グラフ@山形大学アメニティ研 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Laboratory/xyGraphIndex.aspx 2018-02-23 グラフ@山形大学アメニティ研 キャパシターA-50-φ https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Laboratory/xyGraphWeb.aspx?nxyGraphID=1152 2017-12-28 キャパシターA-50-φ キャパシターA-50-I https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Laboratory/xyGraphWeb.aspx?nxyGraphID=1151 2017-12-28 キャパシターA-50-I キャパシターB-50-φ https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Laboratory/xyGraphWeb.aspx?nxyGraphID=1150 2017-12-28 キャパシターB-50-φ キャパシターB-50-I https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Laboratory/xyGraphWeb.aspx?nxyGraphID=1149 2017-12-28 キャパシターB-50-I キャパシターB-100-φ https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Laboratory/xyGraphWeb.aspx?nxyGraphID=1148 2017-12-26 キャパシターB-100-φ キャパシターA-100-φ https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Laboratory/xyGraphWeb.aspx?nxyGraphID=1147 2017-12-26 キャパシターA-100 キャパシターA-100-I https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Laboratory/xyGraphWeb.aspx?nxyGraphID=1146 2017-12-26 キャパシターA-100 キャパシターB-100-I https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Laboratory/xyGraphWeb.aspx?nxyGraphID=1145 2017-12-26 キャパシターB-100 粉砕後ナノ構造マンガン酸リチウムのESRスペクトル https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Laboratory/xyGraphWeb.aspx?nxyGraphID=1144 2017-12-08 ○○ 測定条件 ○○ 試料名: 粉砕したマンガン酸リチウム⇒#13403@試料; 実験装置: 電子スピン共鳴(ESR)装置(JEOL RE-3X,日本電子株式会社)⇒#341@測定装置; 測定日時: 2017/12/08 15:31:28 共鳴周波数⇒#259@物理量;; 9.20356GHz⇒#167@単位; 温度⇒#5@物理量;: 25 ℃⇒#23@単位; 照射電力⇒#337@物理量;: 4 mW⇒#146@単位; 中心磁場⇒#336@物理;: 327 mT⇒#179@単位; 磁場掃引幅⇒#258@物理量;: 150 mT⇒#179@単位; 磁場掃引時間⇒#340@物理量;: 240 s⇒#4@単位; 磁場変調強度⇒#257@物理量;: 0.1 mT⇒#179@単位; 時定数⇒#338@物理量;: 0.1 s⇒#4@単位; 増幅率(ゲイン)⇒#260@物理量;: 100 - Mnマーカーダイヤル値⇒#3111@材料;⇒#62@グラフ;: 0 - g値⇒#136@計算;: 2.02 - g値⇒#137@計算;: - 超微細結合定数⇒# ナノ構造マンガン酸リチウムのESRスペクトル https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Laboratory/xyGraphWeb.aspx?nxyGraphID=1143 2017-12-08 ○○ 測定条件 ○○ 試料名: マンガン酸リチウム⇒#13403@試料; 実験装置: 電子スピン共鳴(ESR)装置(JEOL RE-3X,日本電子株式会社)⇒#341@測定装置; 測定日時: 2017/12/08 15:12:22 共鳴周波数⇒#259@物理量;; 9.20407GHz⇒#167@単位; 温度⇒#5@物理量;: 25 ℃⇒#23@単位; 照射電力⇒#337@物理量;: 4 mW⇒#146@単位; 中心磁場⇒#336@物理;: 