鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
道…
「道」の検索結果です。
 

Granulocyte-colony stimulating factor産生有茎性食道癌肉腫の1例


柴崎弘之,平井一郎,川口清,森谷敏幸,神賀正博,木村理 ,日本臨床外科医学会誌 2002;63(2):2920-2925(2002).

切除不能食道癌に対するY字胃管を用いた食道バイパス手術


桜井文明,福田俊,蜂谷修,布施明,木村理 ,手術 2002;56(2):141-146(2002).

Granulocyte-colony stimulating factor産生有茎性食道癌肉腫の1例


柴崎弘之,平井一郎,川口清,森谷敏幸,神賀正博,木村理 ,日本臨床外科学会雑誌.2002;63:2920-2925(2002).

胆道癌の拡大手術,血管再建


成島陽一,石山秀一,島村弘宗,八巻孝之,山内英生 ,医療 2002;56:546-548(2002).

肝・胆道・膵癌に対するaggressive surgeryのあり方


石山秀一,小菅智男 ,医療 2002;56:538-539(2002).

専門医のための消化器外科学レビュー 最新主要文献と解説2003年7月19日5胆道疾患.4.胆嚢癌.東京


平井一郎,木村理 ,総合医学社,2003:227-231(2003).

食道癌を含む5重複癌根治切除の1例


森昭三,松原敏樹,山田和彦,中川彩,細井則人,山口俊晴 ,日本臨床外科学会雑誌 2003;64:2058-2061(2003).

幽門空腸吻合付加による食道切除後胃管再建法


松原敏樹,山田和彦,細井則人,大山繁和,山本順司,山口俊晴 ,手術 2003;57:47-50(2003).

有茎広背筋弁で気管再建を行った気管浸潤食道癌の1切除例


山田和彦,松原敏樹,橘昌嗣,辻和彦,山口俊晴,川端一嘉 ,手術 2003;57:1265-1268(2003).

胆道系悪性腫瘍におけるリンパ節微小転移の臨床的意義


櫻井文明,木村理 ,山形医学 2003;21:89-110(2003).

厚生労働省科学研究費補助金医療技術評価総合研究事業.急性胆道炎の診療ガイドラインの作成、普及に関する研究-急性胆道炎の鑑別診断と鑑別疾患に関するエビデンス抽出評価研究-


木村理 ,平成15年度総括・分担研究報告書.2004:80-86(2004).

専門医のための消化器外科学レビュー 最新主要文献と解説5胆道疾患.4.胆嚢癌.東京


平井一郎,木村理 ,総合医学社,2004:222-226(2004).

出血予防のための大動脈ステントが有効であった食道癌の1例


野口忠昭, 上野正紀, 宇田川晴司, 福田俊, 澤田寿仁, 渡邊五朗 ,日臨外会誌 2004;65(1):68-71(2004).

科学的根拠に基づく急性胆管炎・胆嚢炎の診療ガイドライン[第1版]、急性胆道炎の診療ガイドライン作成出版委員会、編


須藤幸一(ワーキンググループ) ,医学図書出版、東京、2005.9.28(2005).

部位別ドレナ-ジの実際と看護:肝・胆道・膵ドレナ-ジ 急性膵炎に対するドレナ-ジ.最新全科ドレナ-ジ管理マニュアル 東京


木村理,窪田敬一,針原康,高山忠利,幕内雅敏 ,照林社 2005:102-105(2005).

部位別ドレナ-ジの実際と看護:肝・胆道・膵ドレナ-ジ 肝・胆・膵手術後ドレナ-ジ.最新全科ドレナ-ジ管理マニュアル 東京


木村理,窪田敬一,針原康,高山忠利,幕内雅敏 ,照林社 2005:83-85(2005).

5胆道疾患4.胆嚢炎.消化器外科学レビュー2005-最新主要文献解説-.門田守人ら,編,東京


須藤幸一,木村理 ,総合医学社 2005;111-114(2005).

