鷹山 (C)1996-2020 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
バーチャル卒業式やりませんか?

【ナレッジ】 実験計画法

ナレッジ
ナレッジ/エンジニア
研究テーマ
ナレッジ/鷹山
ナレッジ/C1
キーワード
♪Q&A-質問♪
●…
キーワード/検索/実験計画…
シラバス/検索/実験計画…
講義ノート/検索/実験計画…
論文/検索/実験計画…
山大図書館/実験計画…
● >ウィキペディア/実験計画…
旧バージョン(asp)
項目
題目実験計画法
リンク
-ナレッジ
親単元
説明
メニュー
シラバス/検索/実験計画…
講義内容/検索/実験計画…
講義ノート/検索/実験計画…
研究ノート/検索/実験計画…
ファイル/検索/実験計画…
研究テーマ/検索/実験計画…
論文/検索/実験計画…
書籍名/検索/実験計画…
雑誌名/検索/実験計画…
材料名/検索/実験計画…
>ウィキペディア/実験計画…

説明
生産工程や研究開発実験などで要因原因結果関係調査分析したい場合に出来るだけ短期間に効率経済的に実験テスト行えることが望ましいそのために考え出されたのが実験計画法いう実験テストやり方の企画法デザインであるこの実験計画法創始者はRFisher(1890年生まれ)と言われている彼はロンドン農事試験場にて種子の品種による収穫の差異正確に判定し品種選別する仕事していたころがこの実験では種子地力気候肥料など多くの要素が複雑に絡み合っておりその要因つ固定しながらの実験では結論出すのに何年もかかってしまうそこで彼は数多くの要因度に盛り込んだ多変数実験行い実験結果データから各の要因の影響度算出出来る実験方法考案したこの場合に実験ランダム実施するなどの重要な要件満たすことが前提となる実験計画法統計的手法中でよく活用される上級の手法である
実験計画法数多くの種類があるが実験計画法勉強する時に最初に扱うのが元配置法であるこの他に元配置法多元配置法乱塊法交絡法分割ラテン方格法などがあるこの実験計画法利用して生産工程での要因と出来上がって来た製品結果関係解析より品質レベル高いコスト安い製品生産するための工程管理条件見つけだすことが非常に効率的に出来る但しこの実験計画法正しく使いこなすためにはその前提条件となっている無作為化ランダム化原理小分けの原理交絡の原理直交化の原理などについて基本的知識身に付ける必要があるこれらは初めて聞くと難しく抵抗感じるけれど習うより慣れろいう諺の通りまず実践し経験積むことが大切であろう1)

(1目次
大村平, 実験計画と分散分析のはなし, 日科技連, (1984).