講義ノート@山形大学アメニティ研 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Syllabus/LectureIndex.aspx 2017-10-22 講義ノート@山形大学アメニティ研 天平ろまん館 https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4343 2017-10-21 【材料】金⇒#96@材料; ⇒#4343@講義; 貴金属(金、白金など)の再資源化と小型家電リサイクル法 https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4527 2017-10-21 小型家電リサイクル法は、デジタルカメラやゲーム機等の使用済小型電子機器等の再資源化を促進するため、主務大臣による基本方針の策定及び再資源化事業計画の認定、当該認定を受けた再資源化事業計画に従って行う事業についての廃棄物処理業の許可等に関する特例等について定めた法律です。 http://www.env.go.jp/recycle/recycling/raremetals/law.html 使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律(小型家電リサイクル法)に基づき、米沢市では、小型家電の回収を始めます。  ご家庭で使用しなくなった、携帯電話やデジタルカメラなどの小型家電には、金・銀などの貴金属や希少金属(レアメタル)などの貴重な資源が含まれています。ごみの減量と資源リサイクルのために、市民の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。 http://www.city.yonezawa.yamagata.jp/5968.htm スマホやデジタルカメラに含まれる貴金属やレアメタルを回収するための小型家電リサイクル法が制定され、米沢市でも回収がはじまった。しかしリサイ 肥料・火薬と空中窒素の固定 https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4589 2017-10-19 ⇒#662@材料; http://sakiura.jp/?page_id=427 サク、よもぎ、麻などの干し草と蚕糞を交互に積み重ね、春と秋に切り返す。 さく:ミクリ よもぎ:端などの窒素含有土壌に生える非常に一般的な植物である。 ⇒273@材料; ⇒62@材料; ⇒3775@材料;・⇒3801@材料; 戦国時代 https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=775 2017-10-19 室町時代⇒#1073@講義;から安土桃山時代⇒#1916@講義;へ。14世紀から16世紀⇒#1072@講義;にかけて城郭⇒#671@講義;が要塞化します。織田信長、豊臣秀吉、徳川家康らによって天下統一が完成する時代です。鉄砲を使ったいくさのやり方などがはじまります。 【16世紀⇒#1071@講義;】 牛馬の使用と⇒#3775@材料;の普及。 刈敷、草木灰 1550年 伝統的な施肥法の一。春先から初夏,山林から刈り取った柴草・雑木の若葉・若芽や稲わら・麦わらなどを水田に敷き込むこと。 https://ameblo.jp/ignisroad-mamayugirl/entry-11232774029.html 1560年、織田信長、桶狭間で今川義元を破る。 1571年、織田信長⇒#2190@講義;、比叡山⇒#782@講義;を焼き討ち。 1575年、織田信長、長篠で武田勝頼の騎馬軍団を鉄砲でつるべ撃ち⇒#3289@講義; 安土城⇒#794@講義; 郡上八幡城⇒#2276@講義; 伊達政宗(だてまさむね)⇒#2179@講義; 鉄砲 おだのぶなが_織田信長 https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2190 2017-10-19 戦国時代⇒#775@講義;の武将。 1560年、織田信長、桶狭間で今川義元を破る。 1571年、織田信長⇒#2190@講義;、比叡山⇒#782@講義;を焼き討ち。 1575年、織田信長、長篠で武田勝頼の騎馬軍団を鉄砲でつるべ撃ち⇒#3289@講義; お酒が飲めなかったらしい。茶の湯に走りました。 本能寺⇒#2660@講義;に没します。 鉄砲 火薬 https://bushoojapan.com/scandal/2013/11/09/9437 https://bushoojapan.com/scandal/2017/02/08/77726 【関連講義】 電気化学の庵,斎藤道三(さいとうどうさん)⇒#3816@講義; お散歩の中にサイエンスを探し求めて♪,安土城⇒#794@講義; お散歩の中にサイエンスを探し求めて♪,岐阜城⇒#3851@講義; お散歩の中にサイエンスを探し求めて♪,安土城考古博物館⇒#795@講義; 電気化学の庵,滋賀県⇒#758@講義; 電気化学の庵,愛知県⇒#766@講義; 電気化学の庵,16世紀⇒#1071 18世紀 https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1020 2017-10-19 17世紀⇒#1037@講義;から。 日本は江戸時代。 ⇒#783@講義; 電気の時代。木綿が世界に普及。 18世紀、イギリスで農業革命(輪作、品種改良) ロバート・ベイクウェル(1725-95)がレスター種(豚)の品種改良を行う。ジェスロー・タル(1674~1741)種まき機を発明 啓蒙主義と科学思想 (古典宗教vs.科学思想) 18世紀後半、イギリスで産業革命 ⇒#223@物理量;=⇒#22@物理量;×⇒#11@物理量; 【江戸時代⇒#783@講義;】 1729年、グレイ(英)電気伝導 1735年、カール・リンネ(スェーデン)動物、植物、鉱物を体系化した「自然の体系」を刊行。 