鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ ×
【化学種】 塩化物イオン
MolViewSvg
塩化物イオン

シボレス認証によって、このページの感想やコメント、質問などを記入できます。学術認証フェデレーション(学認)参加機関から利用できます。
→ シボレスログイン
→ RSS
シボレス-トップメニュー
学認参加機関/一覧
ページレビュー説明書
山形大学 学術認証-fed
ID⇒#28@化学種;
要約【化学種】塩化物イオン⇒#28@化学種;
化学種名塩化物イオン
よみえんかぶついおん
英語名
物質群@ > 無機物質 > イオン
分類 
式量 = 35.453 g/mol
組成式Cl-
CAS.#
プロフィールJ-GLOBAL 日化辞
構成元素塩素
別名
塩化物イオンを主成分とする材料塩化物イオン
鷹山OID
情報
タイトル反応式反応性
Au+4Cl(-)<->[AuCl4](-)
  [AuCl4](-) + 3e- ↔   Au + 4Cl-Eº = 1.002V
Au+2Cl(-)<->[AuCl2](-)
  [AuCl2](-) + e- ↔   Au + 2Cl-Eº = 1.154V
Cl(-)+6OH(-)<->ClO3(-)+3H2O
  ClO3- + 3H2O + 6e- ↔   Cl- + 6OH-Eº = 0.622V
Cl(-)+2OH(-)<->ClO(-)+H2O
  ClO- + H2O + 2e- ↔   Cl- + 2OH-Eº = 0.89V
⇒#98@反応;
  Cl2 + 2e- ↔   2Cl-Eº = 1.3583V
2Cl(-)<->Cl2(aq)
  Cl2(aq) + 2e- ↔   2Cl-Eº = 1.396V
3Cl(-)<->Cl3(-)(aq)
  Cl3(-) + 2e- ↔   3Cl-Eº = 1.4152V
Cu+Cl(-)<->CuCl
  CuCl + e- ↔   Cu + Cl-Eº = 0.121V
⇒#127@反応;
  Cu2+ + Cl- + e- ↔   CuClEº = 0.559V
銀塩化銀:Ag+Cl(-)<->AgCl
  AgCl + e- ↔   Ag + Cl-Eº = 0.2223V
2Hg(l)+2Cl(-)<->Hg2Cl2
  Hg2Cl2 + 2e- ↔   2Hg(l) + 2Cl-Eº = 0.26816V
[I2Cl](-)+3Cl(-)<->2[ICl2](-)
  2[ICl2](-) + 2e- ↔   [I2Cl](-) + 3Cl-Eº = 0.995V
I2(s)+2Cl(-)<->2ICl(aq)
  2ICl(aq) + 2e- ↔   I2 + 2Cl-Eº = 1.2V
I2(s)+6Cl(-)<->2ICl3(s)
  2ICl3(s) + 6e- ↔   I2 + 6Cl-Eº = 1.281V
Ir+6Cl(-)<->[IrCl6](3-)
  IrCl6 + 3e- ↔   Ir + 6Cl-Eº = 0.86V
Pb+2Cl(-)<->PbCl2
  PbCl2 + 2e- ↔   Pb + 2Cl-Eº = -0.268V
Pd+4Cl(-)<->[PdCl4](2-)
  2e- ↔   Pd + 4Cl-Eº = 0.64V
Pt+4Cl(-)<->[PtCl4](2-)
  [PtCl4]2- + 2e- ↔   Pt + 4Cl-Eº = 0.758V
[PtCl4](2-)+2Cl(-)<->[PtCl6](4-)
  [PtCl6]2- + 2e- ↔   [PtCl4]2- + 2Cl-Eº = 0.726V
Tl+Cl(-)<->TlCl(s)
  TlCl(s) + e- ↔   Tl + Cl-Eº = -0.5568V
銀イオン塩化銀:Ag(+)+Cl(-)<->AgCl
  Cl- + Ag+ →   AgCl
NH4Cl-NH4-Cl
  NH4Cl →   NH4+ + Cl-
  
説明引用
金属に対して腐食性の強いアニオン 
食塩含まれるアニオン1)多くのカチオン作りますが水溶性の化合物多く金属腐食促進します酸化物イオン対照的な駆け落ち型のアニオンいうところでしょうか耐食性優れた塩化物イオン存在下では酸化されることがあります

(1続おもしろい化学元素(目次)
カレーリン、小林茂樹, 続おもしろい化学元素, 東京図書, (1981).
ナレッジ
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