材料@山形大学アメニティ研 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/Specimen.asp 2017-06-24 材料@山形大学アメニティ研 酸化アルミニウム https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=516 2017-05-27 粉末や焼成品があります。 アルミナとも呼ばれて、碍子に使われます。 ⇒4550@講義; アルミニウム https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=25 2017-05-27 軽金属。 1827年、ウェーラー(独)がアルミニウムを単離。 ◆溶融塩電解(バイヤー法+ホール=エルー法) ⇒3071@材料;+⇒#541@材料+;⇒222@物理量;=アルミナ アルミナ+⇒#3073@材料;+⇒#3777@材料;+⇒224@物理量;+⇒#222@物理量;=⇒#25@材料; アルミニウム⇒#25@材料;+深絞り成型=⇒261@製品; ⇒#25@材料;+圧延=⇒243@製品; 【関連講義】 ⇒3205@講義; エネルギー変換化学特論,リチウム二次電池のアルミニウム集電体について⇒#3593@講義; 卒業研究(C1-電気化学2004~),アルミニウム集電体⇒#2603@講義; 無機工業化学,非鉄金属@無機工業化学⇒#3203@講義; 仁科先生の工場見学ルポ,住友軽金属工場見学⇒#577@講義; お散歩の中にサイエンスを探し求めて♪,所沢航空発祥記念館⇒#690@講義; お散歩の中にサイエンスを探し求めて♪,かかみがはら航空宇宙科学博物館⇒#2205@講義; 仁科先生の工場見学ルポ,非鉄金属(アルミニウム・銅)⇒#1061@講義ノ https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=173 2017-05-27 黄銅鉱⇒#629@材料;→(比重・浮遊選鉱)+石灰・硅石(溶練)⇒#173@材料; 【関連講義】無機工業化学,狭義の非鉄金属(銅・鉛・亜鉛・スズ)⇒#3204@講義ノート; ⇒4218@講義; ⇒4549@講義; 磁性材料 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3797 2017-05-27 強磁性体など。 ⇒192@材料;⇒3041@材料;⇒158@材料;⇒290@材料; ⇒4454@講義; ⇒#85@物理量; https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=192 2017-05-27 石炭⇒#3154@材料;コークス⇒#3771@材料;鉄合金⇒#3041@材料; ⇒#3771@材料;+⇒#3096@材料;=⇒#222@物理量;+銑鉄(⇒#192@材料;) ⇒3797@材料; ⇒#85@物理量; 【学会】○伊藤知之,…らは、2014年に東京理科大学 野田キャンパスで開催された表面技術協会第129回講演大会においてリチウムイオン二次電池電解液中に溶解した鉄の負極集電体への析出とセパレータ貫通による化学短絡について報告している⇒#355@学会;。 【関連講義】 ⇒#2797@講義ノート; ⇒4547@講義; 【関連書籍】 石炭化学・炭素材料⇒#421@レビュー; 工場見学!モノがつくられる工程をみる⇒#419@レビュー; コバルト https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=158 2017-05-27 2005年の時点で、日本は世界最大のコバルト消費国で、その年間消費量1万3000トンのうち65%がリチウムイオン二次電池に使用されています⇒#826@レビュー;。銅やニッケルを採掘した際の副産物として流通します。 ⇒3797@材料; エネルギー資源 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3152 2017-05-27 化石燃料⇒#3153@材料;→電気エネルギー⇒#224@物理量; ⇒4220@講義; 鉱物資源 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3146 2017-05-27 【関連講義】 いわき市石炭・化石館⇒#442@講義; お散歩の中にサイエンスを探し求めて♪,豊橋市地下資源館・豊橋市視聴覚教育センター⇒#3288@講義; お散歩の中にサイエンスを探し求めて♪,秋田大学附属鉱業博物館⇒#855@講義; 【材料】石油⇒#3155@材料; 資源・環境⇒#179@レビュー;⇒#565@レビュー;⇒#618@レビュー; レアメタル(鉱物資源)⇒#826@レビュー; 那須川真澄らは2009年にレアメタルを守れについて産業のビタミン レアメタルを守れ リチウム⇒#249@材料;は世界生産量25000トンのうち、14000トンを日本で消費している(2007年推定)。 ハードディスク層にルテニウと述べている⇒#1310@出版物;。 【関連書籍】大地の変化⇒#932@レビュー; 【講義ノート】資源⇒#4273@講義ノート; セパレータ https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3780 2017-05-19 たとえば電池の隔膜。高分子材料からなるフィルムを使います。 http://www.ibieng.co.jp/analysis-solution/g0026/?gclid=CjwKCAjwjPXIBRBhEiwAz-kF6VPgO7K2w6TRiUGlbXrDvm8OcWcDtuB4_nD1yI36myeamFDIFNsQUhoCw2MQAvD_BwE ⇒4015@講義; 電解液 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3151 2017-05-19 イオン性無機材料⇒#3046@材料;を溶媒に溶解して電気が流れるようにしたもの。 全ての空隙に⇒3151@材料;が浸透したとすれば、乾燥・プレス・⇒3151@材料;浸漬後の電極のイオン抵抗は⇒#251@物理量;に比例します。 http://www.ibieng.co.jp/analysis-solution/g0026/?gclid=CjwKCAjwjPXIBRBhEiwAz-kF6VPgO7K2w6TRiUGlbXrDvm8OcWcDtuB4_nD1yI36myeamFDIFNsQUhoCw2MQAvD_BwE 有機電解液 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3048 2017-05-19 有機溶媒を使った電解液。 プロピレンカーボネート⇒#506@材料;などに電解質を溶かします。 全ての空隙に⇒3151@材料;が浸透したとすれば、乾燥・プレス・⇒3151@材料;浸漬後の電極のイオン抵抗は⇒#251@物理量;に比例します。 【材料】有機材料⇒#3047@材料;有機溶媒⇒#3532@材料; エチレンカーボネート(EC)⇒#504@化学種; ジメチルカーボネ(DMC)ート⇒#505@化学種; 【関連講義】 エネルギー変換化学特論,有機材料~リチウム電池の有機電解液の働き~⇒#3267@講義; エネルギー変換化学特論,有機化合物⇒#4118@講義; 【関連書籍】非水溶液の電気化学(目次)⇒#474@レビュー; 結着材 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3580 2017-05-19 合材スラリーは、⇒3550@材料;、⇒3549@材料;、⇒3580@材料;混ぜて、集電体に塗布、乾燥して電極とする。 ⇒3582@材料;は、⇒3551@材料;、⇒3549@材料;、⇒3580@材料;を⇒3554@材料;に塗布乾燥して正極とする。 ⇒3583@材料;は、⇒3552@材料;、⇒3549@材料;、⇒3580@材料;を⇒3555@材料;に塗布乾燥して負極とする。 ⇒3549@材料;の必要量は、⇒#3550@材料;の⇒#191@物理量;に比例します。⇒3580@材料;の必要量は、⇒3549@材料;の⇒#191@物理量;と⇒#3550@材料;の⇒#191@物理量;の和に比例します。よって電極の⇒#127@物理量;を薄くするため⇒#3550@材料;の⇒#239@物理量;を小さくすると、より高機能な⇒3549@材料;と⇒3580@材料;が求められます。 ⇒#191@物理量;=(6÷⇒#239@物理量;×⇒#19@物理量;) 【関連書籍】バインダー⇒#1106@レビュー; 【材料】PVdF⇒#3212@材料; ⇒4045@講義; 導電助材 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3549 2017-05-19 合材スラリーは、⇒#3550@材料;、⇒3549@材料;、⇒3580@材料;混ぜて、集電体に塗布、乾燥して電極とする。 ⇒3582@材料;は、⇒3551@材料;、⇒3549@材料;、⇒3580@材料;を⇒3554@材料;に塗布乾燥して正極とする。 ⇒3583@材料;は、⇒3552@材料;、⇒3549@材料;、⇒3580@材料;を⇒3555@材料;に塗布乾燥して負極とする。 ⇒3549@材料;の必要量は、⇒#3550@材料;の⇒#191@物理量;に比例します。⇒3580@材料;の必要量は、⇒3549@材料;の⇒#191@物理量;と⇒#3550@材料;の⇒#191@物理量;の和に比例します。よって電極の⇒#127@物理量;を薄くするため⇒#3550@材料;の⇒#239@物理量;を小さくすると、より高機能な⇒3549@材料;と⇒3580@材料;が求められます。 ⇒#191@物理量;=(6÷⇒#239@物理量;×⇒#19@物理量;) 活物質 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3550 2017-05-19 合材スラリーは、⇒3550@材料;、⇒3549@材料;、⇒3580@材料;混ぜて、集電体に塗布、乾燥して電極とする。 ⇒3582@材料;は、⇒3551@材料;、⇒3549@材料;、⇒3580@材料;を⇒3554@材料;に塗布乾燥して正極とする。 ⇒3583@材料;は、⇒3552@材料;、⇒3549@材料;、⇒3580@材料;を⇒3555@材料;に塗布乾燥して負極とする。 ⇒3549@材料;の必要量は、⇒#3550@材料;の⇒#191@物理量;に比例します。⇒3580@材料;の必要量は、⇒3549@材料;の⇒#191@物理量;と⇒#3550@材料;の⇒#191@物理量;の和に比例します。よって電極の⇒#127@物理量;を薄くするため⇒#3550@材料;の⇒#239@物理量;を小さくすると、より高機能な⇒3549@材料;と⇒3580@材料;が求められます。 ⇒#191@物理量;=(6÷⇒#239@物理量;×⇒#19@物理量;) 【物理量】理論容量⇒#413@物理量; 【関連講義】 エネルギー変換化学特論,正極活物質とセラミックス⇒#3583@講義; 六フッ化リン酸リチウム/有機溶媒 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3562 2017-05-18 【材料】有機溶媒⇒#3532@材料; ⇒#93@物理量;は1S/m程度。⇒#92@物理量;は1Ωm程度。 【化学種】エチレンカーボネート⇒#504@化学種;