鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【場所】 C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)

場所リンク
9号館/仁科研(東)
3号館/電池(東)
ESR実験室
ESR測定室
9号館/測定室
情セ米沢分室
VBL
化学準備室
無機系測定室
仁科プロジェクト
3号館/電池(西)
メニュー(携帯)
9号館/仁科研(西)

ID⇒#849@場所;
要約【場所】C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)⇒#849@場所;
キャプションC1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)
部屋番号3-3301
内線番号3573
建物未入力
フロア3F
キャンパス米沢キャンパス
管理者尾形 健明
部署環境エネルギー化学講座
場所(未登録 > 3号館3 > C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)
外部リンクhttps://edu.…
内容ライブカメラビットマップ画像ファイルサーバーストレージしてそれインターネットサーバーから配信しています

ESRの測定のための試料の調整など行っています磁場与えて電波の吸収しらべるESRでラジカル検出して化学種酸化能や還元能について調べるためです

号館3号館(物質化学工学棟)1)

ソフトカーボン2)

関連ページレビュー
2011年度、卒業研究配属者へ3)

米沢キャ > 3号館(物質化学工学棟),米沢キャンパス
仁科 辰夫,山形大学工学部, 講義ノート, (2006).

Label
区画
3-3301-AP1 

3-3301無線LAN設置区画

3-3301 

3-3301入口区画

3-3301 

情報スペース

3-3301 

3-3301 作業区画

3-3301 

3-3301 1番地

キャビネット
(ID=80) 試薬置き場 ( C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室) ,通路番号? )
(ID=81) 冷蔵庫 ( C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室) ,通路番号? )
キャビネット…
装置目録

塩分計 しおみスプーン

 (TANITA  , SO-302)
C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)番地

工業用顕微鏡

 (OLYMPUS  , BX53M)
C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)番地ドラフトの隣の机、もともとフィルムアプリケータのあった場所

IHクッキングヒーター

 (アイリスオーヤマ株式会社  , IHK-T34)
C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)番地電気化学会の要旨集がある棚の裏の棚。一番下の段。ギターの裏側。

Colle-ii 離れても測れる赤外線温度計(調理用)

 (KAI  , )
C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)番地

ホームエネルギーサーバー

 (SONY  , CP-S300E)
C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)番地

照度計

 (東京光電株式会社  , ANA-F11)
C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)番地

Kinoma Create

 (  , )
C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)番地

Kinoma Create

 (  , )
C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)番地

Kinoma Create

 (  , )
C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)番地

土壌酸度(pH)計

 (シンワ  , 72724)
C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)番地20160323現在行方不明。3-3301のどこかにある。

マジックビー子機01

 (東洋電機  , )
C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)番地

マジックビールーター03

 (東洋電機  , )
C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)番地

マジックビー子機02

 (東洋電機  , )
C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)番地

Kinoma Create

 (  , )
C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)番地

スマホde顕微鏡

 (学研  , )
C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)番地

Plutoタップリンク

 (  , )
C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)番地
測定装置…
試料目録
 

ソフトカーボン

 

塩化ナトリウム

 

鉄板

 

吸水性高分子,ねこ用おねしょシーツ,綿部分

 

吸水性高分子,ムーニー,moony,エアフィット,Mサイズ解体,綿部分

 

吸水性高分子,パンパースはじめての肌へのいちばん,Mサイズ解体,綿部分

 

吸水性高分子,パンパースはじめての肌へのいちばん,Mサイズ解体,粉部分

 

濡れてない種もみ,2015/12/15採取

 

濡れた種もみ,2015/12/15採取

 

コバルト酸リチウム

 

正極板5

 

正極板4

 

正極板3

 

正極板2

 

正極板1

 

チタン板(t=0.10mm)

試料…
消耗品

実験ノート

 … C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)

実験ノート

 … C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)

実験ノート

 … C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)

実験ノート

 … C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)

実験ノート

 … C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)

実験ノート

 … C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)

実験ノート

 … C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)

実験ノート

 … C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)

実験ノート

 … C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)

実験ノート

 … C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)

実験ノート

 … C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)

実験ノート

 … C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)

実験ノート

 … C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)

実験ノート

 … C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)

実験ノート

 … C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)

