関わる 反応