鷹山 (C)1996-2020 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
バーチャル卒業式やりませんか?
【業績】 Asymmetric Power Characteristics at High Rate Charging/Dischargi…

ID⇒#17733@業績;
要約【業績】K. Tac…らは、2007年にAsymmetric Power Characteristics at High Rate Charging/Discharging as a Function of Crystal Structure of Cathode Active Materials for Lithium Secondary Batteriesについて報告し、リチウムイオン二次電池の活物質の高速充放電について検討し、スピネルの方が高速特性における対称性がよいことを見出した。 はらは、2007年に、それまでの研究をクエン酸錯体法によるリチウムイ…と述べている⇒#17733@業績;。
著作タイプ論文
管理者立花 和宏
管理所属環境エネルギー化学講座
著者K. Tachibana, A. Hara, T. Nishina, T. Endo, and M. Sugawara
出版社(発行者)ITE Letters 8(2): pp.124-128
発行年月日2007/04/01
関連講義論文・報告書・解説など
関連シラバス卒業研究(C1-電気化学2004~)
PME形式K. Tachibana, A. Hara, T. Nishina, T. Endo, and M. Sugawara,Asymmetric Power Characteristics at High Rate Charging/Discharging as a Function of Crystal Structure of Cathode Active Materials for Lithium Secondary Batteries,ITE Letters 8(2): pp.124-128,2007/04/01
一般形式K. Tachibana, A. Hara, T. Nishina, T. Endo, and M. Sugawara,Asymmetric Power Characteristics at High Rate Charging/Discharging as a Function of Crystal Structure of Cathode Active Materials for Lithium Secondary Batteries,ITE Letters 8(2): pp.124-128(2007).
その他J-GLOBAL MS_Academic CiNii
関連外部URL
内容リチウムイオン次電池の活物質の高速充放電について検討しスピネルの方が高速特性における対称性がよいこと見出した

はらは2007年にそれまでの研究クエン酸錯体法によるリチウムイオン次電池正極活物質の合成とハイレート特性評価というテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した1)

 啓…らは2006年に東京都江戸川区で開催された第47回電池討論会においてリチウムイオン次電池正極活物質の結晶構造と高速充放電時におけるの非対称性について報告している2)

関連講義卒業研究-電気化学2004,刊行物2007◆H193)