鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
2011/05/17
小白川キャンパス(2)消費電力 P = 825.3 kW 2011年05月17日(火)-H23 米沢キャンパス(1)消費電力 P = 1457.52 kW

(asp)
●外部リンク
● >歴史データベース
スケジュール
時間
物理
地学
講義ノート
シラバス
…過去から
2003-H15
2004-H16
2005-H17
2006-H18
2007-H19
2008-H20
2009-H21
2010-H22

4月2011年5月6月
24252627282930
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234
  (0 ,0.963335734981674 rad)

(asp)
●外部リンク
● >歴史データベース
スケジュール
時間
物理
地学
講義ノート
シラバス
2012-H24
2013-H25
2014-H26
2015-H27
2016-H28
2017-H29
2018-H30
2019-H31
未来へ…
項目
ID⇒#3@星座;
要約牡牛⇒#3@星座;
題名【星座】牡牛⇒#3@星座;
項目
ID⇒#1@恒星;
要約【恒星】アナルケナル⇒#1@恒星;
メソッド一覧戻る進む·鷹山·アメニティ研

予定表
科学フェスティバルin よねざわ 2012
教授会
物質化学工学科教員の皆様
秋田
9号館工事に伴う一部断水について
平成25年度科研費公募情報ページ
3年生の仮配属
〆切電池討論会参加
スケジュール…
講義ノート
ピカッとさいえんす

放射線と節電

エネルギー変換化学特論

電池の起電力と分解電圧(2011_H23)

無機工業化学

製塩、イオン交換膜と燃料電池、工業電解(2011B)

電気化学的手法を使ったリチウムイオン二次電池劣化解析と材料開発への応用

アルミニウム集電体の評価方法と電池性能

お散歩の中にサイエンスを探し求めて♪

地図と測量の科学館

お散歩の中にサイエンスを探し求めて♪

地図と測量の科学館(展示)

無機工業化学

非鉄金属製錬と電線、航空機、自動車部品(2011A)

情報処理概論

コンピュータ言語とアルゴリズム①~BASICとVBプログラミング~

講義ノート…

研究ノート
UPKI/学認/eduroam関係-公開資料-まとめ(~2011/4)
【講演】リチウムイオン二次電池の炭素導電助材のための分散剤の評価方法
【見学】
【技術報告】分散キャンパスを活用した複数ISP接続によるeduroamアクセス回線の冗長化について
【講演】@東京
【執筆】塗布工学
【議事】炭素分散・スラリー
2011年6月
研究ノート…
学会発表

非水溶媒系における一重項酸素の消去能評価法の研究

関連研究テーマ 古~人は、2011年に、それまでの研究を非水溶媒系における一重項酸素の消去能評価法の研究というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#511@卒論;。 DRD156⇒#1408@化学種;,一重項酸素を発生する光増感剤⇒#3637@材料;

齋藤佑, 古跡勇人, 波多野 豊平伊藤 智博尾形健明 ,みちのく分析科学シンポジウム 2011 (2011).

アゾ化合物を用いる過酸化ラジカル消去能評価法の研究

賽 那伊藤 智博尾形健明 ,みちのく分析科学シンポジウム 2011 (2011).

筆跡入力インターフェイスを用いたESRスペクトルの自動判別

剱持 亮, 寺嶋拓也, 伊藤 智博尾形健明 ,みちのく分析科学シンポジウム 2011 (2011).

磁場勾配コイル内蔵型シールドケースによる磁場焦点ESR装置の開発

森谷広樹, 城石知紀伊藤 智博尾形健明 ,みちのく分析科学シンポジウム 2011 (2011).

超酸化カリウムを用いるスーパーオキシド消去能評価法の研究 -豆類の消去能-

柳澤和貴, 伊藤 智博尾形健明, 江頭宏昌 ,みちのく分析科学シンポジウム 2011 (2011).

In vivo ESR/スピンプローブ法による抗酸化能を観るための分析手法

石川 幸佑, 渡邊里花, 伊藤 智博尾形健明 ,みちのく分析科学シンポジウム 2011 (2011).

導電助材の混練による正極活物質の結晶構造変化と電池性能

正極活物質をメカニカルミリングによって各種炭素導電助材と粉体混練すると炭素の種類によって正極活物質の結晶構造が変化する。これは炭素の表面官能基によって正極活物質のリチウムが脱離したためと考えられる。 ちあきは、2012年に、それまでの研究を正極集電体へのバインダー接触と電池の信頼性(仮)というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#472@卒論;。 もなは、2012年に、それまでの研究を炭素接触によるマンガン酸リチウムの金属価数変化(仮)というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#477@卒論;。 ○本田千秋,…らは、2011年に横浜国立大学(横浜市保土ヶ谷区常盤台79-5)で開催された電気化学会第78回大会においてリチウム電池のサイクル特性向上のための材料混合の順序とバインダーの選択について報告している⇒#288@学会;。 ミリングの効果⇒#10@表; たけ⇒#466@卒論; マンガン酸リチウム⇒#8357@試料; スピネル カーボンブラック アセチレンブラック(基準試料)⇒#10503@試料; KS-15⇒#

本田 千秋武田 浩幸八重樫 起郭立花 和宏仁科 辰夫, 松嶋雄太 ,2011年電気化学秋季大会 (2011).

災害時に備えた分散キャンパスによる情報基盤の整備

 山形大学では,ネットワークを安定に運用するために様々な試みがなされてきた.2011年3月11日に発生した東日本大震災以前には,比較的安価な商用ISPによるバックアップ回線を準備し,ファイアウォールの複数ISP接続機能とDNSのラウンドロビン機能によるインバウンド通信の冗長化技術を構築していた.震災による停電によって,この冗長化構成が施されたサーバについては,学外から本学のサービスを利用することができた.一方,この冗長化技術だけでは,学内から学外への通信はできなかったため,震災後,安否確認システムの構築,アウトバウンド通信の冗長化技術を導入した.本稿では,震災前,震災時および震災後に実施した情報基盤を取り囲む様々な対応について報告する

伊藤 智博, 高野勝美, 田島靖久, 吉田浩司 ,第6回情報系センター研究交流・連絡会議/第15回学術情報処理研究集会 ,5-11 (2011).

学会…
2017/10/24 7:45:23