鷹山 (C)1996-2021 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
バーチャル卒業式やりませんか?
【業績】 Effect of Hetero-contacts at Active Material Conductive Additive…

ID⇒#16028@業績;
要約【業績】Kazuhi…らは、1998年にEffect of Hetero-contacts at Active Material Conductive Additives on Lithium Intercalation/Deintervalation of LiCoO2 について報告し、リチウムイオン二次電池の正極の構造について炭素導電材の異種界面接触について検討した。 【関連講義】 卒業研究(C1-電気化学グループ-2004~2005),集電体|導電助材⇒#2070…と述べている⇒#16028@業績;。
著作タイプ論文
管理者立花 和宏
管理所属環境エネルギー化学講座
著者Kazuhiro Tachibana,  Tatsuo Nishina,  Takashi Endo,  and Kenzo Matsuki
筆頭著者立花 和宏
出版社(発行者)Denki Kagaku, Vo.66, No.12, pp.1248-1252
発行年月日1998/12/05
関連講義論文・報告書・解説など
PME形式Kazuhiro Tachibana, Tatsuo Nishina, Takashi Endo, and Kenzo Matsuki,Effect of Hetero-contacts at Active Material Conductive Additives on Lithium Intercalation/Deintervalation of LiCoO2 ,Denki Kagaku, Vo.66, No.12, pp.1248-1252,1998/12/05
一般形式Kazuhiro Tachibana, Tatsuo Nishina, Takashi Endo, and Kenzo Matsuki,Effect of Hetero-contacts at Active Material Conductive Additives on Lithium Intercalation/Deintervalation of LiCoO2 ,Denki Kagaku, Vo.66, No.12, pp.1248-1252(1998).
その他J-GLOBAL MS_Academic CiNii
関連外部URL
内容リチウムイオン二次電池正極構造について炭素導電材の異種界面接触について検討した

関連講義
卒業研究C1-電気化学グループ-20042005,集電体|導電助材1)
卒業研究C1-電気化学グループ-20042005,コバルトリチウム層状岩塩型2)

1998123)

論文たちばなリチウムイオン二次電池正極構造について炭素導電材の異種界面接触4)
関連講義卒業研究-電気化学2004,炭素導電助材に対する異種接触19985)

関連講義卒業研究-電気化学2004,1998年度平成10卒業研究6)

結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体|導電助材,電極に内在する界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

実験方法 > 材料&試 > 活物質 > 正極活物 > コバルト酸リチウム(層状岩塩型),正極活物質
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

1998年12月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

【論文】たちばな;リチウムイオン二次電池の正極の構造について炭素導電材の異種界面接触
立花 和宏, 研究ノート, (2008).

結果と考 > 論文・報 > 刊行物@ > 炭素導電助材に対する異種接触(1998),刊行物@C1(1998◆H10)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1998).

緒言(C > C1履歴 > 【1998年度(平成10)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1998).

(1結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体|導電助材,電極に内在する界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(2実験方法 > 材料&試 > 活物質 > 正極活物 > コバルト酸リチウム(層状岩塩型),正極活物質
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(31998年12月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).
(4【論文】たちばな;リチウムイオン二次電池の正極の構造について炭素導電材の異種界面接触
立花 和宏, 研究ノート, (2008).
(5結果と考 > 論文・報 > 刊行物@ > 炭素導電助材に対する異種接触(1998),刊行物@C1(1998◆H10)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1998).
(6緒言(C > C1履歴 > 【1998年度(平成10)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1998).