(C)1996- 2017   Copyright  データベースアメニティ研究所
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

リチウムイオン二次電池の正極の分極時におけるアルミニウム集電体と炭素導電助材の密着性


業績】リチウムイオン二次電池の正極の分極時におけるアルミニウム集電体と炭素導電助材の密着性⇒#18249@業績;
リチウムイオン二次電池の正極の分極時におけるアルミニウム集電体と炭素導電助材の密着性
立花 和宏伊藤 知之武田 浩幸及川 俊也本田 千秋仁科 辰夫, 表面技術協会, Vol.63, p.777, (2012).


リチウムイオン次電池の正極の分極時におけるアルミニウム集電体と炭素導電助材の密着性
Adhesion Property between Aluminum Current Collector and Carbon Conductor at Polarized Condition of Positive Electrode for Lithium-Ion Secondary Battery
立花 和宏
伊藤 知之
武田 浩幸
及川 俊也
本田
仁科 辰夫
Graduate School of Science and Engineering, Yamagata University
表面技術 = The journal of the Surface Finishing Society of Japan
表面技術 = The journal of the Surface Finishing Society of Japan 63(12), 777-778, 2012-12-01
般社団法人 表面技術協会

学会過渡電流観察によるリチウム電池炭素導電助材と集電体の微小剥離の解析1)



過渡電流観察によるリチウム電池炭素導電助材と集電体の微小剥離の解析
○及川俊他,長谷川拓哉,長瀬将太,武田浩幸,山本俊,立花和宏,仁科辰夫,平成23年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2011).

(1過渡電流観察によるリチウム電池炭素導電助材と集電体の微小剥離の解析
○及川俊他,長谷川拓哉,長瀬将太,武田浩幸,山本俊,立花和宏,仁科辰夫,平成23年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2011).