鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ ×
【化学種】 イリジウム
MolViewSvg
イリジウム

シボレス認証によって、このページの感想やコメント、質問などを記入できます。学術認証フェデレーション(学認)参加機関から利用できます。
→ シボレスログイン
→ RSS
シボレス-トップメニュー
学認参加機関/一覧
ページレビュー説明書
山形大学 学術認証-fed
ID⇒#212@化学種;
要約【化学種】イリジウム⇒#212@化学種;
化学種名イリジウム
よみいりじうむ
英語名
物質群 > @
分類 
式量 = 192.22 g/mol
組成式Ir
CAS.#7439-88-5
プロフィールJ-GLOBAL 日化辞
構成元素イリジウム
別名
イリジウムを主成分とする材料イリジウム
鷹山OID
情報

(ID=83)

 … 

(ID=84)

 … 

(ID=47)

 … 
タイトル反応式反応性
Ir+6Cl(-)<->[IrCl6](3-)
  IrCl6 + 3e- ↔   Ir + 6Cl-Eº = 0.86V
Ir+H2O<->IrO(s)+2H(+)
  IrO + 2H+ + 2e- ↔   Ir + H2OEº = 0.87V
Ir+2H2O<->IrO2+4H(+)
  IrO2 + 4H+ + 4e- ↔   Ir + 2H2OEº = 0.926V
Ir<->Ir(3+)
  Ir + 3e- ↔   IrEº = 1.156V
  
説明引用
 

もっとも耐食性のある金属のひとつ。
王水にすらなかなか溶解しない。

白金族の硬化金属として用いられる。
白金との合金は、電気分解の際の不溶解電極に用いられる。

有機イリジウム錯体は、三重項励起状態から強い発光を示すので、
有機EL素子の高効率化に用いられる。

ナレッジ
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