実験ノート

 … C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)
消耗品…
研究テーマ

ピンポイント電子スピン共鳴法に関する研究

活性酸素等のフリーラジカルが多くの病気の発症と促進に深く関与することが明らかにされつつある.このフリーラジカルが生体のどこでどれだけ生成しているかを画像解析することができれば,それは磁気共鳴イメージング(MRI)と共にもう一つの有力な診断装置となりうるであろう.このため,不対電子の唯一直接測定法であり,そのフリーラジカルの化学構造までもが明らかにできる電子スピン共鳴イメージング法の研究が国内外で進められ,現在,その空間分解能は2 mmまで高められている. しかし,これまでの画像法では,時間分解能が低く,また,2種以上のラジカルが存在する場合画像化は困難であった.本研究ではセンシティブポイントESR法を導入して問題を解決する.センシティブポイント法とはある特定の空間に局所的な均一の磁場を発生させることによりこの空間のみのESRスペクトルを観測することができる手法である.  ラットの臓器を測定する場合,今までの画像法では時間分解能が低く,局所マイクロ波ESR法ではラットを開腹し臓器を露出しなければその臓器のESRスペクトルは得られなかった.しかしセンシティブポイント法(局所磁場焦点法)

じゅんじ, 山形大学 修士論文(尾形・仁科研), (2006).

スキャナによる多検体同時比色分析法の検討(仮)

スキャナによる多検体同時比色分析法の検討 Simultaneous colorimetric analysis of multi specimen by using image scanning 比色分析とは、溶液の色の濃さ、色調などを標準溶液と比較して定量する分析法である。問題点は、多検体を分析する際に非常に時間がかかることである。例えば、吸光光度計を用いて、簡略化されたうこぎ中の総ポリフェノール量の定量分析を16検体で行った場合、208分の時間を有する。一方、スキャナを用いた場合、利点は、一度に多くの検体を分析できること、分析時間を大幅に短縮できることである。しかし、画像の取り込み部位によって検量線の傾きが変わる問題がある。本研究の目的は、取り込み部位の違いを最小にするような工夫を施し、スキャナによる多検体同時比色分析の定量性の向上を目指すことである。 画像取得には、フラットベッドスキャナー(EPSON GT-S620,EPSON)を用いた⇒#537@測定装置;。 以前の研究では,「スキャン面-溶液」の構成であったが,「スキャン面-溶液-白色シート」の構成を

豊~朗, 山形大学 卒業論文(尾形・伊藤(智)研), (2010).

デジタルペンによるESRスペクトル取込及び数値情報取得プログラムの開発(仮)

デジタルペンは、筆跡を記録する装置であり学習システム1-5)などに活用されている。過去の紙媒体に記録されたスペクトルなどの実験データを数値化するためには、スキャナやデジタイザーで取込などの複雑な作業が必要である。もし、デジタルペンでスペクトルシートなどをトレースすることにより筆跡情報から数値化できたら、より簡便に処理できる。本研究の目的は、アノト方式のデジタルペンを用いて、紙媒体に記録されたESRスペクトルから座標情報を抽出できるプログラムを開発することである。 デジタルペンを用いて42秒程度の時間で、紙媒体に記録されたESRスペクトルから座標情報に変換し、数値データとして取得することが可能となった。このプログラムは、ESRのみならず、NMR やIRなどの紙媒体で記録された化学データを簡便に数値化できるため、今後の応用が期待される。

剱~亮, 山形大学 卒業論文(尾形・伊藤(智)研), (2010).

ESRスペクトルの自動判定システムのためのデータベース構築

seya, 山形大学 卒業論文(), (2008).

電解生成スーパーオキシドを用いる抗酸化能評価法の研究

スーパーオキシド(O2-)は、酸素分子が一電子還元されて生成される活性酸素の一つである。活性酸素は種々の病気や老化に関わっているため、このO2-を消去する機能性食品に注目が集まっている。しかし、消去能を評価する手法は未だ確立されていない。その原因の一つはO2-の発生系である。これまで、キサンチン―キサンチンオキシダーゼ法、超酸化カリウム(KO2)を直接利用する方法が検討されているが、前者は酵素の阻害反応が起きてしまう可能性があり、後者はpHがアルカリ性に片寄ってしまうことがある。 本研究では、O2-発生系として電解生成系をとりあげ、それを用いた消去能評価法を確立する。また、溶液を混合した後迅速にスーパーオキシドを測定する方法を考案した。この方法を用いて抗酸化能評価を行う。 【実験】 【図】スーパーオキシドフローインジェクション⇒#22@図; 【結果のダイジェスト】 いくつかのフェノール化合物とスーパーオキシドとの反応速度定数を有効数字 2桁(せいぜい1.5桁)で求めている.有効数字が2桁の理由は,フェノール化合物が分解したことや純度の確認不足(不純物の影響)が考えられ

やなぎさわ, 山形大学 修士論文(仁科・立花・伊藤研), (2013).

卒論…