1742年、バッハ(独)、ゴールドベルグ変奏曲を出版⇒#1291@講義;。 1752年、フランクリン(米)雷が電気であることを発見。 1761年、ハリソン(英)、航海用携帯時計を開発。 1764年、ハグリーブス、多軸紡績機 1769年、アークライト、水力紡績機 1772年、ラボアジェ(仏)呼吸が燃焼と同じ現象であることを発見⇒#101 世界の産業革命 https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4438 2017-10-19 いかに安く作るか。それが産業の課題であった。スペインの無敵艦隊を正確な時計の技術で打ち破ったイギリスはインドのキャラコを求めて大西洋を回っていった。そして持ち帰った綿花を繊維にした。その過程で水車を使った水力よりも石炭を使った火力から動力を作るほうがより大きなエネルギーを取り出せることを見出した。 こうして18世紀、イギリスで産業革命がはじまった。 ⇒1020@講義; ⇒1722@講義; ⇒#3154@材料; 標準電池(ウエストン電池、カドウミウム電池) https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4205 2017-10-19 Hg|Hg2SO4+CdSO4|sat. CdSO4 aq.|Cd+Hg| ボルト⇒#16@単位; 【関連講義】卒業研究(C1-電気化学2004~),ダニエル電池⇒#2687@講義ノート; 【書籍】 「単位」の本質⇒#267@書籍; 続 単位のおはなし⇒#12@書籍; 【関連講義】無機・分析化学応用実験,電池の起電力~平衡論的取り扱い~⇒#514@講義ノート; テスター(回路計)の使い方とメンテナンス https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4619 2017-10-19 ⇒#38@表; 導電性高分子とMISショットキーバリア https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3683 2017-10-18 【関連書籍】 導電性高分子のはなし⇒#27@書籍; ポルフィリン分子膜は半導体⇒#1262@レビュー; ⇒#406@学会; ⇒#93@物理量; ARS@C1 https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4603 2017-10-18 ⇒#196@会議; ⇒#380@学会; ⇒#381@学会; 学会発表@C1 https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1106 2017-10-18 口頭発表とポスター発表があります。会場と住所を確認します。旅行の財源を確認します。題目(タイトル)を決めて、概要を記述し、講演申し込みします。宿を予約します。要旨を書きます。アジェンダを書いてチケットを予約します。 ⇒1364@レビュー; ⇒#1161@講義; ○本田 千秋…らは、2012年にで開催されたにおいてアルミニウム集電体を洗浄する溶剤の種類とリチウムイオン二次電池の内部抵抗の関係について報告している⇒#308@学会;。 ⇒#4554@講義; 【関連講義】卒業研究(C1-電気化学2004~),電池討論会@C1⇒#2927@講義; ●電池討論会⇒#154@ノート; http://www.electrochem.jp/announce/11_2022.html 【関連講義】卒業研究(C1-電気化学2004~),化学系9学協会連合東北地方大会@C1⇒#2801@講義; ●日本化学会⇒#584@ノート; ●化学系9学協会連合東北地方大会⇒#158@ノート; http://tohoku.chemistry.or.jp/ ●電気化学 学会発表2017_H29@C1 https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4554 2017-10-18 ⇒#36@表; ⇒#1106@講義; 研究プロジェクト@C1 https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3190 2017-10-18 電池集電体プライマーに関する研究⇒#47@プロジェクト; バインダーに関する研究⇒#27@プロジェクト; バインダ⇒#768@講義; 【プロジェクト】CMC増粘剤の研究⇒#61@プロジェクト; アルミニウムのアノード酸化皮膜に関する研究⇒#55@プロジェクト; 蓄電ゴムの開発⇒#26@プロジェクト; 【関連講義】 卒業研究(C1-電気化学2004~),C1履歴⇒#623@講義; 電解質 https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2610 2017-10-18 電解液の溶媒に溶解する塩です⇒#494@レビュー;。リチウムイオン二次電池ではカチオンとしてリチウムイオンを含まなければならない制約がありますが、EDLCではその制約がないので、より大きな溶解度を期待できるカチオンを使うことができる。 集電体にアルミニウムを使うとその耐食性を与えるためにはフッ素を含むアニオンを添加する必要がある。 ⇒520@材料; 【塩】 TEMA・BF4⇒#1603@化学種; 1.4M TEMA・BF4/PC⇒#3149@材料; テトラフルオロホウ酸テトラ‐n‐ブチルアンモニウム⇒#1665@化学種; ホウフッ化テトラエチルアンモニウム/PC⇒#2981@材料; 六フッ化タンタル酸リチウム⇒#605@化学種; 過塩素酸リチウム⇒#503@材料; 【アニオン】 四フッ化ホウ酸イオン⇒#490@化学種; 六フッ化リン酸イオン⇒#491@化学種; 過塩素酸イオン⇒#123@化学種; 【カチオン】 リチウムイオン⇒#224@化学種; トリエチルモノメチルアンモニウムイオン⇒#642@化学種; テトラエチルアンモニウムイオ