鷹山 (C)1996-2020 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
バーチャル卒業式やりませんか?
【業績】 Breakdown Potential and Leakage Current of Aluminum in Ionic Liq…

ID⇒#17735@業績;
要約【業績】Y. Tan…らは、2007年にBreakdown Potential and Leakage Current of Aluminum in Ionic Liquidsについて報告し、イオン液体中における絶縁破壊電圧について調べた。 【物理量】リーク電流⇒#451@物理量; 立花和宏らは2007年に非水カソード材料とアルミニウム不働態皮膜のブレークダウン電位 に…と述べている⇒#17735@業績;。
著作タイプ論文
管理者立花 和宏
管理所属環境エネルギー化学講座
著者Y. Tanaka, K. Tachibana, T. Endo, T. Nishina, L. Yang, T. Ogata and M. Sugawara
出版社(発行者)ITE Letters 8(3): pp.225-229
発行年月日2007/06/01
関連講義論文・報告書・解説など
関連シラバス卒業研究(C1-電気化学2004~)
PME形式Y. Tanaka, K. Tachibana, T. Endo, T. Nishina, L. Yang, T. Ogata and M. Sugawara,Breakdown Potential and Leakage Current of Aluminum in Ionic Liquids,ITE Letters 8(3): pp.225-229,2007/06/01
一般形式Y. Tanaka, K. Tachibana, T. Endo, T. Nishina, L. Yang, T. Ogata and M. Sugawara,Breakdown Potential and Leakage Current of Aluminum in Ionic Liquids,ITE Letters 8(3): pp.225-229(2007).
その他J-GLOBAL MS_Academic CiNii
関連外部URL
内容イオン液体中における絶縁破壊電圧について調べた

物理量リーク電流1)

立花和宏らは2007年に非水カソード材料アルミニウム不働態皮膜ブレークダウン電位 ついて非水カソード材料アルミニウム不働態皮膜ブレークダウン電位 「あんまりぴったり直線にのったので自分でも信じられないです在学中にこんなきれいなデータにめぐり合えるなんて思いませんでしたと述べている2)


関連講義卒業研究-電気化学2004,アルミニウムイオン液体界面3)
関連講義卒業研究-電気化学2004,刊行物2007◆H194)