8.肝胆膵疾患 先天性胆道拡張症(Congenital Dilatation of the Common Bile Duct)今日の治療指針2005年度版ポケット版 東京


木村理 ,医学書院 2005;399-400(2005).

8.肝胆膵疾患 先天性胆道拡張症(Congenital Dilatation of the Common Bile Duct).今日の治療指針2005年度版デスク版 東京


木村理 ,医学書院 2005;399-402(2005).

-日本胆道外科研究会-胆道癌取扱い規約に基づく胆道癌登録症例の集計―肝門部胆管癌を中心に―


宮川秀一,石原慎,堀口明彦,高田忠敬,松野正紀,高崎健,平田公一,田中雅夫,宮崎勝,木村理,島田光生,萱原正都,永川宅和 ,肝胆膵 2005;50(3):415-425(2005).

胆道外科 Standard & Advanced Techniques週刊医学界新聞第2659号(7)2005年11月21日掲載


高田忠敬,二村雄次 編 評者:木村理 ,医学書院(2005).

5 胆道疾患 4.胆嚢癌,消化器外科学レビュー2006最新主要文献と解説


須藤幸一,木村理 ,総合医学社 2006年5月発行p119-124(2006).

特集 消化器バイパス術の手技と工夫 切除不能胆道癌に対するバイパス手術


須藤幸一,平井一郎,木村理 ,手術 第60巻 第9号(2006.8)p1299-1305(2006).

5 胆道疾患 4.胆嚢癌 消化器外科学レビュ-2007-最新主要文献と解説-


須藤幸一,木村 理 ,株式会社総合医学社,東京 2007.3.28 : 115-120(2007).

第3章B.肝臓および胆道疾患患者の看護 1.肝臓切除術を受ける患者の看護 新体系看護学 別巻5 臨床外科看護学②


藤本博人 ,株式会社メヂカルフレンド社,東京 2007.1.17 : 166-169(2007).

第3章 4.肝臓および胆道の外科と看護 A 肝臓および胆道の外科 新体系看護学 別巻5 臨床外科看護学②


木村 理,渡邊利広,藤本博人 ,株式会社メヂカルフレンド社,東京 2007.1.17 : 146-166(2007).

特集:鏡視下手術時代の消化器手術適応 2.胆道(2)胆嚢隆起性病変


木村 理,平井一郎,森谷敏幸,渡邊利広,菅原秀一郎 ,臨床消化器内科 (in press)(2007).

特集:知っておくべき良性疾患に対する外科的処置および手術 Ⅷ.胆嚢,肝外胆道系 6.肝内結石症に対する内視鏡的治療


布施 明,木村 理 ,外科 2006 ; 68(12) : 1591-1598(2006).

特集 急性胆道炎の処置と手術~診療ガイドラインに基づく戦略~急性胆管炎を合併した膵頭部領域癌に対する処置と待期的手術


須藤幸一,木村 理 ,手術 2006 ; 60(12) : 1849-1853(2006).

胆道の外科解剖把握のKnack&Pitfalls 4)中下部胆管の外科解剖,胆嚢のリンパ流


平井一郎,木村 理 ,文光堂(in press)(2008).

5 胆道疾患 4.胆嚢癌 消化器外科学レビュー2008-最新主要文献と解説-


森谷敏幸,木村 理 ,株式会社総合医学社,東京 2008.3 : 118-125(2008).

3.消化器系の加齢変化 Ⅱ.食道.老年医学の基礎と臨床Ⅰ-認知症wp理解するための基礎知識-


木村 理,水谷雅臣 ,株式会社ワールドプランニング,東京 : 2008.6 : 82(2008).

特集 鏡視下手術時代の消化器手術適 2.胆道(2)


平井一郎,森谷敏幸,渡邊利広,菅原秀一郎,木村 理 ,臨牀消化器内科 2008 ; 23(4) : 481-487(2008).

