鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【学会】 リチウムイオン二次電池における正極合材のバインダーとアルミニウム集電体の表面接触特性
一覧戻る進む·J-GLOBAL | 出張旅費申請
ID⇒#172@学会;
要約【学会】○田中智,立…らは、2004年に国立京都国際会館(京都市左京区宝ヶ池)で開催された第45回電池討論会においてリチウムイオン二次電池における正極合材のバインダーとアルミニウム集電体の表面接触特性について報告している⇒#172@学会;。
タイトルリチウムイオン二次電池における正極合材のバインダーとアルミニウム集電体の表面接触特性
英文タイトルSurface Contact Charactreristic between Aluminum Current Collector and Binder in Cathode Composite of Lithium-ion Secondary Battery
講演番号3D26
発表者○田中智,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明
会議名第45回電池討論会
場所国立京都国際会館(京都市左京区宝ヶ池)
会期2004/11/27
イベント第45回電池討論会
URLhttp://w…
外部J-GLOBAL
対応URL
関連外部URL
管理者立花 和宏
研究グループ尾形・仁科研究室(旧応用化学C1講座)
PME形式○田中智,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,リチウムイオン二次電池における正極合材のバインダーとアルミニウム集電体の表面接触特性,第45回電池討論会,国立京都国際会館(京都市左京区宝ヶ池), ,2004/11/27
書誌情報リチウムイオン二次電池における正極合材のバインダーとアルミニウム集電体の表面接触特性
○田中智,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,第45回電池討論会講演要旨集, pp.556-557 (2004).

リチウムイオン次電池における正極合材のバインダーアルミニウム集電体表面接触特性1)
PVDFッ化物イオン通過するため皮膜生成しやすいと思われる
3D26, p.556

SEM走査型電子顕微鏡2)

京都で発表しました3)
ボルタモグラムSBR4)

関連講義卒業研究-電気化学2004,アルミニウム集電体5)

テフロン分散液6)
卒業論文7)8)
9)
バインダ10)

K. Tac…らは1999年にで開催された196th Meeting of the ECSにおいてアルミニウム集電体純度電池性能ついて述べる中でバインダーが電池性能に及ぼす影響について報告している11)

関連講義卒業研究-電気化学2004,学会発表200412)

2004年度-平成16年度13)
2004平成16年度研究ノート14)

学会45回電池討論会京都府京都15)




リチウムイオン二次電池における正極合材のバインダーとアルミニウム集電体の表面接触特性
立花 和宏, 研究ノート, (2006).

実験方法 > 測定と評 > モルフォ > SEM(走査型電子顕微鏡),モルフォロジー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

【学会】第45回電池討論会@京都府京都市
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

ボルタモグラム(SBR)グラフ.

実験方法 > 材料&試 > 集電体( > アルミニウム集電体,集電体(集電子)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

緒言(C > C1履歴 > 【2004年度(平成16)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2004).

バインダーの種類を変えた実験
立花 和宏, 研究ノート, (2006).

実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

Impurity Effect in Aluminum Cathode Current Collector on Charging/Discharging Performance of Lithium Secondary Battery
K. Tachibana, T. Nishina, T. Endo and K. Matuki,196th Meeting of the ECS講演要旨集 (1999).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2004@C1,【2004年度(平成16)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2004).

緒言(C > C1履歴 > 【2004年度(平成16)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2004).

◆2004(平成16)年度ノート
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

【学会】第45回電池討論会@京都府京都市
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

(1リチウムイオン二次電池における正極合材のバインダーとアルミニウム集電体の表面接触特性
立花 和宏, 研究ノート, (2006).
(2実験方法 > 測定と評 > モルフォ > SEM(走査型電子顕微鏡),モルフォロジー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(3【学会】第45回電池討論会@京都府京都市
立花 和宏, 研究ノート, (2007).
(4ボルタモグラム(SBR)グラフ.
(5実験方法 > 材料&試 > 集電体( > アルミニウム集電体,集電体(集電子)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(6テフロン分散液(30J), 仁科研究室(南東側), 多賀谷 英幸, (2005).
(7リチウムイオン二次電池における正極合材のバインダーとアルミニウム集電体の表面接触特性
田中 智, 卒業論文, (2005).
(8緒言(C > C1履歴 > 【2004年度(平成16)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2004).
(9バインダーの種類を変えた実験
立花 和宏, 研究ノート, (2006).
(10実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(11Impurity Effect in Aluminum Cathode Current Collector on Charging/Discharging Performance of Lithium Secondary Battery
K. Tachibana, T. Nishina, T. Endo and K. Matuki,196th Meeting of the ECS講演要旨集 (1999).
(12緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2004@C1,【2004年度(平成16)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2004).
(13緒言(C > C1履歴 > 【2004年度(平成16)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2004).
(14◆2004(平成16)年度ノート
立花 和宏, 研究ノート, (2011).
(15【学会】第45回電池討論会@京都府京都市
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