鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【業績】 特許出願2004-56767:ニオブを用いた固体電解コンデンサ

ID⇒#16722@業績;
要約【業績】…らは、2004年に特許出願2004-56767:ニオブを用いた固体電解コンデンサについて報告し、(54)【発明の名称】ニオブを用いた固体電解コンデンサ バルブメタルとしてニオブを用いてなる固体電解コンデンサにおいて、化成酸化皮膜にカソード材料として炭素を圧着し、これをアノードとして…と述べている⇒#16722@業績;。
著作タイプ特許
管理者立花 和宏
管理所属環境エネルギー化学講座
著者 
出版社(発行者)特許出願2004-26767
発行年月日2004/03/01
関連講義論文・報告書・解説など
PME形式,特許出願2004-56767:ニオブを用いた固体電解コンデンサ,特許出願2004-26767,2004/03/01
一般形式,特許出願2004-56767:ニオブを用いた固体電解コンデンサ,特許出願2004-26767(2004).
その他J-GLOBAL MS_Academic CiNii
関連外部URL
内容(54)発明の名称ニオブ用いた固体電解コンデンサ

バルブメタルとしてニオブ用いてなる固体電解コンデンサにおいて化成酸化皮膜カソード材料して炭素圧着しこれアノードして使用することによって解決する

出願番号 : 特許出願200456767 出願日 : 2004
公開番号 : 特許公開2005251808 公開日 : 200515
出願人 : 独立行政法人科学技術振興機構 発明 : 立花 和宏

発明の名称 : ニオブ用いた固体電解コンデンサ

課題 バルブメタルとしてニオブ用いてなる固体電解コンデンサにおいてニオブの熱負荷による漏れ電流軽量化に寄与する手段によって解決しようというものである
解決手段 ニオブ所定耐電圧までアノード化成処理得られた化成酸化皮膜にカソード材料して炭素圧着しこれアノードして使用することによって解決する

氏名立花 和宏
氏名尾形 健明
氏名仁科 辰夫
氏名遠藤 孝志
氏名伊藤
氏名田中 良樹

特許特願2004-056767固体電解コンデンサ
特許ニオブ用いた固体電解コンデンサ 1)

関連講義卒業研究-電気化学2004,ニオブとその化合物2)