胆道専門医講座②長期生存が可能がss胆嚢癌の基礎知識.第1回 基礎編-病理の立場から 外科解剖・病理学的視点からみた漿膜下層浸潤pT2(ss)胆嚢癌診療の問題点


木村 理,平井一郎,渡邊利広 ,胆道 2008 ; 22(2) : 217-225(2008).

〈胆道専門医講座 ②長期生存が可能なss胆嚢癌の基礎知識〉第1回 基礎編-病理の立場から 外科解剖・病理学的視点からみた漿膜下層浸潤pT2(ss)胆嚢癌診療の問題点


木村 理,平井一郎,渡邊利広 ,胆道 2008 ; 22(2) : 217-225(2008).

特集 下部胆道癌,診断・治療の最前線 下部胆道の局所解剖


木村 理,平井一郎 ,消化器外科 2007 ; 30(12) : 1693-1700(2007).

ペデ:まちをつむぐ歩道橋デザイン


 ,鹿島出版(2006).

写真で見る高速道路の技術〔コンクリート橋編〕


 ,高速道路技術センター(2005).

山岳地形を読み込んだ道路線形


 ,景観デザイン研究会(2001).

道路景観デザイン調査報告書


 ,高速道路調査会(2000).

景観に優れた斜面上の道路づくり 斜面上の高架橋採用に向けて


 ,自然地域における 道路構造物の景観デザイン・Ⅱ,景観デザイン研究会(1997).

歴史の道・再発見第1巻 平泉からロシア正教まで 


井ヶ田良治他編 ,フォーラム・A (1994).

街道の日本史11 最上川と羽州浜街道


横山昭男編 ,吉川弘文館(2001).

北海道におけるファ-ムインの現状と評価


高田哲也,佐藤洋平,石川雅也 ,農村計画論文集,第2集,農村計画学会誌第19巻別冊(2000).

南極氷床から探るエアロゾル循環, 北海道大学大学院地球環境科学研究科角皆静男教授退官記念誌「地球化学的輪廻と地球環境変化」, 51-57, 2002.


 ,(2002).

東北中央自動車道における鋳物廃砂のリサイクルの取り組みについて。


阿子島 功・佐藤 昭・武藤克実 ,高速道路と自動車,46-6,pp.73-77(2003).

青海シルクロードの自然環境――谷あいの道、水草の道、緑洲の道、氷原の道.


 ,シルクロード学研究, 14, p.37-84(2002).

街道の日本史11 最上川と羽州浜街道


 ,(2001).

街道の日本史11 最上川と羽州浜街道


横山昭男 ,吉川弘文館(2001).

道の駅「ハチ北」の地中熱による路面温度制御と融雪効果


渡邊洋・福原輝之・横山孝男・伊藤利和・河合源悟 ,日本雪工学会誌,Vol. 18,No. 2(2002).

「道元と救済思想」『禅といま』


 ,大本山永平寺(2002).

ニューラルネットを用いた移動ロボット車における軌道生成時間の短縮, システム制御情報学会論文誌, Vol. 13, No. 5, pp. 250-257, 2000


大友照彦, 大槻恭士 , (2000).

自然観察フィールドガイド みなみ北海道の森・川・海


自然史研究ネットワーク2000「みなみ北海道」 ,北海道新聞社(1997).

鉄道業における男女混合職化の進展


 ,私鉄文化 第17号(2000).

剣道における「先」の意味の検討-近代における剣道指導書を中心に-


竹田隆一 ,山形大学教育実践研究第7号 山形大学教育学部附属教育実践センター(1998).

米沢市の歩道の融雪に関する研究


青木勝博 , (財)山形大学産業研究所研究奨励金実績報告書、pp.35-40(2000).

A Hlawka type inequality and its converse,北海道大学数学講究録


岡崎悦明・高橋泰嗣 , (1998).

ニューラルネットを用いた移動ロボット車の軌道生成時間の短縮


大友照彦、大槻恭士 ,システム制御情報学会論文誌,13、5(2000).

雪国の生活と高速道路-現状と課題-


 ,(財)高速道路調査会編『高速道路と自動車』第34巻第2号(1991).

