鷹山 (C)1996-2018 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
2018/01/04
小白川キャンパス(2)消費電力 P = 341.1 kW 2018年01月04日(木)-H30 米沢キャンパス(1)消費電力 P = 604.92 kW

(asp)
●外部リンク
● >歴史データベース
スケジュール
時間
物理
地学
講義ノート
シラバス
…過去から
2010-H22
2011-H23
2012-H24
2013-H25
2014-H26
2015-H27
2016-H28
2017-H29

12月2018年1月2月
31123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123
45678910
  (0 ,4.95859867157978 rad)

(asp)
●外部リンク
● >歴史データベース
スケジュール
時間
物理
地学
講義ノート
シラバス
2019-H31
2020-H32
2021-H33
2022-H34
2023-H35
2024-H36
2025-H37
2026-H38
未来へ…
項目
ID⇒#11@星座;
要約山羊⇒#11@星座;
題名【星座】山羊⇒#11@星座;
項目
ID⇒#1@恒星;
要約【恒星】アナルケナル⇒#1@恒星;
メソッド一覧戻る進む·鷹山·アメニティ研
恒星
恒星…

予定表
スケジュール…
講義ノート
山形大学工学部

体育館

サイバータウン・テクノロア

ライフライン(電気・ガス・水道)

データベースアメニティ研究所

データベースアメニティ研究所の研究成果

卒業研究(C1-電気化学2004~)

研究室の冷暖房について

卒業研究(C1-電気化学2004~)

資材の調達・経費の管理

卒業研究(C1-電気化学2004~)

学会発表・出張調査

サイバータウン・テクノロア

ガバナー(官公庁・役所・消防署・警察署・税務署)

卒業研究(C1-電気化学2004~)

卒業論文題目提出

講義ノート…

研究ノート
くわいの研究
ROCm と CUDA
処理
マンガン酸リチウムの研究
tensorflow用ubuntu serverのUSBインストール
卒業研究デモンストレーションリハーサル
実験: tensorflow gpu版のインストール
tensorflow ソースコードインストール
研究ノート…
学会発表

導電性高分子アルミ固体電解コンデンサの漏れ電流に影響を及ぼす要因について

電解コンデンサは、アルミニウムのアノード酸化皮膜が絶縁体として使われている。しかしながらアノード酸化で得られる酸化皮膜の結晶は不完全であり、その絶縁性は、酸化皮膜と電解液の界面によって実現されていると言っていい。デジタル機器の発達によって電解コンデンサに高周波動作が求められ、それに応えて導電性高分子アルミ電解コンデンサが実用化された。これにはイオン伝導性の電解液のかわりに電子伝導性の導電性高分子を使っている。酸化皮膜と導電性高分子の界面で実現される絶縁性についての議論がすくなく、何が漏れ電流や耐電圧に影響を及ぼしているのかその要因については不明な点が多かった。 筆者らは、定電圧印加時の漏れ電流がカソード箔によって左右されることを見出し、導電性高分子アルミ電解コンデンサの漏れ電流に影響を及ぼす要因について議論したのでそれを報告する。 高分子アルミ固体電解コンデンサの漏れ電流は、従来の電解液を使ったアルミ電解コンデンサと異なる要因が考えられる。本研究では、アルミニウムの不純物や導電性高分子の添加剤、陰極箔の表面状態などの観点から漏れ電流の生じるメカニズムについて考察する。

後藤 武立花 和宏伊藤 智博仁科 辰夫 ,表面技術協会第138回講演大会 (2018).

電池活物質の種類が集電体アルミニウム表面の接触抵抗に及ぼす影響

赤間 未行大前 健祐大前 健祐立花 和宏伊藤正之仁科 辰夫 ,表面技術協会第138回講演大会 (2018).

AI(仮)

⇒#631@卒論; https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/54299/c1/Room/uchida/oshiete.asp

 ,平成30年度 化学系学協会東北大会 (2018).

粘土(仮)

⇒#624@卒論;

今井直人 ,平成30年度 化学系学協会東北大会 (2018).

有限要素法(仮)

 ,平成30年度 化学系学協会東北大会 (2018).

高導電化剤の浸透に伴う導電性高分子のインピーダンス変化

高分子アルミ固体電解コンデンサのさらなる等価直列抵抗低減には高導電化剤の作用機構の解明が求められている。本研究では、高導電化剤の添加と時間とともに導電性高分子の導電性がどのように変化するか、その過渡応答を調べ、高導電化剤の作用機構を考察する。

, 今井 直人, 後藤 武, 鈴木崇弘, 立花 和宏伊藤 智博仁科 辰夫 ,2018年電気化学秋季大会 (2018).

交流インピーダンス法による炭素分散PVDF/NMP溶液の導電ネットワーク解析

リチウムイオン二次電池の合剤スラリーの調整には、PVDF/NMP溶液などの分散溶媒が必要である。しかしながらPVDFやNMPなどにどのような物性が求められているのか明らかとは言えない。そこで、合剤スラリーの分散溶媒の交流インピーダンス法によって測定し、そのオートプロトリシスの可能性や高分子のコンフォメーションについて解明する。

赤間 未行伊藤 智博立花 和宏仁科 辰夫 ,2018年電気化学秋季大会 (2018).

学会…
2018/08/18 16:40:08