鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【学会】 液晶材料の組成比における誘電率異方性Δεの比較
一覧戻る進む·J-GLOBAL | 出張旅費申請
ID⇒#220@学会;
要約【学会】○西俣 樹,…らは、2007年に山形大学 小白川キャンパス(山形県山形市小白川町1-4-12)で開催された平成19年度 化学系学協会東北大会において液晶材料の組成比における誘電率異方性Δεの比較について報告している⇒#220@学会;。
タイトル液晶材料の組成比における誘電率異方性Δεの比較
講演番号
発表者○西俣 樹,立花和宏,仁科辰夫,竹本博文(※),大平則行(※)
会議名平成19年度 化学系学協会東北大会
場所山形大学 小白川キャンパス(山形県山形市小白川町1-4-12)
会期2007/09/21
イベント平成19年度 化学系学協会東北大会
URLhttp://t…
外部J-GLOBAL
対応URL
関連外部URL
管理者立花 和宏
研究グループ尾形・仁科研究室(旧応用化学C1講座)
PME形式○西俣 樹,立花和宏,仁科辰夫,竹本博文(※),大平則行(※),液晶材料の組成比における誘電率異方性Δεの比較,平成19年度 化学系学協会東北大会,山形大学 小白川キャンパス(山形県山形市小白川町1-4-12), ,2007/09/21
書誌情報液晶材料の組成比における誘電率異方性Δεの比較
○西俣 樹,立花和宏,仁科辰夫,竹本博文(※),大平則行(※),平成19年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2007).

西 立花和宏仁科辰夫竹本博文大平則行液晶材料の組成比における誘電率異方性Δεの比較
※宇部興産株式会社

学会平成19年度 化学系学協会東北大会山形1)

関連講義
液晶表示素子の誘電率異方性2)
エネルギーデバイス内部の材料界面,エネルギーデバイスの構造と界面3)

関連発表
○楡木崇仁,…らは2007年に東京工業大学大岡山キャンパスで開催された2007年電気化学秋季大会において顕微鏡下における液晶材料の分極時のリーク電流と相変化のその場観察について報告している4)

学会化学学協会連合東北地方大会5)

特許出願2007239251液晶物性評価装置6)

関連講義卒業研究-電気化学2004,化学学協会連合東北地方大会7)



【学会】平成19年度 化学系学協会東北大会@山形
立花和宏, 研究ノート, (2007).

デバイス > 液晶表示素子の誘電率異方性,デバイス各論
立花 和宏,電気化学におけるインピー, 講義ノート, (2007).

エネルギ > エネルギーデバイスの構造と界面,エネルギーデバイス内部の材料界面接触とレート特性
立花 和宏,エネルギーデバイス内部の, 講義ノート, (2009).

顕微鏡下における液晶材料の分極時のリーク電流と相変化のその場観察
○楡木崇仁,立花和宏,仁科辰夫,竹本博文(※),大平則行(※),2007年電気化学秋季大会講演要旨集 (2007).

【学会】化学系9学協会連合東北地方大会
立花和宏, 研究ノート, (2008).

結果と考 > 学会発表 > 化学系9学協会連合東北地方大会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

(1【学会】平成19年度 化学系学協会東北大会@山形
立花和宏, 研究ノート, (2007).
(2デバイス > 液晶表示素子の誘電率異方性,デバイス各論
立花 和宏,電気化学におけるインピー, 講義ノート, (2007).
(3エネルギ > エネルギーデバイスの構造と界面,エネルギーデバイス内部の材料界面接触とレート特性
立花 和宏,エネルギーデバイス内部の, 講義ノート, (2009).
(4顕微鏡下における液晶材料の分極時のリーク電流と相変化のその場観察
○楡木崇仁,立花和宏,仁科辰夫,竹本博文(※),大平則行(※),2007年電気化学秋季大会講演要旨集 (2007).
(5【学会】化学系9学協会連合東北地方大会
立花和宏, 研究ノート, (2008).
(6特許出願2007-239251:液晶物性評価装置
, 特許出願2007-239251, (2007).
(7結果と考 > 学会発表 > 化学系9学協会連合東北地方大会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