鷹山 (C)1996-2020 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
バーチャル卒業式やりませんか?
【業績】 EPR Spectroscopy using Magnetic Field Gradient Modulated by a Tr…

ID⇒#18215@業績;
要約【業績】Tomohi…らは、2008年にEPR Spectroscopy using Magnetic Field Gradient Modulated by a Triangular Waveについて報告し、三角波による磁場勾配変調によるESR分光法について論じている。 磁場勾配変調はサンプルの選択された領域で電子スピン共鳴(EPR)スペクトルを得るテクニックの1つである。この研究では、三角…と述べている⇒#18215@業績;。
著作タイプ論文
管理者伊藤 智博
管理所属学術情報基盤センター
著者Tomohiro Ito, Hidekatsu Yokoyama , Junji Watanabe, Shuhei Takaiwa, Tateaki Ogata
出版社(発行者)Appl. Magn. Reson., ,35(1) ,143-153 (2008)
発行年月日2008/11/01
関連講義交流重畳サイクリックボルタンメトリーとin situ ESR法(2010)
関連シラバス卒業研究(C1-電気化学2004~)
PME形式Tomohiro Ito, Hidekatsu Yokoyama , Junji Watanabe, Shuhei Takaiwa, Tateaki Ogata,EPR Spectroscopy using Magnetic Field Gradient Modulated by a Triangular Wave,Appl. Magn. Reson., ,35(1) ,143-153 (2008),2008/11/01
一般形式Tomohiro Ito, Hidekatsu Yokoyama , Junji Watanabe, Shuhei Takaiwa, Tateaki Ogata,EPR Spectroscopy using Magnetic Field Gradient Modulated by a Triangular Wave,Appl. Magn. Reson., ,35(1) ,143-153 (2008)(2008).
その他J-GLOBAL MS_Academic CiNii
関連外部URL
内容三角波による磁場勾配変調によるESR分光法ついて論じている

磁場勾配変調サンプル選択された領域で電子スピン共鳴(EPR)スペクトル得るテクニ1つであるこの研究では三角波使用する磁場勾配変調正弦波変調問題改善するために実行されたプラスチ材料160Hz以上の周波数で渦電流損失抑えて立体的な方向に磁場勾配コイル運転する電磁石に関するとして使用されたスペクトル解析問題ある非選択された領域でEPR信号はシミュレーション実測によって正弦波による勾配変調では分かれて観察されたが三角波変調分かれずに広がって観察されたしたがって三角波正弦波より磁場勾配変調に適しているのが仮定される空間分解能1cmまたは2mT/cmの磁場勾配強度それぞれ約4または2mmであること決定したまた三角波よる磁場勾配変調によって2つのタイプラジカルEPRスペクトル分離した

三角波用いた磁場勾配変調によるESR分光法によって局所領域のラジカル測定可能になりその空間分解能は2mT/cmの磁場勾配強度2mmに達し2種類ラジカル分離きること明らかにした




関連&発展発表
城石知紀,伊…らは2009年に神戸大学 年記念館ホール瀧川記念学術交流会館で開催された第48回電子スピンサイエンス学会年会において小動物対応磁場焦点ESR法のためのループギャ共振器用低渦電流シールドケース開発ついて報告している小動物対応磁場焦点ESR法のためのループギャップ共振器用低渦電流シールドケースの開発1)

伊藤智博,城…らは2009年にパンパシフィ横浜ベイホテル東急で開催された第37 日本磁気共鳴医学会大会において交流磁場勾配よる磁場焦点ESR法の現状と問題点について報告している交流磁場勾配による磁場焦点ESR法の現状と問題点2)

じゅんじは2006年にそれまでの研究ピンポイント電子スピン共鳴法に関する研究というテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業したピンポイント電子スピン共鳴法に関する研究3)


http://www.sprin…