鷹山 (C)1996-2020 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
バーチャル卒業式やりませんか?
【学会】 In vivo ESR法によるストレス負荷植物の応答特性評価
一覧戻る進む·J-GLOBAL | 出張旅費申請
ID⇒#122@学会;
要約【学会】富川恵子,○…らは、2003年に仙台で開催された日本分析化学会第52会年会においてIn vivo ESR法によるストレス負荷植物の応答特性評価について報告している⇒#122@学会;。
タイトルIn vivo ESR法によるストレス負荷植物の応答特性評価
講演番号
発表者富川恵子,○伊藤智博,尾形腱明
会議名日本分析化学会第52会年会
場所仙台
会期2003/09/23
イベント(会議名&イベント名)
URL
外部J-GLOBAL
対応URL
関連外部URL
管理者尾形 健明
研究グループ尾形・仁科研究室(旧応用化学C1講座)
PME形式富川恵子,○伊藤智博,尾形腱明,In vivo ESR法によるストレス負荷植物の応答特性評価,日本分析化学会第52会年会,仙台, ,2003/09/23
書誌情報In vivo ESR法によるストレス負荷植物の応答特性評価
富川恵子,○伊藤智博,尾形腱明,日本分析化学会第52会年会講演要旨集 (2003).

植物は,環境ストレスに対して様々な反応を示す.植物ストレス応答特性を解析することは,ストレスによる障害発生機構の解明や耐性能の評価のために必要である.本研究では,大気汚染物質を意図とした気体(二酸化窒素)およびに注目し,インビボスピンプローブESR法によりそれぞれを暴露したときの酸化還元能の計測を行った.さらに,これらのストレスを2つ組み合わせた複合ストレスモデルを構築し,そのときの応答を計測した.

ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