327 mT⇒#179@単位; 磁場掃引幅⇒#258@物理量;: 150 mT⇒#179@単位; 磁場掃引時間⇒#340@物理量;: 320 s⇒#4@単位; 磁場変調強度⇒#257@物理量;: 0.1 mT⇒#179@単位; 時定数⇒#338@物理量;: 0.1 s⇒#4@単位; 増幅率(ゲイン)⇒#260@物理量;: 20 - Mnマーカーダイヤル値⇒#3111@材料;⇒#62@グラフ;: 0 - g値⇒#136@計算;: 2.02 - g値⇒#137@計算;: - 超微細結合定数⇒#316@物 Al|LiFePO4,AB,PVDF|TEMA,BF4 PC|P https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Laboratory/xyGraphWeb.aspx?nxyGraphID=1117 2017-05-23 Al|LiFePO4,AB,PVDF|TEMA,BF4 PC|Pt by YZDN\tnr50404 DRD156+エンドペルオキシドのESRスペクトル https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Laboratory/xyGraphWeb.aspx?nxyGraphID=54 2015-04-10 ○○ 測定条件 ○○ 実験名:エンドペルオキシド⇒#3590@材料;+DRD156⇒#3589@材料; 実験装置: 電子スピン共鳴装置⇒#148@測定装置; 測定日時: 2006/12/6 共鳴周波数⇒#259@物理量;; 約9.2GHz⇒#167@単位; 温度⇒#5@物理量;: 25 ℃⇒#23@単位; 照射電力⇒#337@物理量;: 4 mW⇒#146@単位; 中心磁場⇒#336@物理;: 336.8 mT⇒#179@単位; 磁場掃引幅⇒#258@物理量;: 10 mT⇒#179@単位; 磁場掃引時間⇒#340@物理量;: 60 s⇒#4@単位; 磁場変調強度⇒#257@物理量;: 0.5 mT⇒#179@単位; 時定数⇒#338@物理量;: 0.1s⇒#4@単位; 増幅率(ゲイン)⇒#260@物理量;: 320 - Mnマーカーダイヤル値: 720 - エンドペルオキシド+DRD156+Trolox https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Laboratory/xyGraphWeb.aspx?nxyGraphID=299 2015-04-10 ○○ 測定条件 ○○ 試料名: エンドペルオキシド⇒#3590@材料;+DRD156⇒#3589@材料;+Trolox⇒#3032@材料; 実験装置: XバンドESR装置⇒#148@測定装置; 測定日時: 2008/02/07 共鳴周波数⇒#259@物理量;; 9.208GHz⇒#167@単位; 温度⇒#5@物理量;: 25 ℃⇒#23@単位; 照射電力⇒#337@物理量;: 4 mW⇒#146@単位; 中心磁場⇒#336@物理;: 336.8 mT⇒#179@単位; 磁場掃引幅⇒#258@物理量;: 5 mT⇒#179@単位; 磁場掃引時間⇒#340@物理量;: 30 s⇒#4@単位; 磁場変調強度⇒#257@物理量;: 0.32 mT⇒#179@単位; 時定数⇒#338@物理量;: 0.1 s⇒#4@単位; 増幅率(ゲイン)⇒#260@物理量;: 200 - Mnマーカーダイヤル値⇒#3111@材料;⇒#62@グラフ;: 720 - g値⇒#136@計算;: - g値⇒#137@計算;: 2.0042 - 超微細結合定数⇒#316 ローズベンガルに光照射したときのTPCのESR信号強度IとpHの関係 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Laboratory/xyGraphWeb.aspx?nxyGraphID=1081 2015-04-04 ローズベンガル⇒#3639@材料;に光照射したときのTPCのESR信号強度IとpHの関係 溶液:ローズベンガル水溶液+ブリトンロビンソン緩衝溶液+TPC水溶液 共同研究者:齋藤&古跡 【関連発表】 ⇒#299@学会; 【関連テーマ】 1.齋藤 佑, 非水溶液系における一重項酸素発生系の検討と抗酸化能評価への応用,修士論文 (2012). 2.古跡 勇人, 一重項酸素発生系の検討と抗酸化能評価への応用,修士論文 (2013). 【図】薬品保管用冷蔵庫の奥から出てきた使用済み試薬⇒#23@図; 【研究ノート】分子軌道計算(量子計算)によるTPCのpKaの算出⇒#1926@研究ノート; アセチレンブラックのIRスペクトル https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Laboratory/xyGraphWeb.aspx?nxyGraphID=1108 2015-04-04 アセチレンブラックのIRスペクトル アセチレンブラックはあまり官能基がないと言われています。