鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ ×
【材料】 DMPO
一覧戻る進む·J-GLOBAL·試料·様式2
サンプル
ID⇒#2914@材料; , (2168)
要約【材料】DMPO⇒#2914@材料;
組成純物質
材料名称DMPO
よみDMPO
物質群 > @
主成分5,5-ジメチル-1-ピロリン-N-オキシド
その他の成分
プロフィールJ-GLOBAL 日化辞
材料群@ > DMPO
分類 
要素 
本名5,5-ジメチル-1-ピロリンN-オキシド
DMPO
主な規格未定義/
リサイクル用途
説明引用
 
化学物質でありスピントラ剤の
正式名称は5-ジメチル-1-ピロリン-N-オキシド1)である

ラジカル研究関係スピントラ薬品ある2)

スピントラ剤のつでスーパーオキシドアニオン3)ヒドロキシルラジカル4)はじめとするフリーラジカルや活性酸素捕捉することができるラジカル補足するとスピンアダクトが生成されDMPO-OOHアダクト5)6)DMPO-OHアダクト7)8)と呼ばれている

活性酸素由来のスーパーオキシドアニオンラジカル9)トラしたスピンアダクトESRスペクトル分離容易なことや試薬メーカーから用意に入手できることからよく利用される
白血球からのスーパーオキシド測定10)も応用されている

光田らは活性酸素種とDMPOおよび消去物質との競争反応の反応速度の解析法述べている11)

ノート
ラジカル競争反応の解析トラ剤と消去物質の反応次数が異なるとき12)

グラフ
AIBN + DMSO + アルゴン + DMPO + 50℃加温13)
AIBN+DM-β-CD+DMPO+H2O+O2+熱(80℃)14)
AIBN + DMSO + O2 + DMPO + 50℃加温 20℃冷却アルゴン15)
pH=4.09.0におけるDMPOとO2(-)次反応速度定数16)

関連
Is the Oxygen Radical Absorbance Capacity (ORAC) Method a Peroxyl-radical Scavenging Assay?,Yoshimi Sueishi, Daisuke Yoshioka, Shigeru Oowada, Nobuyuki Endoh, Shunji Kohri, Hirotada Fujii, Masashi Shimmei, and Yashige Kotake , z. phys. chem.,224,926(2010)17).

(15,5-ジメチル-1-ピロリン-N-オキシド5,5-Dimethyl-1-pyrroline-N-OxideC6H11NO, = 113.15944 g/mol, (化学種).
(2 > ニトロン化合物、PBN、DMPO,DEPMPO
電子スピンサイエンス学会 監修, 電子スピンサイエンス&スピンテクノロジー入門, 日本学会事務センター, , (2003).
(3スーパーオキシドアニオンSuper Oxide AnionO2-, = 31.9988 g/mol, (化学種).
(4ヒドロキシルラジカルHydroxyl radicalHO・, = 17.00734 g/mol, (化学種).
(5DMPO-OOH アダクトDMPO-OOH adductC6H12NO3, = 146.16618 g/mol, (化学種).
(6DMPO-O2(-)アダクトグラフ.
(7DMPO-OH アダクトDMPO-OH adductC6H12NO2, = 130.16678 g/mol, (化学種).
(8DMPO-OHアダクトグラフ.
(9スーパーオキシドアニオンSuper Oxide AnionO2-, = 31.9988 g/mol, (化学種).
(10 > 白血球からのスーパーオキシド測定
電子スピンサイエンス学会 監修, 電子スピンサイエンス&スピンテクノロジー入門, 日本学会事務センター, , (2003).
(11競争反応の解析方法
光田 慶一, 特許,0,0(2012).
(12ラジカル競争反応の解析(トラップ剤と消去物質の反応次数が異なるとき)
伊藤 智博, 研究ノート, (2013).
(13AIBN + DMSO + アルゴン + DMPO + 50℃加温グラフ.
(14AIBN+DM-β-CD+DMPO+H2O+O2+熱(80℃)グラフ.
(15(AIBN + DMSO + O2 + DMPO + 50℃加温)後 20℃冷却・アルゴングラフ.
(16pH=4.0~9.0におけるDMPOとO2(-)の二次反応速度定数kグラフ.
(17Is the Oxygen Radical Absorbance Capacity (ORAC) Method Peroxyl-radical Scavenging Assay?
Yoshimi Sueishi, Daisuke Yoshioka, Shigeru Oowada, Nobuyuki Endoh, Shunji Kohri, Hirotada Fujii, Masashi Shimmei, and Yashige Kotake , z. phys. chem.,224,926(2010).
ナレッジ
スピントラップ剤
化学種-5,5-ジメチル-1-ピロリン-N-オキシド
ラジカル研究関係スピントラップ法薬品である1)
DMPO2)ディエームポーオーまたはデンポと読むと略されることが多い
スピントラップ剤つでスーパーオキシドアニオン3)ヒドロキシルラジカル4)5)6)はじめとするフリーラジカル活性酸素捕捉することができるラジカル補足するとスピンアダクトが生成されDMPO-OOHアダクト7)8)DMPO-OHアダクト9)10)呼ばれている

