鷹山 (C)1996-2020 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
バーチャル卒業式やりませんか?
【レビュー】 目次-電子スピンサイエンス&スピンテクノロジー入門
ID⇒#272@レビュー;
要約【関連書籍】目次-電子スピンサイエンス&スピンテクノロジー入門⇒#272@レビュー;
親単元
章.節.項.
ページ
タイトル目次-電子スピンサイエンス&スピンテクノロジー入門
リンク
書誌情報電子スピンサイエンス学会 監修. 電子スピンサイエンス&スピンテクノロジー入門. 日本学会事務センター, 2003. .
更新日2006/04/13 19:02:07
レビューワYZDN\tomohiro

目次


 はじめに電子スピンサイエンス魅力
 ESR基礎と原理
 ESR測定装置
 ESRスペクトル解析
 電子スピンサイエンス方法
 電子スピンサイエンスフロンティア
 ESRいかに発明されたかESR黎明
 ESR関する学会の紹介
 終わりに未来拓く電子スピンサイエンス


従来の電子スピン磁気共鳴ESRなどがカバーする研究領域や課題技術方法考え方などに限定しないで広く新しいパラダイムや考え方の開拓ヒューマンサイエンス担うことなどめざした本です

分子スピンバイオスピンスピンテクノロジーなどの学問領域へも対応している



従来の電子スピン共鳴ESRなどがカバーする研究領域や課題技術方法考え方などに限定しないで広く新しいパラダイム考え方の開拓ヒューマンサイエンス担うことなどめざした本です

分子スピンバイオスピンスピンテクノロジーなどの学問領域へも対応している

電子スピンサイエンス学会主催の第ESR入門セミナー1)教科書としても活用されています

山形大学付属図書館から借りることもできます2)
山形大学付属図書館http://www.lib.y…
貸し出し状況http://klibs3.kj…


(1電子スピンサイエンス学会(SEST) 第2回ESR入門セミナー会議.
(2) 電子スピンサイエンス学会監修, 電子スピンサイエンス&スピンテクノロジー入門, 日本学会事務センター大阪事務所/日本学会事務センター学術情報事業部 (発売), (2003).