鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【業績】 Propozal for an accurate and rapid international electrochemical…

ID⇒#8504@業績;
要約【業績】Kazuhi…らは、1998年にPropozal for an accurate and rapid international electrochemical test for various battery materials using T-M cell(PART.4): SEM observation of LiMn2O4 positive electrode(JEC No.3) before and after the charging/discharging test in organic electrolyteについて報告し、リチウムイオン二次電池のLiMn2O4コンポジット電極について充放電サイクルによって電極がどのように変化するかを電子顕微鏡で断面観察した。 ○千葉祐毅,…らは、1997年に大阪豊中で開催…と述べている⇒#8504@業績;。
著作タイプ論文
管理者立花 和宏
管理所属環境エネルギー化学講座
著者Kazuhiro Tachibana, Tatsuo Nishina, Kenzo Matsuki and Akiya Kozawa
出版社(発行者)Progress in Batteries & Battery Materials, V.17, N., pp.265-272
発行年月日1998/01/01
関連講義論文・報告書・解説など
PME形式Kazuhiro Tachibana, Tatsuo Nishina, Kenzo Matsuki and Akiya Kozawa,Propozal for an accurate and rapid international electrochemical test for various battery materials using T-M cell(PART.4): SEM observation of LiMn2O4 positive electrode(JEC No.3) before and after the charging/discharging test in organic electrolyte,Progress in Batteries & Battery Materials, V.17, N., pp.265-272,1998/01/01
一般形式Kazuhiro Tachibana, Tatsuo Nishina, Kenzo Matsuki and Akiya Kozawa,Propozal for an accurate and rapid international electrochemical test for various battery materials using T-M cell(PART.4): SEM observation of LiMn2O4 positive electrode(JEC No.3) before and after the charging/discharging test in organic electrolyte,Progress in Batteries & Battery Materials, V.17, N., pp.265-272(1998).
その他J-GLOBAL MS_Academic CiNii
関連外部URL
内容リチウムイオン二次電池のLiMn2O4コンポジット電極について充放電サイクルによって電極がどのように変化するか電子顕微鏡断面観察した

葉祐毅,…らは1997年に大阪豊中で開催された第38回電池討論会において正極に LiMn2O4 用いたリチウム次電池の充放電挙動-活物質粒度の影響-について報告している1)

ちばは1998年にそれまでの研究種々の粒子形態有するLiMn2O4の合成とリチウム次電池用正極活物質としての評価というテーマで修士論文としてまとめ山形大学卒業した2)