鷹山 (C)1996-2020 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
バーチャル卒業式やりませんか?
【業績】 リチウムイオン二次電池用電極スラリーの設計用電池性能評価法

ID⇒#18224@業績;
要約【業績】立花和宏…らは、2011年にリチウムイオン二次電池用電極スラリーの設計用電池性能評価法について報告し、リチウムイオン二次電池の多くは正負それぞれの集電体箔にスラリーを塗布・乾燥して電極とし、その電極箔にセパレータを挟んでパッケージングして製造する。ビデオカメラや携帯電話用などの小型リチウムイオ…と述べている⇒#18224@業績;。
著作タイプ著書
管理者立花 和宏
管理所属環境エネルギー化学講座
著者立花和宏
筆頭著者立花 和宏
出版社(発行者)配管技術
発行年月日2011/04/15
研究ノート【執筆】配管技術
関連講義電極スラリーの設計用電池性能評価法(2011)
PME形式立花和宏,リチウムイオン二次電池用電極スラリーの設計用電池性能評価法,配管技術,2011/04/15
一般形式立花和宏,リチウムイオン二次電池用電極スラリーの設計用電池性能評価法,配管技術(2011).
その他J-GLOBAL MS_Academic CiNii
関連外部URL
内容リチウムイオン次電池の多くは正負それぞれの集電体箔にスラリー塗布乾燥して電極としその電極箔にセパレータ挟んでケージングして製造するビデオカメラ携帯電話用などの小型リチウムイオン次電池では正極活物質のコバルトリチウム導電助材カーボンブラバインダーPVdF分散媒のNMPと混練してスラリーしてアルミニウム集電体箔に塗布乾燥するのが般的であったしかし電気自動車やスマートグリなどのエネルギー用途から期待される大型化コスト高信頼性化などの時代の新たなニーズ応えるべく材料の見直しが検討されそれに伴ってスラリー設計も新たに検討されることとなった

536

立花和宏, 配管技術, Vol. 53, No.6, p.23 (2011).
関連講義卒業研究-電気化学2004,刊行物2011◆H231)

リチウムイオン次電池用電極スラリーの設計用電池性能評価法2)

エレクトロニクス分野における精密塗布乾燥技術3)

Li次電池電極材料スラリー調整4)