計算@山形大学アメニティ研 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Calculation/CalculationIndex.aspx 2018-12-10 計算@山形大学アメニティ研 クラウジウス・クラペイロンの式 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/electrochem/Calculation/CalculationWeb.aspx?nCalculationID=170 2018-07-10 http://science.shinshu-u.ac.jp/~tiiyama/?page_id=8974 ⇒#22@物理量; ⇒#148@物理量; ⇒#5@物理量; ⇒#318@物理量; イオンの移動度 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/electrochem/Calculation/CalculationWeb.aspx?nCalculationID=169 2018-04-17 ⇒#1089@レビュー; 誘電率の計算 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/electrochem/Calculation/CalculationWeb.aspx?nCalculationID=22 2018-04-12 電池の最大出力 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/electrochem/Calculation/CalculationWeb.aspx?nCalculationID=164 2018-04-10 【出版物】佐藤祐一、大澤康彦らは2014年に二次電池の基礎の計測法について【計算】電池の最大出力⇒#164@計算;と述べている⇒#2027@出版物;。 気体定数 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/electrochem/Calculation/CalculationWeb.aspx?nCalculationID=74 2018-04-10 気体定数の定義です。 水素原子のスペクトル波長(リッツの法則) https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/electrochem/Calculation/CalculationWeb.aspx?nCalculationID=40 2018-04-10 水素原子のスペクトル波長(リッツの法則) N1=1(主量子数1):ライマン系列 N1=2(主量子数2):バルマー系列(可視光領域)赤⇒#3@色彩;青⇒#7@色彩; N1=3(主量子数3):パッシェン系列 【関連書籍】原子⇒#156@レビュー; 静電気力 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/electrochem/Calculation/CalculationWeb.aspx?nCalculationID=75 2018-04-10 イオン結合の強さを見積もるときにも使います。電解質の溶解についての知見を与えてくれます。 ⇒#465@反応; 理想気体の圧力 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/electrochem/Calculation/CalculationWeb.aspx?nCalculationID=18 2018-04-10 コンデンサにたまった電気量 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/electrochem/Calculation/CalculationWeb.aspx?nCalculationID=11 2018-04-10 コンデンサにたまった電気量は静電容量⇒#37@物理量;と電圧に比例します⇒#66@レビュー;⇒#63@レビュー;。 クーロンの法則 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/electrochem/Calculation/CalculationWeb.aspx?nCalculationID=102 2018-04-10 磁力に関するクーロンの法則。 ⇒#557@レビュー; エネルギー https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/electrochem/Calculation/CalculationWeb.aspx?nCalculationID=70 2018-04-10 エネルギー https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/electrochem/Calculation/CalculationWeb.aspx?nCalculationID=71 2018-04-10 エネルギー https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/electrochem/Calculation/CalculationWeb.aspx?nCalculationID=96 2018-04-10 アインシュタインの有名な式。 【関連講義】電気化学の庵,アインシュタイン⇒#2351@講義; オンサーガーの式 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/electrochem/Calculation/CalculationWeb.aspx?nCalculationID=151 2018-04-10 【関連書籍】コンダクトメトリー:界面情報からバルク情報へ⇒#677@レビュー; 【計算式】デバイの式⇒#150@計算; コンダクタンス https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/electrochem/Calculation/CalculationWeb.aspx?nCalculationID=105 2018-04-10 電気のながれやすさです。電気抵抗の逆数です。