鷹山 (C)1996-2018 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【元素】 リン


シボレス認証によって、このページの感想やコメント、質問などを記入できます。学術認証フェデレーション(学認)参加機関から利用できます。
→ シボレスログイン
→ RSS
シボレス-トップメニュー
学認参加機関/一覧
ページレビュー説明書
山形大学 学術認証-fed
ID15
要約リン⇒#15@元素;
元素名リン
よみリン
英語名Phosphorus
英語発音ふァスふラス
表示記号P
原子量 = 30.9738 g/mol
単体【化学種】 リン
イオンP3+P5+P5+
同位体31P
鷹山OID1.3.6.1.4.1.22689.2.1.25.15
化学種記号
六フッ化リン酸リチウムLiPF6
五フッ化リンPF5
六フッ化リン酸イオンPF6-
リン酸鉄リチウムLiFePO4
リン酸H3PO4(aq)
フェントエート(CH3O)2P=SSCH(C6H5)COOCH2CH3
モノクロトホスCH3NHCOCHC(CH3)OPO(OCH3)2
リンタングステン酸ナトリウムn水和物Na3[PO4・12WO3]
キナルホスC12H15N2O3PS
ピリダフェンチオンC14H17N2O4PS
ブタミホスC6H3CH3NO2OP=SOCh2CH3NHCH(CH3)CH2CH3
リン酸銀Ag3PO4
リンP(white)
次亜リン酸H3PO2
亜リン酸H3PO3(aq)
P4H2(g)P4H2(g)
ホスフィンPH3(g)
リン酸ニ水素アンモニウムH6NO4P
リン酸鉛(Ⅱ)Pb3(PO4)2
リン酸リチウムLi3PO4
リン酸イオンPO4(+3)3-
グルホシネートCH3POOHCH2CH2CH(CH3)COOH
五酸化二リンP2O5
ヘキサフルオロリン酸HPF6
リン酸カルシウムCa(PO4)2
AMPAMP
ADPADP
ATPATP
ヘキサメチルフォスフォリックアミド(CH2)2N(CH2)2N(CH2)2NPO
デオキシリボ核酸DNA
リボ核酸RNA
リン酸水素二ナトリウムNa2HPO4
リン酸二水素カリウムKH2PO4
リン酸三ナトリウムNa3PO4
リン酸ナトリウムNa3O4P
リン酸第二鉄FePO4
EPNC6H4NO2OP=S(OCH2CH3)C6H5
エディフェンホスCH3CH2OP=O(SC6H5)2
チオメトンCH3CH2SCH2CH2SP=S(OCH3)2
スルプロホスCH3CH2CH2SP=S(OCH2CH3)OC6H4SCH3
エチルチオメトンCH3CH2SCH2CH2SP=S(OCH2CH3)2
ピラクロホスC6H4ClC3H2N2OP=CH2(OCH2CH3)SCH2CH2CH3
シアノホスC6H4CNOP=S(OCH3)2
ダイアジノンC4HN2CH3CH(CH3)2OP=S(OCH2CH3)2
クロルピリホスC5HCl3OP=S(OCH2CH3)2
イソキサチオンC6H5C3HONOP=S(OCH2CH3)2
ジクロフェンチオンC6H3Cl2OP=S(OCH2CH3)2
ホサロンC12H15ClNO4PS2
プロチオホスCH3CH2CH2SP=S(OCH2CH3)OC6H3Cl2
メチダチオンP=S(OCH3)2SC(COOCH2CH3)CH2COOCH2CH3
マラチオンCH3NHCOCH2SP=S(OCH3)2
ジメトエートC6H3NO2CH3
トリクロルホン(CH3O)2P=OCHOHCCl3
バミドチオンCH3NHCOCH(CH3)SCH2CH2SP=O(OCH3)2
フェニトロチオンC6H3CH3NO2OP=S(OCH3)2
フェンチオンCH3SC6H3CH3OP=S(OCH3)2
クロルピリホスメチルC5HNCl3OP=S(OCH3)2
プロフェノホスC6H3ClBrOP=O(OCH2CH3)SCH2CH2CH3
イプロベンホスC13H21O3PS
エチオンCH2(SP=S)(OCH2CH3)2)2
クロルフェンビンホスC6H3Cl2C(OPO(OCH2CH3)2)CHCl
ジメチルビンホスC6H3Cl2C(OPO(OCH3)2)CHCl
ナレドCBrCl2CHBrOPO(OCH3)2
ジクロルボスCClCHOPO(OCH3)2
リン酸トリス(2-クロロエチル)PO(OCH2CH2Cl)3
リン酸トリス(ジエチルフェニル)C24H27O4P
リン酸トリ-n-ブチルPO(OCH2CH2CH2CH3)3
ヘキサメタリン酸ナトリウム(NaPO3)6
リン酸水素二アンモニウム(NH4)2HPO4
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧
説明引用
半導体ドーパントして使われます 
漢字では燐リン書きます単体赤リン黄リン同素体あります赤燐は発火しやすいのでマッチ使います燐光りんこう発光持続時間の長い蛍光こといいます半導体製造も使われます生体内ではアデノシン結合したATPADPAMPなどが活躍しています1)

ナレッジ
15
P
リン