講義ノート@山形大学アメニティ研 https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Syllabus/LectureIndex.aspx 2019-03-22 講義ノート@山形大学アメニティ研 3月(弥生) https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=889 2019-03-19 やっと春になりました。卒業生といれかわれに新卒研生が研究室配属。学生は緊張です。 祝日/春分の日 ひな祭り(上巳、桃の節句) ホワイト・デー、退職、退官 啓蟄、春分 旧年度よさようなら・・・ ・離散会⇒#1160@講義;/卒業式/謝恩会/昼食会⇒#2110@講義; 新年度こんちには! ・研究室配属⇒#1197@講義;/歓迎実験⇒#318@講義;/春休み 新学期の準備。 テキスト原稿改訂/印刷 【毎月】  1月(睦月)⇒#887@講義;人日、小寒、大寒  2月(如月)⇒#888@講義;立春、雨水  3月(弥生)⇒#889@講義;上巳、啓蟄、春分  4月(卯月)⇒#890@講義;清明、穀雨  5月(皐月)⇒#905@講義;端午、立夏、小満  6月(水無月)⇒#899@講義;芒種、入梅、夏至  7月(文月)⇒#902@講義;半夏生、七夕、小暑、大暑  8月(葉月)⇒#904@講義;立秋、処暑  9月(長月)⇒#891@講義; 10月(神無月)⇒#892@講義;寒露、霜降 11月(霜月)⇒#894@講義; 12月(師走 https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=484 2019-03-19 研究室配属  まだ雪も解けやらない米沢の浅い春。  三年生は大学の学生生活をしめくくる研究室選びに奔走する。  研究室についてのさまざまな噂が飛び交う中、紆余曲折の末、配属先の研究室が決定する。  念願の研究室に配属され希望に胸をふくらませる学生がいる一方で、思いどおりにならずに頭悩ませる学生もいる。  不安ととまどいを隠すことができない表情での研究生活のはじまり。  さて卒業するときに思い出深い学生生活だったとふりかえることができるのは誰・・・・ 3月(弥生)⇒#889@講義;啓蟄、春分 4月(卯月)⇒#890@講義;清明、穀雨 5月(皐月)⇒#905@講義;立夏、小満 【関連書籍】 暦の雑学事典(目次)⇒#561@レビュー; 地球の運動⇒#426@レビュー; 天文情報センター暦計算室⇒#1844@講義; 【関連講義】 歓迎実験⇒#318@講義; 花見(4月)⇒#901@講義; http://www.hana300.com/aaapink1.html http://www.hana300.com/aaapink1-2.html 学術情報基盤センター展示スペース https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4858 2019-03-15 ヒストリーゾーン https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4859 2019-03-15 山形大学工学部 学術情報基盤センター(旧計算センター)の歴史と,それに関わった収蔵物を展示したスペースです.特に,本学全域で,学内LAN(インターネット)が利用できるようになってからの主なスイッチ/ルータ類が展示されています. ヒストリーゾーンの年表には時代ともに変化した学術情報基盤センターの歴史が書かれております ⇒#116@図; HTML5のキャッシュコントール https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4906 2019-03-14 HTML5からmanifestベースのcacheコントールが導入されたが、HTML5.2からは廃止予定の機能として非推奨となってている。さくらインターネットのレンタルサーバもtext/cache-manifestのMIMEタイプをサポートしていない。 The manifest-based application cache feature is in the process of being removed from the Web platform. (This is a long process that takes many years.) Using the application cache feature at this time is highly discouraged. Use service workers instead. [SERVICE-WORKERS] Windows 7からWindows 10へのアップグレード手順の概要 https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4904 2019-03-14 Windows 7からWindows 10へのアップグレード手順の概要 0. アップグレードラインセスを準備または購入する。 詳細は、下記URLに書いてあるように、「通常版のソフトウェア」を購入してください。 https://support.microsoft.com/ja-jp/help/12435/windows-10-upgrade-faq 1. パソコンを起動してデバイスマネージャのスクリーンショットを印刷してください。 (ドライバーがわかなくなった場合のためです。) 2. データやアプリのインストールメディアのバックアップを取ってください。 3.パソコン本体のBIOSを最新版にアップグレードする。 4. windows 10の購入したパッケージの説明にしたがって、アップグレードしてください。 (クリーンインストールの場合は、USBメディアから起動して、ハードディスクをフォーマットしてインストールしてください。すべてのデータが消去されますので、バックアップを忘れないでください。) 材料の電気伝導-化学結合の種類- https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4887 2019-03-14 材料の電気伝導-化学結合の種類- 金属 イオン結合 共有結合 分子結晶 液体 気体 プラズマ 住宅と太陽電池 https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4892 2019-03-14 ⇒#4726@講義; ⇒#651@物理量;・⇒#652@物理量;・⇒#653@物理量; ⇒#805@レビュー; ⇒#800@レビュー; ⇒#1562@レビュー; 建築物省エネ法第7条に基づく省エネ性能表示の1つであるBELS(第三者による認証制度)において、ZEHの基準を満たす住宅については平成29年4月1日よりZEHマークの付与を行っています。