山形自動車道の整備効果


山形道づくり評価研究会 ,山形道づくり評価研究会(1998).

善意志とそれを成り立たせる形式的制約についての考察―『道徳形而上学の基礎づけ』22a-30b/10a-14aの読解―


 ,山形大学紀要(人文科学),第14巻第4号(2001).

王心斎の師道論・明哲保身論


 ,山形大学紀要(人文科学),第13巻第3号(1996).

論理的可能性と経験―カントの批判哲学に至る道―


 ,東北哲学会年報,13(1997).

『道成寺縁起』-川を渡る蛇女房


 ,学燈社, 国文学43-5(1998).

クリュニ-修道制の終焉


 , 山形大学紀要(社会科学)、31(1)(2000).

学社・学家連携への模索,道徳と教育,41(3・4)(1996)


 , (1996).

道徳授業の問題点――,山形大学紀要(教育科学),10(3)(1992)


 , (2001).

道徳授業分析――くもの糸――,山形大学教育実践研究,4(1995)


 , (2001).

指定研究の有効性と課題-道徳教育に対する意識調査より-


 ,道徳と教育第43巻 第1・2号合併号 日本道徳教育学会(1997).

剣道指導書における面打撃運動の技術表記に関する研究 ー運動の局面構造の視点からー


 ,山形大学教育実践研究 第10号(2001).

宮城県中学校・高等学校の教科体育における武道の実態


斎藤浩二 ,仙台大学紀要31巻 1号 (1999).

明治・大正期の剣道指導書にみられる面の技術表記に関する研究 ー面の局面構造の視点からー


山形大学紀要 12巻 3号  , (2000).

昭和期の剣道指導書にみられる面の技術表記に関する研究 ー運動の局面構造に視点からー


 ,山形大学教育実践研究 第7号 (2000).

日本武道の特性について


 , (2000).

武道における精神性の捉え方についての研究,山形大学紀要(教育科学),11(3)(1996)


 , (1996).

剣道の足構えの違いと動作特性の解析


直原幹 ,新潟体育学研究(1996).

剣道における対人運動技能についての研究,山形大学紀要,,11(1)(1994)


 ,(2001).

剣道における「先」の意味の検討-近代における剣道指導書を中心に-山形大学教育実践研究,7(1998)


 , (2001).

剣道の足構えの違いと動作特性の解析,新潟体育学研究15(1997)


 ,(2001).

滑川道夫読書指導論研究


 ,読書科学,159(日本読書学会)(1997).

滑川道夫読書指導論への成溪教育思想の影響


 ,読書科学,161(日本読書学会)(1997).

滑川道夫読書指導論における児童文化的視点


 ,日本語と日本文学,26(筑波大学国語国文学会)(1998).

滑川道夫の児童文化観と読書指導論


 ,人文科教育研究,26(人文科教育学会)(1999).

滑川道夫の児童観・児童文化観の特質


 ,人文科教育研究,27(人文科教育学会)(2000).

渡来僧の世紀――蘭渓道隆


 ,歴史と地理527(1999).

道徳教育を楽しくNo.3 価値・状況・判断をバランスよく


 ,明治図書(1996).

自作地域資料研究会 道徳指導資料集


 ,文渓堂(1996).

自作地域資料研究会 道徳指導資料集No.2


 ,文渓堂(1998).

パイディア第21号 教師の道徳教育に対する意識Ⅱ


 ,山形大学教育学教室(1998).

道徳と教育第44巻第2号 コミュニティーと道徳教育


 , 道徳と教育第44巻 日本道徳教育学会 第2号(1999).

道徳と特別活動第17巻第9号 「命の教育」への出発点


 ,文渓堂(2000).

パイディア第24号 <問い>としての道徳教育


 ,山形大学教育学教室(2001).

学校の病理とマスコミの病理ー教育報道のアカウンタビリティー


 ,日本教育会・日本教育(第271号)(1999).

いじめと報道倫理


 ,教育新聞社・教育新聞(第1960号~第2016号)(1998).

