材料@山形大学アメニティ研 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/Specimen.asp 2018-02-23 材料@山形大学アメニティ研 アンモニア https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=62 2018-01-14 水素⇒#26@材料;と窒素⇒#273@材料;を圧縮機に入れ80~200気圧に加圧します。それを反応釜で⇒#22@物理量;=1000気圧、温度⇒#5@物理量;=600℃程度で酸化鉄を触媒として反応させます。そのあと水で冷却し、分離器で冷却して液体⇒#62@材料;を得ます。肥料⇒#3775@材料;の原料になります。 ナフサ⇒#3158@材料;→⇒26@材料;+⇒#2607@材料;+⇒#222@物理量;+圧力+触媒=⇒#62@材料; ⇒2607@材料;(液化+蒸留)=⇒#273@材料;+⇒309@材料; サプライチェーン⇒#4272@講義ノート; アンモニア⇒#3186@材料; ⇒#62@材料;+⇒#2607@材料;+水=⇒3112@材料; 塩安ソーダ法 ⇒3777@材料;+⇒#62@材料;+⇒123@材料;=⇒2371@材料;+⇒#591@材料; 有毒ガス 【関連書籍】酸・塩基⇒#1294@レビュー; 酸・アルカリ工業と肥料、水資源@無機工業化学⇒#3164@講義ノート; アミン https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3546 2018-01-10 アミノ基(-NH2)を持つ有機化合物。 ⇒#693@材料; ⇒#39@図; トリエチルアミン https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=1661 2018-01-10 ⇒#39@図; ブレンステッド塩基です。極性溶媒中では、プロトンを抱いてカチオンとなると考えられます。 メチルアミン https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3375 2018-01-10 セッケン https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3813 2018-01-10 油脂 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3812 2018-01-10 プロピレンカーボネート https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=506 2018-01-09 ⇒#3373@講義; ⇒249@材料;|⇒503@材料;、⇒506@材料;|⇒#509@材料;|⇒#3138@材料; ⇒#34@図; ⇒#32@表; ⇒#3827@講義; 有機溶媒 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3532 2018-01-09 有機物からなる溶媒。リチウムイオン二次電池では高誘電率溶媒と低粘度溶媒の混合溶媒を使います。 【化学種】 アルコール: エーテル: 1,2-ジメトキシエタン(DME)⇒#477@化学種; ⇒#3548@材料;: ニトリル: その他: プロピレンカーボネート(PC)⇒#476@化学種; エチレンカーボネート(EC)⇒#504@化学種; ジメチルカーボネート(DMC)⇒#505@化学種; エチルメチルカーボネート(EMC)⇒#2941@化学種; プロピレンカーボネート⇒#476@化学種; アセトニトリル⇒#841@化学種; ジメチルホルムアミド⇒#987@化学種; ジメチルスルホキシド⇒#2722@化学種; テトラヒドロフラン⇒#1180@化学種; トリエチルモノメチルアンモニウムイオン⇒#642@化学種; アセトニトリル⇒#841@化学種; 【関連書籍】 電解液⇒#368@レビュー; 溶媒の性質と分類⇒#920@レビュー; 【関連講義】 エネルギー変換化学特論,電解質と溶媒⇒#3827@講義; カルボン酸 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3809 2018-01-09 カルボキシル基(-COOH)を持つ有機化合物。 ⇒#511@材料;など。 ⇒#3808@材料;を酸化して得られます。 ⇒#3810@材料;と⇒#3809@材料;を脱水すると⇒#3811@材料;になります。 エステル https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3811 2018-01-09 ⇒#3810@材料;と⇒#3809@材料;を脱水すると⇒#3811@材料;になります。 蟻酸メチル、蟻酸エチル、酢酸エチルなど。 ケトン https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3548 2018-01-09 R-CO-R’ ⇒#3810@材料;を酸化します。さらに酸化はしづらいです。 アルコール https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3810 2018-01-09 酸化して⇒#3808@材料;や⇒#3548@材料;となります。 アルデヒド https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3808 2018-01-09 R-CHO ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、プロピオンアルデヒドなど。 第一級⇒#3810@材料;の酸化で得られます。 さらに酸化すると⇒#3809@材料;になります。 酢酸 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=511 2018-01-09 濃度計算は、復習しましょう⇒#551@レビュー;。 【関連書籍】酸・塩基⇒#1294@レビュー; ⇒#3809@材料; 有機材料 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3047 2018-01-09 有機化合物からなる材料。 有機化合物⇒#493@レビュー; 有機化合物⇒#766@レビュー; 【関連講義】 化学I,有機化合物⇒#121@講義; エネルギー変換化学特論,高分子材料~リチウム電池のバインダーやセパレータの働き~⇒#3268@講義; エネルギー変換化学特論,有機材料~リチウム電池の有機電解液の働き~⇒#3267@講義; 【関連書籍】 電解液⇒#368@レビュー; 溶媒の性質と分類⇒#920@レビュー;