個別の住宅に対するZEHマークは、BELSに統合しており、個別の住宅においてZEHマークを表示される際は、BELSを取得いただいたうえで表示を行って下さい。 https://tech.nikkeibp.co.jp/kn/atcl/bldcolumn/15/00007/00001/?P=4 http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/general/housing/index03.html https://jutaku.homeskun.com/syouene/bels.html 銅の電解精製 https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4905 2019-03-14 電気分解を使って物質を作ったり、純度を高めたりすることができます。 物質を作る電解製造としては食塩電解の塩素、アルミニウム精錬のアルミニムなどがあります。 また純度を高めることでは銅の電解精製がよく知られています。 ⇒#1507@レビュー; 電池の起電力 https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4897 2019-03-14 平衡状態にあるときの電池の電圧を電池の起電力といいます。平衡状態というのは反応速度が行きと帰りで等しいとき、つまり見かけの電流が流れていない状態を言います。電流を流さずに電圧を測るにはポテンショメーターを使います。 電圧と電気量の積はエネルギーです。 ⇒#125@図; ⇒#15@図; ⇒#1310@レビュー; 緒言(C1講座) https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=818 2019-03-12 C1ラボラトリー(電気化学グループ)⇒#2@研究室;の沿革。 ⇒#1567@レビュー; 緒言 リチウム二次電池は電力平準化デバイスとして更なるサイクル特性の向上が期待されている。その正極集電体には、電気伝導性⇒#92@物理量;、耐食性、加工性、軽量性⇒#19@物理量;、コストなど視点からアルミニウムが用いられる。このアルミニウム集電体の腐食が、リチウム二次電池の劣化機構のひとつであると報告されている。しかし、アルミニウム集電体の腐食が電池反応にどのような影響を及ぼすのか報告している例はない。ここでは、アルミニウム集電体の不働態皮膜が破壊が、正極活物質反応のサイクル特性に及ぼす影響を検討する。 ◆実験方法⇒#633@講義; 材料&試料⇒#801@講義; 装置と器具⇒#1600@講義; 応用化学輪講-C1(電気化学グループ)⇒#6346@シラバス; 科学論文論文の構成⇒#256@レビュー; ◆結果と考察(C1)⇒#477@講義; 招待講演、セミナーなど⇒#1959@講義; 論文・報告書・解説など⇒#2046@講義; 【関連書籍】 現代の 電池とエネルギー https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4903 2019-03-11 電池とエネルギー ⇒#508@レビュー; ⇒#224@物理量; ⇒#1565@レビュー; ⇒#31@製品; ⇒#32@材料;|⇒#540@材料;|⇒#509@材料;|⇒#3138@材料; アルカリマンガン乾電池 https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1660 2019-03-11 1次電池。電解液に水酸化カリウム⇒#539@化学種;水溶液を使った乾電池。 ⇒#1660@講義; ⇒#31@製品; ⇒#32@材料;|⇒#540@材料;|⇒#509@材料;|⇒#3138@材料; 正極活物質⇒#837@講義;は酸化力の強い酸化マンガン(Ⅳ)⇒#237@化学種; 負極は水素過電圧の大きい亜鉛。 Zn<->Zn(2+)⇒#408@反応; 電解液⇒#767@講義;:水酸化カリウム⇒#540@材料; おやまだは、2002年に、それまでの研究を湿式太陽電池を組み合わせた自己充電可能なアルカリ電池とそのインターネット対応評価システムの開発というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#175@卒論;。 すずきは、1997年に、それまでの研究をアルカリマンガン乾電池の太陽電池による充電再利用についてというテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#69@卒論;。 かねこは、1996年に、それまでの研究を乾電池と太陽電池のハイブリッドシステムの開発というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#57@卒論; 準備(学生実験の準備) https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3906 2019-03-11 【関連講義】 卒業研究(C1-電気化学2004~),よく使う電子部品⇒#1381@講義; 卒業研究(C1-電気化学2004~),コンデンサ(受動素子)⇒#2012@講義; 卒業研究(C1-電気化学2004~),半導体(能動素子)⇒#2571@講義; 化学準備室⇒#20@場所; 電池ホルダー⇒#10@消耗品; ⇒#337@製品; ⇒#35@表; 【関連講義】無機・分析化学応用実験,試薬⇒#737@講義ノート; 【関連講義】 事故防止と安全作業⇒#1060@レビュー; 電気化学,電圧計と電流計のつなぎかた⇒#4054@講義; 【テキスト】 プリント配線について学ぼう⇒#1057@レビュー; 【参考書】 電流と電気抵抗⇒#91@レビュー; 電子部品図鑑(目次)⇒#536@レビュー; 実験をはじめる前に https://a.yamagata-u.ac.jphttps://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4750 2019-03-11 器具と器材の準備。 ⇒#36@製品; 日付と⇒#292@物理量;⇒#395@物理量;を実験ノートに書き込みましょう。 ⇒#4749@講義; ⇒#1058@レビュー; ⇒#1552@レビュー;