鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【所属】 機能分子化学講座
学科
学科
学校
●山形大学
山形大学
山形大学工学部
■ 物質化学工学科
●鷹山
●オプション
山形大学工学部
工学部
物質化学工学科
山大スタッフ
● J-GLOBAL
リンク
物質化学工学科2003

項目
ID232
要約機能分子化学講座⇒#232@所属;
キャプション機能分子化学講座
フルネーム機能分子化学講座
よみ
英語名Group of Bioorganic Chemistry
住所
address
URLhttp://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/6277/
学校山形大学
部署山形大学 > 工学部 > 物質化学 > 機能分子化学講座
学科学校
教員リスト
オノデラ ジュンイチ,小野寺 準一
スガワラ ミチオ,菅原 陸郎
イズミ タエコ,泉 多恵子
サトウ シミオ,佐藤 志美雄
アイタ タダヒロ,會田 忠弘
サトウ シンゴ,佐藤 慎吾
イトウ カズアキ,伊藤 和明
キジマ タツロウ,木島 龍朗
クマ,E413
オオバ ヨシヒロ,大場 好弘
ウヌ,E862
アブ,E912
ヒグチ タケシ,樋口 健志
モロハシ ナオヤ,諸橋 直弥
教職員…
カリキュラム
カリキュラム…
説明
有機化学バイオ

●小野寺研究室
http://chemistry…

●佐藤慎吾研究室
http://chemistry…
ポリフェノール配糖体植物中に含まれる生理活性物質のつで血圧降下や美白効果などが期待されていますしかし植物中に含まれる量は微量であります合成方法確立されれば抽出頼ることなく目的とする物質手に入れることが出来るようになりもっと利用しやすくなるはずです最近では環境に配慮しなるべく毒性の試薬用いずに水溶液中で反応行っています

●泉多恵子研究室
http://chemistry…
生体内で起こる様々な化学反応のほとんどは酵素触媒するものでありこれらは温和な条件下で選択性が高く無駄が少ないので究極の環境にやさしい反応グリーンケミストリー言えます我々はそんな生体内反応のフラスコ中で再現したりそのモデルなる反応系や触媒開発行っています

●木島研究室
http://chemistry…
近年有機溶媒中での酵素反応注目集め, 部は工業的にも応用されている有機溶媒使用により, 水に難溶性の化合物の酵素的変換, 加水分解酵素よる合成反応が可能になるなど酵素利用範囲が飛躍的に増大すると考えられるしかしよく知られているように有機溶媒は酵素高次構造破壊し変性引き起こす場合が多い酵素複合化固定化化学修飾は有機溶媒中での酵素安定化の最も重要な手段でありさらに複合触媒しての機能向上も期待できる

●菅原研究室
http://chemistry…
廃棄される鉛電池  環境問題
電池再生利用する技術の開発
永久使用できる鉛電池の製造技術の開発
シリカゲル新しい機能
シリカゲル窒素原子導入しCo配位
電気化学応用 -電極に新規な機能の付与-
鋳物の化学と製造過程の解析酸化物で修飾したカーボン応用など

●鵜沼研究室
http://chemistry…
人間体内疾患部分に埋め込んでけが早く治したり人工骨薬剤集中的に投与したりするDDSために必要な固体合成しています人体組織よくなじみ徐々に吸収されていくような物質医療目的かなった形に作り上げることが重要なポイントです
電気通す導電性の固体や電気蓄える誘電性の固体様々に組み合わせることによって電子デバイスや集積回路が作られます現在よりも高性能の電子材料作り出すには必要な固体薄く細く速く作り上げるような化学反応の開拓が必要です当研究室では電気磁気的機能持った固体薄く細く速く作る方法研究しています右はCeO2SnO2薄膜