鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ ×
【材料】 炭素材料
一覧戻る進む·J-GLOBAL·試料·様式2
サンプル
ID⇒#3138@材料;
要約【材料】炭素材料⇒#3138@材料;
組成混合物あるいは詳細不明
材料名称炭素材料
よみたんそざいりょう
物質群@ > 無機物質 > 共有結合性巨大分子
主成分無定形炭素
その他の成分
プロフィールJ-GLOBAL 日化辞
材料群@ > 無機材料 > 炭素材料
分類 
要素アセチレンブラックファーネスブラックグラファイトカーボンナノチューブカーボンナノチューブカーボンナノチューブカーボンナノチューブカーボンナノチューブカーボンナノチューブカーボンナノチューブカーボンナノチューブカーボンナノチューブカーボンナノチューブカーボンナノチューブ
別名
炭素材料グラファイトUFCカーボンナノチューブ無定形炭素ポリアセチレンコークス炭素材料スラリーハードカーボンソフトカーボン
主な規格
リサイクル用途
説明引用
材料
グラファイト

試料
ハードカーボン1)

物理量
一次粒径 r 〔m比表面積 S 〔m2/kg
格子定数 a 〔m電気抵抗率 ρ 〔Ω·m
水分 灰分
pH x 〔

関連講義
炭素材料と導電助材2)
電気化学の庵,粉体マイクロからナノ粉体(マイクロからナノ)3)
無機分析化学応用実験,試薬4)
卒業研究-電気化学2004,カーボン材料カーボンブラカーボン材料(カーボンブラック系)5)
卒業研究-電気化学2004,導電助材導電助材(導電助剤)6)
無機工業化学,炭素材料セラミクス炭素材料(セラミックス)7)
炭素材料と導電助材8)


関連書籍
元素の性質と化学結合9)
炭素自問自答目次炭素・自問自答(目次)10)
カーボン系材料の負極特性11)
炭素材料12)
負極材13)

関連書籍
炭素材料14)
炭素自問自答目次炭素・自問自答(目次)15)
粉体の表面化学目次粉体の表面化学(目次)16)
セラミックス序論17)
リチウムイオン電池用材料18)

炭素材料と導電助材
粉体(マイクロからナノ)
試薬
カーボン材料(カーボンブラック系)
導電助材(導電助剤)
炭素材料(セラミックス)
炭素材料と導電助材

 
 
炭素の分類はむずかしいです

炭素には同素体が多く代表的なものにダイヤモンド1)グラファイト2)無定形炭素3)カーボンブラックアセチレンブラックカーボンナノチューブ4)があります電池の導電助材導電助材(導電助剤)5)使われます電池の放電とクロノポテショグラムの基礎6)

関連書籍
炭素自問自答目次炭素・自問自答(目次)7)
カーボン系材料の負極特性8)
炭素材料9)

(1ダイヤモンドC, = 12.011 g/mol, (化学種).
(2@ > 無機材料 > 炭素材料 > グラファイト
グラファイト, (材料).
(3無定形炭素CarbonC, = 12.011 g/mol, (化学種).
(4カーボンナノチューブC, = 12.011 g/mol, (化学種).
(5実験方法 > 材料&試 > カーボン > 導電助材(導電助剤),カーボン材料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(6年間計画 > イベント > 課題実験 > 電池の放電とクロノポテショグラムの基礎,課題実験(4月)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).
(7 > 炭素・自問自答(目次)
大谷杉郎, 炭素・自問自答, 裳華房, , (1997).
(8 > カーボン系材料の負極特性
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池-材料と応用-第二版, 日刊工業新聞社, , (1996).
(9石炭化学 > 炭素材料
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, , (2004).
化学種-無定形炭素
微晶質炭素も言いますコークス木炭すす活性炭などっきりとした結晶状態示さない炭素いいます

カーボン材料その比表面積1)大きさ利用した吸着剤導電性のよさ利用した導電剤2)じめとして幅広い用途があります

3)4)ビスタ5)などの色に使います

炭素材料ESR信号有するものが多いです6)


ナレッジ
分類
材料分類…
法律や規格に関するページ
産業と科学技術にかかわる法律⇒#1157@講義; 特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律(PRT…詳細…
情報
材料物性に関するページ
材料の物性についての情報を表示したり編集したりします。海水や鉱物に関する物性値は化学種の特性値とはちがうので別個にデータを保持す…詳細…
情報

炭素材料の面間隔((104))は1.678[Å]

 = 

炭素材料の面間隔((101))は2.034[Å]

 = 

炭素材料の回折角度((104))は54.71[度]

 = 

炭素材料の回折角度((101))は44.55[度]

 = 

炭素材料の回折角度((100))は42.36[度]

 = 

炭素材料の回折角度((002))は26.56[度]

 = 

炭素材料の面間隔((100))は2.134[Å]

 = 

炭素材料の面間隔((002))は3.356[Å]

 = 

炭素材料の格子定数(c=)は6.711[Å]

 = 

炭素材料の格子定数(a=b=)は2.464[Å]

 = 
ID製品名
その他の製品…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