* (C)1996- 2017   Copyright  データベースアメニティ研究所
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

  四フッ化アルミン酸イオン



関連講義卒業研究-電気化学2004,新規電解液用いたアルミニウムアノード酸化皮膜の制御と炭素合材スラリー接触抵抗制御1)

学会○川田聖人,…らは2011年に名古屋大学愛知県名古屋種区不老町開催された表面技術協会第124回講演大会において非水溶液中でのアルミニウムアノード酸化おけるアニオン種類高電場パラメータ関係ついて報告している2)

試料コンデンサ電解液サンプル3)



結果と考 > 卒業論文 > リチウム > 固体表面 > 新規電解液を用いたアルミニウムアノード酸化皮膜の制御と炭素合材スラリーの接触抵抗の制御,固体表面双極子モーメントの抑制によるリチウム電池集電体と炭素材料界面の接触抵抗の低減
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2012).

非水溶液中でのアルミニウムのアノード酸化におけるアニオンの種類と高電場パラメータの関係
○川田聖人,柳沼雅章,遠藤淳一,立花和宏,仁科辰夫,表面技術協会第124回講演大会講演要旨集, 89 (2011).

(1結果と考 > 卒業論文 > リチウム > 固体表面 > 新規電解液を用いたアルミニウムアノード酸化皮膜の制御と炭素合材スラリーの接触抵抗の制御,固体表面双極子モーメントの抑制によるリチウム電池集電体と炭素材料界面の接触抵抗の低減
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2012).
(2非水溶液中でのアルミニウムのアノード酸化におけるアニオンの種類と高電場パラメータの関係
○川田聖人,柳沼雅章,遠藤淳一,立花和宏,仁科辰夫,表面技術協会第124回講演大会講演要旨集, 89 (2011).
(3コンデンサ電解液サンプル, 9号館:仁科辰夫研究室, 立花 和宏, (2010).

化学種 に含まれる 元素 化学種 物理量 化学種 を含む 材料

化学種 が関わる 反応