鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【学会】 ポータブルL-バンドESR装置の開発
一覧戻る進む·J-GLOBAL | 出張旅費申請
ID⇒#126@学会;
要約【学会】○伊藤智博,…らは、2002年に福島で開催された第25回分析化学若手交流会においてポータブルL-バンドESR装置の開発について報告している⇒#126@学会;。
タイトルポータブルL-バンドESR装置の開発
講演番号
発表者○伊藤智博,安斎篤史,金濱賢秀,尾形健明
会議名第25回分析化学若手交流会
場所福島
会期2002/07/05
イベント(会議名&イベント名)
URL
外部J-GLOBAL
対応URL
関連外部URL
管理者伊藤 智博
研究グループ尾形・仁科研究室(旧応用化学C1講座)
PME形式○伊藤智博,安斎篤史,金濱賢秀,尾形健明,ポータブルL-バンドESR装置の開発,第25回分析化学若手交流会,福島, ,2002/07/05
書誌情報ポータブルL-バンドESR装置の開発
○伊藤智博,安斎篤史,金濱賢秀,尾形健明,第25回分析化学若手交流会講演要旨集 (2002).

近年,環境問題との関連から,環境中に存在するフリーラジカルが注目されている.一般にフリーラジカルは,反応性が高く短寿命であるため,実験室に測定試料を持込むまでの間に測定試料の状態が変化することが予測される.従来の実験室据え置き型のESR装置は重さが2トン程度であるため,屋外に持ち出すことは困難である.そこで,屋外に装置を持ち出し測定することのできるポータブルESR装置の開発を行った.ESR装置磁気回路部,マイクロ波回路部,中間周波回路部の3つに大きく分類される.本研究では,これら3つの部分において,小型・軽量化を図った.

ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