鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【業績】 Effect of Hydrophilic Conductive Polymers as Cathode Materials o…

ID⇒#17736@業績;
要約【業績】K. Tac…らは、2007年にEffect of Hydrophilic Conductive Polymers as Cathode Materials on Insulating Property of Niobium Anodic Oxide Filmについて報告し、親水性導電性高分子がニオブアノード酸化皮膜に及ぼす影響について調べた あかみねは、2007年に、それまでの研究を二オブアノード酸化皮膜の絶縁性と表面欠陥の解析というテーマで修士論文として…と述べている⇒#17736@業績;。
著作タイプ論文
管理者立花 和宏
管理所属環境エネルギー化学講座
著者K. Tachibana, H. Akamine, K. Tate, T. Endo, T. Nishina, and M. Sugawara
出版社(発行者)ITE Letters 8(3): pp.230-233
発行年月日2007/06/01
関連講義論文・報告書・解説など
関連シラバス卒業研究(C1-電気化学2004~)
PME形式K. Tachibana, H. Akamine, K. Tate, T. Endo, T. Nishina, and M. Sugawara,Effect of Hydrophilic Conductive Polymers as Cathode Materials on Insulating Property of Niobium Anodic Oxide Film,ITE Letters 8(3): pp.230-233,2007/06/01
一般形式K. Tachibana, H. Akamine, K. Tate, T. Endo, T. Nishina, and M. Sugawara,Effect of Hydrophilic Conductive Polymers as Cathode Materials on Insulating Property of Niobium Anodic Oxide Film,ITE Letters 8(3): pp.230-233(2007).
その他J-GLOBAL MS_Academic CiNii
関連外部URL
内容親水性導電性高分子ニオブアノード酸化皮膜及ぼす影響について調べた

あかみねは2007年にそれまでの研究オブアノード酸化皮膜の絶縁性と表面欠陥の解析というテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した1)

たては2008年にそれまでの研究ポリマーマトリクス中の物質移動が電池反応に及ぼす影響というテーマで修士論文としてまとめ山形大学卒業した2)

関連講義卒業研究-電気化学2004,刊行物20073)