鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
火…
「火」の検索結果です。
 

過濃予混合火炎におけるすす粒子の成長理論.


奥山正明,越後亮三,吉田英生,花村克悟 , 日本機械学会, 日本機械学会論文集,B,63-608,1431-1439.(1997).

山形県内に分布する広域火山灰


 ,山形応用地質21、p.24-28(2001).

モンゴルの山火事と消えない火種


本多嘉明 ,季刊地理学(東北地理学会),54-2、pp.111-116 (2002).

モンゴルの山火事 '96.


阿子島 功・本多嘉明 ,日本地理学会予橋集,51 (1997).

フォークトゥランド交響楽団 指揮マスターコース 終了コンサート/ ストラヴィンスキー 「火の鳥」、指揮 


 , ドイツ グライツ(1996).

高森遺跡における火山灰,軽石層のK-Ar年代測定の可能性について,高森遺跡Ⅱ,(1993)(共著)


 ,(2001).

鳥海火山東部に分布する十和田a直下の灰色粘土質火山灰―貞観十三年(871年)の火山灰?


林信太郎・毛利春治・伴雅雄 ,歴史地震, 16(2000).

東北日本、火山フロント付近の2.0Ma以降の火山活動とテクトニクスの推移


梅田浩司・林信太郎・伴 雅雄・佐々木実・大場司・赤石和幸 ,火山, 44(5)(1999).

東北日本、笊森、高松、船形および三吉・葉山火山のK-Ar年代


梅田浩司・林信太郎・伴 雅雄 ,火山, 44(4)(1999).

東北日本,鳥海火山列南部,湯殿山火山の噴出物と2種の包有物の炭石学的特徴


松田光美・伴雅雄・大場与志男 ,岩鉱,92(6)(1997).

那須火山地質図,地質調査所発行火山地質図,(9)


山元孝広・伴雅雄 ,地質調査所(1997).

東北日本,月山火山新期噴出物の岩石学的研究


井上和俊・伴雅雄 ,岩鉱,91(2)(1996).

東北日本弧,那須火山群の形成史


伴雅雄・高岡宣雄 ,岩鉱,90(6)(1995).

山陰西部山島火山岩の産状とK-Ar年代.


今岡照喜・西村祐二郎・後藤芳彦・中島和夫・齋藤和男・板谷徹丸 ,岩鉱, 92, 302-315.(1997).

管状孔隙を有する火山灰土壤下層土の飽和透水性,農業土木学会論文集,190(1997)(共著)


 ,(1997).

山形県白鷹火山のK-Ar年代


石井六夢・齋藤和男 ,山形大学紀要(自然科学) vol.14-2, pp.99-108(1997).

モンゴルの火成活動.地質ニュース,534, 31­-40 (1999).


蟹澤聰史 ,実業広報社(1999).

超過濃予混合火炎の水炎構造,日本機械学会論文集,B,61-587(1995),2724-2730(共著),


 ,(2001).

早春の休火山(F130号,油彩)第66回国展,東京都美術館(1992)


 ,(2019).

北海道有珠火山溶岩の鉱物組成――珪長質マグマの分化――,山形大学紀要(自然科学),12(4)(1991)


 ,(2019).

青森-恐火山列,陸奥遂岳,恐山,七時雨および青麻火山のK-Ar時代,――東北日本弧第四紀火山の帯状配列の成立時期――,岩鉱,87(2)(1992)(共著)


 ,(2019).

東北本州弧,蔵王火山群早期噴出物の地球化学的研究,東北大核理研報,27(2)(1994)(共著)


 ,(2019).

東北日本,鳥海火山列南部,湯殿山火山の噴出物と2種の包有物の岩石学的特徴,岩鉱,92(6)(1997)(共著)


 ,(2019).
業績…