鷹山 (C)1996-2021 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
バーチャル卒業式やりませんか?
【業績】 リチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウムの不働態化

ID⇒#14262@業績;
要約【業績】立花和宏、佐…らは、2001年にリチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウムの不働態化について報告し、リチウムイオン二次電池の正極集電体に使われるアルミニウムは有機電解液で不働態化する。その不働態化機構は高電場機構であり、水溶液中の反応機構と同じである。しかし水溶液中では溶媒の水がアルミニウム…と述べている⇒#14262@業績;。
著作タイプ論文
管理者立花 和宏
管理所属環境エネルギー化学講座
著者立花 和宏佐藤 幸裕仁科 辰夫遠藤 孝志松木 健三小野 幸子
筆頭著者立花 和宏
出版社(発行者)Electrochemistry, Vol. 69, No.9, pp.670-680
発行年月日2001/09/01
関連講義リチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウムの不働態化
PME形式立花和宏、佐藤幸裕、仁科辰夫、遠藤孝志、松木健三、小野幸子,リチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウムの不働態化,Electrochemistry, Vol. 69, No.9, pp.670-680,2001/09/01
一般形式立花和宏、佐藤幸裕、仁科辰夫、遠藤孝志、松木健三、小野幸子,リチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウムの不働態化,Electrochemistry, Vol. 69, No.9, pp.670-680(2001).
その他J-GLOBAL MS_Academic CiNii
関連外部URL
内容

リチウムイオン二次電池正極集電体に使われるアルミニウム有機電解液不働態化するその不働態化機構高電場機構であり水溶液中の反応機構と同じであるしかし水溶液中では溶媒アルミニウム反応して酸化皮膜形成するのに対して有機電解液中では電解質アルミニウム反応してフッ化皮膜形成するフッ化皮膜アノダイジングレシオは約1.75nm/Vアノダイジングレシオ x 〔m/V

業績立花和宏…らは2003年にリチウムイオン二次電池用の正極集電体アルミニウムついてについて報告し章は不働態化ついて書いていますリチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウムの不働態化1) 博士論文です リチウム二次電池における正極集電体アルミニウムの有機電解液中の電気化学的挙動2) 関連講義エネルギー変換化学特論,リチウム次電池のアルミニウム集電体…と述べているリチウムイオン二次電池用の正極集電体アルミニウムについて3)

皮膜通過する電流密度高電場機構

関連講義

2001年度平成13卒業研究4)

5)

6)

刊行物2001_H137)

追記

イオン性液体でも反応しましたイオン性液体中でのアルミニウムの不働態化について

リチウム電池駆動電解液中におけるアルミニウム不働態皮膜生成.docC:\Documents and Settings\tachibana.AM\デスクトップ\05-01(1)リチウム電池駆動電解液中におけるアルミニウムの不働態皮膜生成.doc8)

論文たちばなアルミニウム【論文】たちばな;アルミニウムのアルミニウムの不働態化

立花和宏佐藤幸裕仁科らは2001年ににゅうりょくしますについてリチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウムの不働態化9) (1) リチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウム不働態化立花和宏佐藤幸裕仁科辰夫遠藤孝志述べているリチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウムの不働態化10)