活性酸素由来のスーパーオキシドアニオンラジカル11)トラしたスピンアダクトのESRスペクトルの分離が容易なことや試薬メーカーから用意に入手できることからよく利用される
白血球からのスーパーオキシド測定12)も応用されている

DMPO使用して抗酸化物質や酸化防止剤ポリマー添加剤13)などのラジカルの消去能の解析が行われているが競争反応の解析が必要である14)

MarianaらはDMPO-OHアダクト15)の半減期がβ-CD16)と包接化合物生成したときに700秒から1600s秒に増加すると述べられている17)

DavidらはDM-β-CD18)DMPO19)スピンアダクト包接化合物についてESRとNMRで分析している20)

研究対象DMPOの分子軌道計算21)

グラフ
分子軌道計算 よるDMPOのUV Vis22)
pH=4.09.0におけるDMPOとO2(-)次反応速度定数23)

研究ノートAIBN + DMPO + DM-β-CD +H2O @ 90 のESR測定結果24)

(1 > ニトロン化合物、PBN、DMPO,DEPMPO
電子スピンサイエンス学会 監修, 電子スピンサイエンス&スピンテクノロジー入門, 日本学会事務センター, , (2003).
(2@ > DMPO
DMPO, (材料).
(3スーパーオキシドアニオンSuper Oxide AnionO2-, = 31.9988 g/mol, (化学種).
(4ヒドロキシルラジカルHydroxyl radicalHO・, = 17.00734 g/mol, (化学種).
(5ヒドロキシルラジカルとDMPOの反応速度定数
, ,17,1(1988).
(6)   C6H11NO + HO・ ←   C6H12NO2, ?, (反応-468).
(7DMPO-OOH アダクトDMPO-OOH adductC6H12NO3, = 146.16618 g/mol, (化学種).
(8DMPO-O2(-)アダクトグラフ.
(9DMPO-OH アダクトDMPO-OH adductC6H12NO2, = 130.16678 g/mol, (化学種).
(10DMPO-OHアダクトグラフ.
(11スーパーオキシドアニオンSuper Oxide AnionO2-, = 31.9988 g/mol, (化学種).
(12 > 白血球からのスーパーオキシド測定
電子スピンサイエンス学会 監修, 電子スピンサイエンス&スピンテクノロジー入門, 日本学会事務センター, , (2003).
(13 > ポリマー添加剤
ポリマー添加剤, (材料).
(14競争反応の解析方法
光田 慶一, 特許,0,0(2012).
(15DMPO-OH アダクトDMPO-OH adductC6H12NO2, = 130.16678 g/mol, (化学種).
(16β-シクロデキストリンbeta-CyclodextrinC42H70O35, = 1134.9968 g/mol, (化学種).
(17Using Cyclodextrins to Encapsulate Oxygen-Centered and Carbon-Centered Radical Adducts: The Case of DMPO, PBN, and MNP Spin Traps
Mariana Spulber and Shulamith Schlick, j. phys. chem. a,,114,6217(2010).
(18Inclusion complexes of EMPO derivatives with 2,6-di-O-methyl-β-cyclodextrin: synthesis, NMR and EPR investigations for enhanced superoxide detection 
David Bardelang , Antal Rockenbauer , Hakim Karoui , Jean-Pierre Finet , Inga Biskupska , Karol Banaszak and Paul Tordo , org. biomol. chem.,4,2874(2006).
(195,5-ジメチル-1-ピロリン-N-オキシド5,5-Dimethyl-1-pyrroline-N-OxideC6H11NO, = 113.15944 g/mol, (化学種).
(20Inclusion complexes of EMPO derivatives with 2,6-di-O-methyl-β-cyclodextrin: synthesis, NMR and EPR investigations for enhanced superoxide detection 
David Bardelang , Antal Rockenbauer , Hakim Karoui , Jean-Pierre Finet , Inga Biskupska , Karol Banaszak and Paul Tordo , org. biomol. chem.,4,2874(2006).
(21DMPOの分子軌道計算対象.
(22分子軌道計算 によるDMPOのUV Visグラフ.
(23pH=4.0~9.0におけるDMPOとO2(-)の二次反応速度定数kグラフ.
(24AIBN + DMPO + DM-β-CD +H2O @ 90℃ のESR測定結果
非公開情報, 研究ノート, (2014).
ナレッジ
分類
ニトロン化合物ニトロン化合物DMPO5,5-ジメチル-1-ピロリンN-オキシドN-tert-ブチル-α-(4-ピリジル-1-オキシド)ニトロンPOBNPBN
材料分類…
法律や規格に関するページ
産業と科学技術にかかわる法律⇒#1157@講義; 特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律(PRT…詳細…
情報
CAS番号(Chemical Abstracts):3317-61-1
※DMPOCAS
材料物性に関するページ
材料の物性についての情報を表示したり編集したりします。海水や鉱物に関する物性値は化学種の特性値とはちがうので別個にデータを保持す…詳細…
情報

DMPOの融点 Tm / K

 = 298.15
ID製品名
その他の製品…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