いじめ事件と報道倫理ー学校の病理とマスコミの病理ー


 ,羽陽短期大学・羽陽短期大学紀要(第6巻・第2号)(2000).

道徳教育と人格の完成


 ,日本道徳教育学会・道徳と教育(262号)(1987).

批判哲学への途上で-カントの思想の諸道程-(ヒンスケ著),晃洋書房(1995)(共訳)


 ,(2001).

橋梁道路における霜の発生に及ぼす橋梁微気象の影響とすべり抵抗


渡邊洋・木曽忠幸・福原輝幸 ,日本雪工学会誌,Vol. 16,No. 2(2000).

サーマルマッピングによる冬期道路の路面温度特性


渡邊洋・福原輝幸 ,日本雪工学会誌, Vol. 14,No. 2(1998).

橋梁での微気象が生む橋梁道路と大気との間の熱・水分移動特性と路面結露凍結現象


木曽忠幸・渡邊洋・福原輝幸 ,水工学論文集,Vol. 41(1997).

橋梁道路と大気との間の熱・水分輸送と路面凍結現象


渡邊洋・福原輝幸 ,水工学論文集,Vol. 39(1995).

橋梁道路と大気との間の熱・水分輸送と路面凍結現象


渡邊洋・福原輝幸 ,水工学論文集,Vol. 39(1995).

茨戸湖における塩分成層形成時の水質環境の変化とその要因 北海道環境科学研究センタ-所報 25: 45-57. (1998) 


三上英敏,日野修次,高野敬志,五十嵐聖貴,坂田康一,藤田隆男 ,北海道環境科学研究センタ-(1998).

北海道における湖沼の汚濁と藻類の異常発生 地球環境 4: 4-12. (1996)


 ,地球環境(1996).

北海道内52湖沼におけるプランクトン優占種について 北海道環境科学研究センター所報 23: 35-47. (1996)


五十嵐聖貴,日野修次,三上英敏,坂田康一 ,北海道環境科学研究センタ-(1996).

過栄養湖茨戸湖(北海道)の浮遊性藻類の遷移に対する温度の影響 藻類 45: 89-93.


高野敬志,日野修次 ,藻類(1997).

指定研究の有効性と課題,道徳と教育,43(1・2)(1997)


 , 日本道徳教育学会(1997).

小・中学校における道徳教育に関する調査報告書


 ,山形大学教育学部伊勢研究室(2000).

< 問い>としての道徳教育 第16章 小・中学校における道徳教育は何を目指しているのだろうかー道徳教育の目標と内容ー 


沼田裕之 , 福村出版(2000).

<問い>としての道徳教育  第18章 道徳教育と他領域における教育活動はどのような関連があるだろうかー道徳と他領域の教育活動との関連ー)


沼田裕之 ,福村出版(2000).

<問い>としての道徳教育 第17章 道徳教育はどのように計画し指導すべきだろうかー道徳教育の計画と指導法ー 


沼田裕之 ,福村出版(2000).

日本社会の変化と道徳教育,道徳と教育,43(1)


 ,日本道徳教育学会(1997).

道徳教育で心豊かに生きる力を,道徳と教育,45(3)


 ,日本道徳教育学会(2000).

心の教育と家庭の役割,道徳と教育,44(2)


 ,日本道徳教育学会(1999).

道徳教育にかかわる現在の問題状況,道徳と教育,43(3)


 ,日本道徳教育学会(1998).

公民教育と道徳教育との関連,道徳と教育,42(1)


 ,日本道徳教育学会(1996).

個性を培う全人教育,道徳と特別活動,15(1)


 ,文渓堂(1998).

本道寺檀那場帳にみる檀那場の競合ー文翔館所蔵長井氏資料(出羽三山関係)の紹介を兼ねて


 ,山形民俗11・12(1998).

道中記にみる霊地


新人物往来社 ,日本「霊地・巡礼」総覧 別冊歴史読本68(1996).

「西吾妻の歩道整備に関するモニタリング調査」


斎藤員郎、樫村利道、青柳和良、辻村東国、西川守 ,東北森林管理局・興林コンサルタンツ(2001).

「西吾妻の歩道整備に関するモニタリング調査」


斎藤員郎、樫村利道、青柳和良、辻村東国、西川守 ,東北森林管理局・興林コンサルタンツ(2001).

国道47号線余目-鳴子間の積雪の化学組成の変化.


石橋宜衡・柳澤文孝・阿部修 ,寒地技術論文集,15,401-406.(1999).

北海道利尻島の湿性降下物の溶存成分と硫酸イオンのイオウ同位体比.


柳澤文孝・本山玲美・古川碧・北原弘巳・川端明子・上田晃 ,寒地技術論文集,15,415-422.(1999).

洪煕から宣徳へ-北京定都への道-


中国史学会  ,中国史学 第3巻(1993).

内科学(肝臓・胆道系疾患:肝の嚢胞性疾患、血管性病変)


黒川清、松沢佑次 ,文光堂(1999).

12の都道府県調査からみる中学校家庭科教育の実施状況(1)-家庭科教員の実態ー


 , 日本家庭科教育学会(1999).

12の都道府県調査からみる中学校家庭科教育の実態(2)-実施状況及び県別比較ー


 ,日本家庭科教育学会(1999).

西尾実の道元研究にみる言語生活の探求


 ,山形大学紀要(教育科学)(1997).

西尾実の「中世的なもの」と「言語生活」-「世阿弥の芸道教育論」を中心に-


 ,日本国語教育学会(1997).

広場と道一都市空地の復権に向けて-,『山形の道』,山形県生涯学習人材機構(1993)


 ,(2001).

材料・道具の工夫で自信をつけるアイデア-創って育てるの子どもの造形 (第6号)


 , 明治図書(2000).

道路整備による生活機会向上効果の評価、「地域経済における地域情報網についての研究」


山田孝子 ,平成8~10年度科研費補助金一般B(2)研究成果報告書(1999).

高瀬山遺跡(市道西線)発掘調査報告書II.寒河江市の最上川北岸氾濫原の微地形と遺跡立地


 ,寒河江市教育委員会(1997).

北海道の国有林問題とはなにか-守るべきはその自然と森林-,北海道の自然,35(1997)


 ,(2019).

北海道有珠火山溶岩の鉱物組成――珪長質マグマの分化――,山形大学紀要(自然科学),12(4)(1991)


 ,(2019).

社会林業と林内殖民制度-北海道拓殖政策の歴史的教訓-,林業経済研究,123(1993)


 ,(2019).

奨励金脱却への道,農業と経済,別冊-「新政策」を問う-,富民協会(1992)


 ,(2019).

著書 複式簿記を使いこなす,農山漁村文化協会,1998年,井浦亮一の米づくり道場,日刊工業新聞社,1995年


 ,(2019).

おくのほそ道,三省堂教材システム(1993)


 ,(2019).

『おくのほそ道』を読む(1),山寺芭蕉記念館紀要,3(1998)


 ,(2019).

R.M.ヘアー道徳哲学に於ける選好功利主義への移行過程に関する書誌学的考察,駒澤大学仏教経済研究,23(1994)


 ,(2019).

前期M.M.ヘアー道徳哲学に於ける価値判断の指図的特性に関する理論の基礎的研究,曹洞宗研究紀要,27(1996)


 ,(2019).

食道癌の放線線治療成績,山形医学,12(1993)


 ,(2019).

著明な低酸素血症を呈した原発性肺高血圧症と思われた症例の麻酔管理に経食道心エコーは有用であった,日本臨床麻酔学会誌,18(3)(1998)


 ,(2019).

QOLからみた肝硬変合併食道静脈瘤に対するEIS施行例の検討,第11回東北胃食道静脈瘤治療研究会,98/05/30


 ,(2019).

ゼミナール現代剣道,窓社(1992)


 ,(2019).
業績…