(C)1996- 2021   Copyright  データベースアメニティ研究所
バーチャル卒業式やりませんか?

サイバーキャンパスの構築とその実用化への問題点の抽出



データベース使ってます
サイバーキャンパスの構築とその実用化への問題点の抽出1)

(1) 吉田文, アメリカ高等教育におけるeラーニング-日本への教訓-, 東京電機大学出版局(2003).
(2) 立花和宏, 奥山澄雄, 仁科辰夫, 田中 , 矢作 , 猿田和樹, 平中幸雄, 山形大学紀要(工学), 26, 47, (2000).
(3) 奥山澄雄, 立花和宏, 田中敦, 仁科辰夫, 矢作清, 猿田, 平中幸雄, 山形大学紀要(工学) , 26 , 53 (2000).
(4) Dan Wahlin著, 吉川邦夫訳, ASP.NETプログラマためのXMLテクニ, ASCII出版(2002).
(5) Lorence Lessig著, 山形浩生, 柏木亮, インターネ合法違法プライバシー CODE, 翔泳社(2001).
(6) 村井純, インターネ, 岩波新書(1995).
(7) 村井純, インターネII-次世代への扉-, 岩波新書(1995).
(8) 今井秀樹著, 明るい暗号の話-ーク社会セキュリティ技術, 裳華房(1998).
(9) 仲宗根亮, 田中良樹, 立花和宏, 仁科辰夫, 遠藤孝志, 尾形健明, 化学系学協会東北大会講演予稿集, 1D19, p.130(2004).
(10) 奥山澄雄, 伊藤智博, 立花和宏, 仁科辰夫, 鈴木勝人, 青木和恵, 学術情報処理研究, 8, 69(2004).

サイバーキャンパスの発展2)
関連講義卒業研究-電気化学2004,刊行物2005◆H173)



 > サイバーキャンパス「鷹山」-はじめに-,
仁科 辰夫,サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2005).

サイバーキャンパスの発展
立花和宏, 研究ノート, (2005).

結果と考 > 論文・報 > 刊行物@C1(2005◆H17),論文・報告書・解説など
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).

(1 > サイバーキャンパス「鷹山」-はじめに-,
仁科 辰夫,サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2005).
(2サイバーキャンパスの発展
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(3結果と考 > 論文・報 > 刊行物@C1(2005◆H17),論文・報告書・解説など
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).