鷹山 (C)1996-2020 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
バーチャル卒業式やりませんか?
【業績】 特許特願2001-51689 非水溶液を用いたリチウム二次電池

ID⇒#14625@業績;
要約【業績】立花和宏、尾…らは、2001年に特許特願2001-51689 非水溶液を用いたリチウム二次電池について報告し、出願番号 特許出願2001-051689 公開番号 特許公開2002-260728 (22)【出願日】平成13年2月27日(2001.2.27) (43)【公開日】平成14年9月…と述べている⇒#14625@業績;。
著作タイプ特許
管理者立花 和宏
管理所属環境エネルギー化学講座
著者立花和宏、尾形健明、仁科辰夫、遠藤孝志、佐藤幸裕、藤原徹、鈴木智統
出版社(発行者)特許特願2001-51689
発行年月日2001/01/01
関連講義論文・報告書・解説など
PME形式立花和宏、尾形健明、仁科辰夫、遠藤孝志、佐藤幸裕、藤原徹、鈴木智統,特許特願2001-51689 非水溶液を用いたリチウム二次電池,特許特願2001-51689,2001/01/01
一般形式立花和宏、尾形健明、仁科辰夫、遠藤孝志、佐藤幸裕、藤原徹、鈴木智統,特許特願2001-51689 非水溶液を用いたリチウム二次電池,特許特願2001-51689(2001).
その他J-GLOBAL MS_Academic CiNii
関連外部URL
内容出願番号 特許出願2001-051689
公開番号 特許公開2002-260728
(22)出願日平成1327200127
(43)公開日平成1413200213


(57)要約
目的 充放電繰り返しても放電容量の低下が少ないリチウム次電池提供する
構成 リチウム複合酸化物正極活性物質ッ素含むアニオンリチウム主電解質不動態皮膜形成される金属正極集電体するリチウム次電池において酸素供与物質として副電解質に含酸素リチウム塩又は水分が添加されている含酸素リチウム塩には塩素酸リチウムヨウ素酸リチウム炭酸リチウムケイリチウム水酸化リチウム等がある正極集電体表面不動態皮膜覆われるバルブメタルステンレス鋼が使用される
効果 酸素供与物質によって正極集電体表面の不動態皮膜が強化されるため電池性能低下が抑制される


--------------------------------------------------------------------------------

特許請求の範囲
請求項 リチウム複合酸化物正極活性物質ッ素含むアニオンリチウム主電解質不動態皮膜形成される金属正極集電体するリチウム次電池において副電解質に酸素供与物質が添加されていること特徴する非水電解液用いたリチウム次電池
請求項 酸素供与物質が水分及び硝酸リチウム塩素酸リチウムヨウ素酸リチウム炭酸リチウムケイリチウム水酸化リチウムから選ばれた種又は種以上の含酸素リチウム塩である請求項記載のリチウム次電池
請求項 正極集電体アルミニウムタンタルチタンハフニウムジルコニウム亜鉛タングステンビスマスアンチモンから選ばれた金属又は合金或いはステンレス鋼である請求項記載のリチウム次電池
請求項 ッ素含むアニオンリチウム塩がLiBF4LiPF6LiAsFLiSbF6LiCF3SO3Li(CF3SO2)2Li(CF3SO2)3Cから選ばれた種又は種以上である請求項記載のリチウム次電池