計算@山形大学アメニティ研 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Calculation/CalculationIndex.aspx 2018-06-23 計算@山形大学アメニティ研 イオンの移動度 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/electrochem/Calculation/CalculationWeb.aspx?nCalculationID=169 2018-04-17 ⇒#1089@レビュー; 誘電率の計算 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/electrochem/Calculation/CalculationWeb.aspx?nCalculationID=22 2018-04-12 電池の最大出力 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/electrochem/Calculation/CalculationWeb.aspx?nCalculationID=164 2018-04-10 【出版物】佐藤祐一、大澤康彦らは2014年に二次電池の基礎の計測法について【計算】電池の最大出力⇒#164@計算;と述べている⇒#2027@出版物;。 気体定数 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/electrochem/Calculation/CalculationWeb.aspx?nCalculationID=74 2018-04-10 気体定数の定義です。 水素原子のスペクトル波長(リッツの法則) https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/electrochem/Calculation/CalculationWeb.aspx?nCalculationID=40 2018-04-10 水素原子のスペクトル波長(リッツの法則) N1=1(主量子数1):ライマン系列 N1=2(主量子数2):バルマー系列(可視光領域)赤⇒#3@色彩;青⇒#7@色彩; N1=3(主量子数3):パッシェン系列 【関連書籍】原子⇒#156@レビュー; 静電気力 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/electrochem/Calculation/CalculationWeb.aspx?nCalculationID=75 2018-04-10 イオン結合の強さを見積もるときにも使います。電解質の溶解についての知見を与えてくれます。 ⇒#465@反応; 理想気体の圧力 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/electrochem/Calculation/CalculationWeb.aspx?nCalculationID=18 2018-04-10 コンデンサにたまった電気量 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/electrochem/Calculation/CalculationWeb.aspx?nCalculationID=11 2018-04-10 コンデンサにたまった電気量は静電容量⇒#37@物理量;と電圧に比例します⇒#66@レビュー;⇒#63@レビュー;。 クーロンの法則 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/electrochem/Calculation/CalculationWeb.aspx?nCalculationID=102 2018-04-10 磁力に関するクーロンの法則。 ⇒#557@レビュー; エネルギー https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/electrochem/Calculation/CalculationWeb.aspx?nCalculationID=70 2018-04-10 エネルギー https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/electrochem/Calculation/CalculationWeb.aspx?nCalculationID=71 2018-04-10 エネルギー https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/electrochem/Calculation/CalculationWeb.aspx?nCalculationID=96 2018-04-10 アインシュタインの有名な式。 【関連講義】電気化学の庵,アインシュタイン⇒#2351@講義; オンサーガーの式 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/electrochem/Calculation/CalculationWeb.aspx?nCalculationID=151 2018-04-10 【関連書籍】コンダクトメトリー:界面情報からバルク情報へ⇒#677@レビュー; 【計算式】デバイの式⇒#150@計算; コンダクタンス https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/electrochem/Calculation/CalculationWeb.aspx?nCalculationID=105 2018-04-10 電気のながれやすさです。電気抵抗の逆数です。 皮膜を通過する電流密度(高電場機構) https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/electrochem/Calculation/CalculationWeb.aspx?nCalculationID=49 2018-04-10 皮膜を通過する電流密度(高電場機構) 【関連講義】卒業研究(C1-電気化学2004~),アルミニウム|有機電解液界面⇒#2075@講義; F.Mott, N.Caらは1948年に金属酸化の理論について電流密度は電場強度の指数に比例(理論的):j=exp(e)界面律速 A. Gunterschらは1934年に電流密度は電場強度の指数に比例(高電場機構)について電流密度は電場強度の指と述べている⇒#520@出版物;。 立花和宏、佐…らは、2001年にリチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウムの不働態化について報告し、リチウムイオン二次電池の正極集電体に使われるアルミニウムは有機電解液で不働態化する。その不働態化機構は高電場機構であり、水溶液中の反応機構と同じである。しかし水溶液中では溶媒の水がアルミニウム…と述べている⇒#14262@業績;。