材料@山形大学アメニティ研 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/Specimen.asp 2018-04-27 材料@山形大学アメニティ研 活物質 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3550 2018-04-10 合材スラリーは、⇒3550@材料;、⇒3549@材料;、⇒3580@材料;混ぜて、集電体に塗布、乾燥して電極とする。 ⇒3582@材料;は、⇒3551@材料;、⇒3549@材料;、⇒3580@材料;を⇒3554@材料;に塗布乾燥して正極とする。 ⇒3583@材料;は、⇒3552@材料;、⇒3549@材料;、⇒3580@材料;を⇒3555@材料;に塗布乾燥して負極とする。 ⇒3549@材料;の必要量は、⇒#3550@材料;の⇒#191@物理量;に比例します。⇒3580@材料;の必要量は、⇒3549@材料;の⇒#191@物理量;と⇒#3550@材料;の⇒#191@物理量;の和に比例します。よって電極の⇒#127@物理量;を薄くするため⇒#3550@材料;の⇒#239@物理量;を小さくすると、より高機能な⇒3549@材料;と⇒3580@材料;が求められます。 ⇒#191@物理量;=(6÷⇒#239@物理量;×⇒#19@物理量;) 【物理量】理論容量⇒#413@物理量; ⇒#62@図; 【関連講義】 エネルギー変換化学特論,正極活物質とセラミックス コンクリート https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=2605 2018-04-03 セメントに砂や砂利を混合してた材料。建築には欠かせないコンクリートです。 【関連講義】無機工業化学,窯業・珪酸塩化学工業@無機工業化学⇒#2803@講義; 【材料】石膏⇒#3761@材料; 石材 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3815 2018-04-03 ⇒#72@URL; ステンレス https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=1259 2018-04-03 鉄を原料としてにニッケルクロムなどをこようした合金です。耐食性にすぐれます。18―8ステンレス(SUS304など)、18-12ステンレス(SUS316など)が代表格です。 ⇒#57@URL; 【表】おもな合金の組成と特徴⇒#27@表; ⇒#72@URL; グラファイト https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=130 2018-04-03 多くは粉体です⇒#627@レビュー;⇒#345@レビュー; 炭素材料⇒#3138@材料; 乾電池の正極の導電助材として使われます。表面で有機電解液を分解するのでリチウム二次電池の正極の導電助材としては使われないようです。 共有結合 【講義ノート】 分解電圧と過電圧⇒#4049@講義ノート; 無機・分析化学応用実験,試薬⇒#737@講義; 卒業研究(C1-電気化学2004~),導電助材⇒#1670@講義; 無機工業化学,炭素材料(セラミックス)⇒#2598@講義; 【関連書籍】 元素の性質と化学結合⇒#1189@レビュー; 炭素・自問自答(目次)⇒#767@レビュー; カーボン系材料の負極特性⇒#863@レビュー; 炭素材料⇒#586@レビュー; 負極材⇒#1103@レビュー; 炭素材料 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3138 2018-04-03 【材料】 グラファイト⇒#130@材料; 【試料】 ハードカーボン⇒#10628@試料; 【物理量】 一次粒径⇒#452@物理量;比表面積⇒#191@物理量; 格子定数⇒#298@物理量;電気抵抗率⇒#412@物理量; 水分 灰分 pH⇒#208@物理量; 【関連講義】 ⇒4436@講義; 電気化学の庵,粉体(マイクロからナノ)⇒#3079@講義; 無機・分析化学応用実験,試薬⇒#737@講義; 卒業研究(C1-電気化学2004~),カーボン材料(カーボンブラック系)⇒#1672@講義; 卒業研究(C1-電気化学2004~),導電助材⇒#1670@講義; 無機工業化学,炭素材料(セラミックス)⇒#2598@講義; ⇒#4436@講義; 【関連書籍】 元素の性質と化学結合⇒#1189@レビュー; 炭素・自問自答(目次)⇒#767@レビュー; カーボン系材料の負極特性⇒#863@レビュー; 炭素材料⇒#586@レビュー; 負極材⇒#1103@レビュー; 【関連書籍】 炭素材料⇒#586@レビュー; 炭素・自問自答(目 KFポリマーL#7208(PVDF+NMP) https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3770 2018-04-03 リチウム電池のバインダーとして使います。 PVdF https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3212 2018-04-03 合材スラリーは、⇒#3551@材料;、⇒3549@材料;、⇒3580@材料;混ぜて、集電体に塗布、乾燥して電極とする。 ⇒3582@材料;は、⇒3551@材料;、⇒3549@材料;、⇒3580@材料;を⇒3554@材料;に塗布乾燥して正極とする。 ⇒3583@材料;は、⇒3552@材料;、⇒3549@材料;、⇒3580@材料;を⇒3555@材料;に塗布乾燥して負極とする。 リチウム二次電池のバインダーとして使われます。炭素と水素とフッ素からなります。極性があります。 【性状】極性⇒#41@性状; ⇒3543@材料; 【業績】リチウムイオン二次電池合材スラリーにバインダーとして使われるPVDFの溶液の電気化学的挙動⇒#18242@業績; ⇒#23@表; ⇒#37@表; KFポリマーL#1120(PVDF+NMP) https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=1273 2018-04-03 リチウムイオン二次電池に使われるバインダーです。 ⇒#3212@材料;+⇒#2280@材料; コルソン https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3814 2018-04-01 ⇒#68@URL; ⇒#64@URL; 無電解ニッケルめっきを施して使います。 ⇒#4523@講義; サスペンジョン(懸濁液) https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3172 2018-03-30 ⇒#3742@材料;と⇒#3743@材料;の分妻液。 エマルジョン(乳化液) https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3174 2018-03-30 水と油など相溶性のない⇒#3743@材料;どうしの分妻液。 【関連書籍】高分子材料⇒#587@レビュー; 混合物 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3739 2018-03-30 混合物は純物質が複数、固溶、相溶、分散などによって物性上、均一になった材料です。 ⇒#3039@材料;は、固溶しているものと分散しているものがあります。 ⇒#3172@材料;⇒#3174@材料; 【材料】炭素材料スラリー⇒#3538@材料; 合金 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3039 2018-03-30 ⇒#1259@材料;、⇒#1236@材料;、⇒#1229@材料;など複数の金属を固溶させた材料。 ⇒#3739@材料;です。 【関連書籍】新合金(目次)⇒#1306@レビュー; シリカ https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Specimen/@Specimen.asp?nSpecimenID=3609 2018-03-29 半導体に使います。【材料】シリコン⇒#3610@材料;の酸化物。 【関連書籍】 セラミックス序論⇒#345@レビュー; シリコンの製造⇒#1485@レビュー;