材料@山形大学アメニティ研 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/Specimen.asp 2019-03-22 材料@山形大学アメニティ研 ガラス https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=2602 2019-03-08 コンクリートなどとともに建物をつくるのに大切な材料。石英ガラス、ソーダガラスなどの種類があります。実験室でつかわれる⇒#35@製品;のガラスには石英ガラス、軟質ガラス、硬質ガラス、寒暖計ガラス、パイレックスガラスなどがあります。プラスチックや金属と同様に形状を自由に変えられます。 透明電極の基板として使われLCDなどのディスプレイに使われます。 ⇒#3782@材料;+⇒#591@材料;+石灰石(⇒3198@材料;)+⇒#222@物理量;=⇒#2602@材料; http://www.agc.com/kingdom/manu_process/history/ ⇒#616@講義; ⇒#89@物理量;=⇒#102@物理量;×√(⇒#66@物理量;×⇒#85@物理量;) ⇒#247@製品;は⇒2602@材料;で容器を作り⇒471@材料;でフィラメントを作ります。⇒526@材料;を封入して密閉します。 ⇒#290@製品;・⇒#35@製品; 【性状】 光物性⇒#13@性状;⇒#40@性状;は良好です。 【物理量】 屈折率⇒#89@物理量; 【書 セラミックス https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3143 2019-03-08 セラミックス シリカ⇒#381@化学;、アルミナ⇒#494@化学種;、チタニア⇒#546@化学種;、ジルコニア⇒#460@化学種;、フェライト⇒#637@化学種; 関連講義】無機工業化学,窯業・珪酸塩化学工業@無機工業化学⇒#2803@講義ノート; ⇒3425@材料; ⇒4117@講義; ⇒#75@図; ⇒#41@表; ⇒#2602@材料; フェロシアン化カリウム https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=616 2019-03-07 ⇒#4405@講義; DRD156 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3589 2019-03-04 エンドペルオキシド+DRD156+PBSのESRチャート⇒#18@プロット;を示す。ここで、横軸は磁束密度⇒#40@物理量;であり、縦軸は吸収率⇒#238@物理量;である。⇒#298@グラフ;⇒#511@卒論; 【関連グラフ】 DRD156ラジカルの経過時間とESR信号強度の関係⇒#1124@グラフ; DRD156+エンドペルオキシドのESRスペクトルのESRチャート⇒#18@プロット;⇒#54@グラフ;⇒#298@グラフ; エンドペルオキシド+DRD156+Trolox⇒#299@グラフ; 分子軌道計算によるDRD156のUV Vis ⇒#1059@グラフ; 【関連テーマ】 一重項酸素(仮)⇒#515@卒論;⇒#516@卒論; 【学会】 人工知能を使ったESRスペクトルの識別技術⇒#414@学会; 【関連ノート】 DRD156の分子軌道計算⇒#1907@ノート; 【関連表】 一重項酸素発生系(DRD156とEosinYの関係)⇒#12@表; 【文献】 Kashi Igarasらは1999年にNew sensitive agents アスベスト https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=1787 2019-02-26 ⇒#3832@材料; 写真で見てわかるとおり、非常に細かな繊維です。これを吸い込むと肺に突き刺さってがんを誘発します。化学成分は酸化ケイ素であり非常に安定な物質で特に毒性がある成分とはいえませんが、逆に安定なだけに一度体内にとりこまれて肺に突き刺さったりすると厄介というわけです。建材などを取り扱う作業を行っていたとかいうのでなく、通常の生活であればそれほど心配する必要はなく、むしろ喫煙者などはタバコの発がん性の方を心配するべきです⇒#142@ノート;。 石綿(アモサイト及びクロシドライトを除く)⇒#886@材料;はPRTR法規制物質でもあります⇒#2015@講義;。 【レビュー】排出物質と廃棄物の安全⇒#1508@レビュー; 事例ファイル24:アスベスト禍⇒#1525@レビュー; 【関連講義】技術者倫理,リサイクル⇒#4255@講義ノート; 鉱物繊維 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3832 2019-02-26 ⇒#1787@材料; 植物繊維 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3763 2019-02-26 亜麻、綿(コットン)など。セルロース系。 ⇒#3773@材料;→⇒3786@材料;→⇒#3649@材料; ⇒4234@講義; https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=192 2019-02-21 ⇒#59@図; 石炭⇒#3154@材料;コークス⇒#3771@材料;鉄合金⇒#3041@材料; ⇒#339@製品; ⇒#3771@材料;+⇒#3096@材料;=⇒#222@物理量;+銑鉄(⇒#192@材料;) 転炉 銑鉄+⇒#309@材料;→⇒#192@材料; ⇒3797@材料; ⇒#85@物理量; ⇒#3642@材料; ⇒#4454@講義; 【学会】○伊藤知之,…らは、2014年に東京理科大学 野田キャンパスで開催された表面技術協会第129回講演大会においてリチウムイオン二次電池電解液中に溶解した鉄の負極集電体への析出とセパレータ貫通による化学短絡について報告している⇒#355@学会;。 【関連講義】 ⇒#2797@講義ノート; ⇒4547@講義; 【関連書籍】 石炭化学・炭素材料⇒#421@レビュー; 工場見学!モノがつくられる工程をみる⇒#419@レビュー; 鉄骨 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3831 2019-02-21 ⇒#4789@講義; 鉄筋 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3830 2019-02-21 ⇒#2605@材料;と組み合わせてRC構造の建築物をつくります。基礎にも使います。 10階以上の高層マンションでは、⇒#3831@材料;と組み合わせます。 ⇒#4789@講義; http://www.structure.jp/databook/data103.htm コンクリート https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=2605 2019-02-21 セメントに砂や砂利を混合してた材料。建築には欠かせないコンクリートです。 【関連講義】無機工業化学,窯業・珪酸塩化学工業@無機工業化学⇒#2803@講義; 【材料】石膏⇒#3761@材料; ⇒#4881@講義; ⇒#75@図; ⇒#3830@材料;と組み合わせてRC建築にします。 石油ガス https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3157 2019-02-16 ⇒#4668@講義; ⇒#98@製品; ⇒#221@物理量; ⇒#4890@講義; 灯油 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3159 2019-02-16 冬季の燃料としてよく使われます。 ⇒#98@製品; ⇒#4890@講義; 食塩水 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3783 2019-02-16 ⇒#29@材料;+⇒#3777@材料;→⇒3783@材料; イオン交換膜法 ⇒3783@材料;+⇒224@物理量;→⇒#150@材料;+⇒#541@材料;+⇒#26@材料; ⇒#4484@講義; ⇒#4049@講義; 水酸化ナトリウム(苛性ソーダ) https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=541 2019-02-16 濃度計算は、復習しましょう⇒#551@レビュー;。 ⇒4404@講義; イオン交換膜法 ⇒3783@材料;+⇒224@物理量;→⇒#150@材料;+⇒#541@材料;+⇒#26@材料; 【関連書籍】酸・塩基⇒#1294@レビュー; ⇒#4484@講義; ⇒#4315@講義; ⇒#1026@講義; ⇒#4049@講義; ⇒#336@製品;を作るときに使います。